和英辞典

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

和英辞典(わえいじてん)は、日本語英語で理解する辞典である。用例は日本語用例を英語で解説する。言語が異なると単語表現は一対一で対応するものではなく、概念に文化的背景があるため用例や解説が必要となる。成立からみると英和辞典欧米の辞典の邦訳を基礎に日本人の英語学習上の改善を加えながら発達してきたが、和英辞典は幕末の近代言語学による日本語と日本語文法の解析から始まり、徐々に語彙を伸ばし、日本人向けの英語での「日本語表現辞典」にまで発達を遂げてきた。

和英辞典の特殊形態として、日本語見出し語を持つが内容は英語の理解を目的とした「英語学習用和英辞典」があり、英語の学習過程で多く使われてきた。用例は英語例文を中心に解説され、英和辞典内容の日本語項目への逆引き形態での編集がなされている。しかし、日本語表現と英語表現は一対一の関係をなすものではなく、日本語表現をそのまま英語にできると思って接すると、見出し語や用例に不満を持つことが多い。このため和英辞典は英和辞典の補助的役割との認識が生じやすい。[独自研究?]

和英辞典の編纂には深い日本語の知識が必要である。日本語辞典には「国語辞典」と「漢和辞典(中国語ー日本語辞典ではなく、日本語の漢語辞典)」があるが、これらに辞書の見出し語をそのままに、本文を英訳をしたと考えてみても多くの問題があることが分かる。[独自研究?] 英語が各言語間をつなぐコミュニケーションの中間言語の役割を果たすようになってきた今日、より良い「日本語-英語(和英)辞典」が望まれる。

歴史[編集]

最初の和英辞典は1867年慶應3年)に横浜で出版された美国平文(アメリカジェームス・カーティス・ヘボン)編集による『和英語林集成』である。和英20722語、英和10030語を、アルファベット順のローマ字の見出しに片仮名表記と漢字表記を添え、品詞を明示し、英語による語釈を加えた上で、用例と同義語を記した。

ヘボンは幕府洋学調所に印刷を打診したが、印刷技術が十分でなく[1]上海の美華書院(American Presbyterian Press)に原稿を運び印刷した。片仮名と平仮名活字は同行した岸田吟香の書による。印刷費は約1万ドル、紙は英国製で2千ドルかかったため、販売価格は約20両と言われている。日本語を初めて横組みした出版物であり[2]、明治30年頃まで他の辞典を寄せ付けないほどの影響力を持った。ヘボンは後に聖書を日本語に翻訳しており、そのためにも日本語を学習する必要があった。出来上がったこの辞典は聖書翻訳のためのものに留まらず、広く一般の用を目的に売り出され、日本を世界に広く開いたといえる。また、同時にロンドンでも発売され、初めての近代日本語辞典として列国が使用した。

1872年明治5年)には和英22949語、英和14266語を収録し、政治的・社会的な変化と西洋科学・文学・制度の導入を反映した第2版が出た。Introductionでの日本語概説と日本文法を大幅に増加している。この編纂には奥野昌綱が協力した。明治10年(1877年)発行の日本初の和独辞典『和獨對譯字林』(ルードルフ・レーマン)はこのヘボン辞書第2版の独訳である。

1886年(明治19)には第3版が出る。和英35618語、英和15697語と新しい時代の語彙とともに、古事記万葉集などから古語も収録した。現代語の発音に近いローマ字綴りとし、これがヘボン式(標準式)ローマ字と呼ばれるものである。日本人は高橋五郎が編集に協力した。

ヘボンは編纂に当たって、江戸末期の諸文献にあたり、医者として接した様々な身分の日本人と接し、どの発音がもっとも正式かと生きた日本語の収集に当たっているため、この辞典は当時の日本語を反映する資料として重要なものとなっている。このため現代でも講談社『日本国語大辞典』や『新潮現代国語辞典』にはヘボン語彙とヘボンの用例が掲載されている。金田一春彦によれば、高橋五郎の『和漢雅俗いろは辞典』や大槻文彦の『言海』などの近代的国語辞典に影響を与えているという[3]

『和英語林集成』は明治学院大学図書館が2006年3月デジタルアーカイブを作り、原稿から各版・縮約版・偽版までを比較検索できるシステムを公開している[4]

その後、ヘボンの辞典をもとに、室町時代からある日本流の辞典「節用集」の形式を採り入れたり、項目をいろは順に並べ替えたりした和英辞典が日本人の手によって次第に工夫されるようになった。


