アルク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
株式会社アルク
ALC PRESS INC.
Alc logo2.png
種類 株式会社
市場情報
東証JQ 2496 2006年8月25日 - 2012年9月18日
本社所在地 168-8611
東京都杉並区永福二丁目54番12号
設立 2011年11月[(創業1969年4月)]
業種 出版社
事業内容 出版・語学教育コンテンツ開発
代表者 野田亨(代表取締役社長)
資本金 1億円
従業員数 連結:289名
(2014年1月現在)
決算期 1月31日
主要子会社 (株)アルク教育社 100%
外部リンク http://www.alc.co.jp/
テンプレートを表示

株式会社アルク: ALC PRESS INC.)は、東京都杉並区に本社を置く英語・語学書の総合出版社である。

沿革[編集]

  • 1969年4月8日 創業
  • 1971年4月 月刊誌「THE ENGLISH JOURNAL」(現「ENGLISH JOURNAL」)創刊
  • 1982年1月 通信教材事業発足 通信教育用教材「1000時間ヒアリングマラソン」開講
  • 1987年4月 通信教育用教材「NAFL Institute 日本語教師養成通信講座」(現「NAFL日本語教師養成プログラム」)開講
  • 1988年5月 留学事業発足 「アルク留学クラブ」開設
  • 1994年1月 子供英語教室として「kiddy CAT英語教室」開設
  • 1997年1月 対面インタビュー形式の英語スピーキング能力測定試験「SST」サービス提供開始
  • 2004年9月 電話による英語 スピーキング能力測定試験「TSST」サービス提供開始
  • 2005年5月 「英語学習アドバイザー資格認定制度(English Study Advisors' Certificate: ESAC)」発足
  • 2006年7月 デジタル事業コンピュータネットワークを利用した英語教育システム「アルクネットアカデミー2」を開発、発売
  • 2006年8月25日 ジャスダック上場(証券コード:2496)
  • 2008年11月  「使える日本語人材」ニーズに対応した、電話による日本語会話能力測定テスト 「JSST」サービス提供開始
  • 2011年2月  オンライン英和・和英対訳データベース「英辞郎on the WEB」の機能強化有料版「英辞郎on the WEB Pro」サービス提供開始
  • 2012年9月18日 マネジメント・バイアウトにより上場廃止
  • 2014年3月 『アルク英語教育実態レポート2014』公表

特徴[編集]

ヒアリングマラソンなどの通信教育事業や、「ENGLISH JOURNAL」などの英語学習情報誌、その他数多くの語学学習教材・参考書を出版。また中国語韓国語日本語教師外国人向け日本語の各教材や学習情報誌も出版している。

同社のポータルサイトでは、約190万語(2012年12月現在)の登録語数を誇る、オンライン英和対訳データベースの「英辞郎 on the WEB」が人気。各種語学関連情報も書かれている。

2005年をもって改変した企業のシンボルキャラクター「地球人マーク」はアルクの出版物のカバーには必ず描かれているが、学生向け参考書や特定の専門分野の語学を扱う書籍にはモルタルボードをかぶった「地球人マーク」が描かれる。

事業[編集]

●通信教育用教材の企画・制作・販売
●語学系出版物(月刊誌、単行本)の企画・制作・販売
●eラーニング教材の企画・制作・販売
●英語・日本語スピーキング能力診断サービス
●資格試験対策講座等の顧客サービスイベントの開催

主な商品[編集]

◆英語◆◆
通信講座

月刊誌

  • 『ENGLISH JOURNAL』

書籍

  • 「キクタン」シリーズ
  • 「ユメタン」シリーズ
  • 「起きてから寝るまで」シリーズ
  • TOEIC(R) 対策
  • TOEFL(R) 対策
  • 児童英検 対策  (他)

辞書データ検索サービス

  • 英辞郎 on the WEB

オンライン英会話

  • アルクオンライン英会話

アプリ

  • 英会話ペラペラビジネス100 (他)

セミナー

  • TOEIC(R)対策セミナー (他)

子ども英語教室

  • Kiddy CAT英語教室

留学支援

  • アルク留学センター

e-ラーニング

  • ALC NetAcademy2

学習アドバイス

  • ESAC

学校

  • 高校・大学向け副教材

企業

  • 団体向けレッスン「クリエイティブスピーキング」(他)
  • スピーキングテスト 「TSST」


◆日本語◆◆
通信講座

  • 「NAFL日本語教師養成プログラム」

書籍

  •  できる日本語 (他)

スピーキングテスト

  •  JSST

セミナー

  • 日本語教育能力検定試験対策


外部リンク[編集]