続く独自の和英辞典はFrank Brinkley・南条文雄・岩崎行親共編『和英大辞典』1896年(明治29)三省堂である。語彙は約5万語。ヘボン辞書と同じく外国人のために日本語概要(Introduction)が付く。百科事典的であり、日本の動植物や日本の事物について挿画がある。専門用語の付訳を数人の専門の学者に依頼した。 以後 明治の末までは最大の和英辞書であった。

以下次のように発行されていく

  • 新渡戸稲造高楠順次郎編『新式日英辞典』1905年(明治38)三省堂
  • 井上十吉『新譯和英辞典』1909年(明治42)三省堂
  • 武信由太郎『武信和英大辞典』1918年(大正7)研究社
  • 井上十吉『井上和英大辞典』1921年(大正10) 至誠堂
  • 竹原常太『スタンダード和英大辞典』1924年(大正13)宝文館
  • 斎藤秀三郎『和英大辞典』1928年(昭和3)日英社
これは特筆すべき和英辞典である。日本人が日本の文化を発信するための和英辞典となっていて、日本語独特の表現や言い回し、感情などを英語で表現するために編集されている。
  • 『研究社新和英大辞典』1931(昭和6)研究社
  • 勝俣銓吉郎『研究社和英大辞典』1954年(昭和29)研究社

和英辞書の語順はローマ字によるアルファベット順に始まり、当時の日本語の順番である「いろは順」がこれに続き、50音表順は明治の後期になってからである。

和英辞典は、ほとんどの電子辞書にも搭載されている。オンラインの辞書サイトでも和英辞典は定番である。

用途[編集]

日本人の感情や情緒、考え方を表現しようとして引いてみると、見出し項目や例文になんともいえぬ違和感を持つ場合が多い。しかしヘボン博士の最初の和英辞典のように日本語辞典として日本語を英語で理解しようとする辞典もあり、また斎藤秀三郎の和英辞典のように日本語特有の表現の見出しをあげ「居候三杯目にはそっと出し」や「吉原が明るくなれば家は闇」のような例文を持つ、日本語を英語で表現することを目指した辞典もある。これは、異なった文化をどのように理解しコミュニケーションを取っていくかという編纂者のスタンスの差であるといってよい。[独自研究?]

前述の違和感の正体は、編集方針が和英辞典といえども「英語の理解と勉強」のために作られたことによる。日本語で考え日本人が感じる事項を英語で表現するよりも、take という動詞を理解させるためにある見出し語を置くというような考えで編纂されたといえよう。この結果、英語を母国語とするあるいは第二言語とする外国人には現在の和英辞典の多くは適さず、日英辞典のような和英辞典が必要となる。[独自研究?]

和英辞典は単一ではない。和英辞典の編集方針の理解は、和英辞典を理解するときにきわめて重要である。

英語学習者向けや一般向けの辞典があるほか、『ステッドマン医学大辞典―英和・和英』や『科学技術45万語和英対訳大辞典』のように専門分野に特化した英和辞典があるので、使用者の用途に合わせて選ぶことが肝要である。

  1. 英語学習のための和英辞典の特性
    • 英語学習における和英辞典 - 1つの日本語がどのように英語に対応するか、知ることができる。
    • 英文を書く場合の和英辞典 - 1つの日本語がどのように英語に対応するか、知ることができる。ただし実際の英文を書くには、もう一度英和辞典を引いて慣用的用法を確かめた方がよい。つまり、英和からの検証が必要な辞典が多い。
  2. 日本人の文化を表現するための和英辞典の特性
  3. 外国人が日本語とその文化を学ぶための和英辞典の特性

脚注[編集]

  1. ^ 「平文氏の本書を成す、其の印刷を開成所に諮りしに、浩澣の故を以て、目処たたず。終に支那上海に渡りてその出版を完了せり。」石井研堂『明治事物起源』明治44年
  2. ^ 「野馬臺が欧文ならば蟹が這ひ 浮萍」石井研堂同上書
  3. ^ 「国語辞典の歩み」『日本の辞書の歩み』辞典協会1996
  4. ^ 『和英語林集成』デジタルアーカイブス

外部リンク[編集]

  • 国立国会図書館 第152回常設展示 辞書を片手に世界へ―近代デジタルライブラリーにみる明治の語学辞書[1]