いろは順

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

いろは順(いろはじゅん)とは、日本語における仮名文字の並べ方のひとつ。

順番[編集]

の順。末尾には便宜上「」を加えることもある。

平仮名47文字全てをそれぞれ1度ずつ使って作られたいろは歌に基づいた順番である。かつては日本語における順番法として公用文にも広く使われたが、現在ではほぼ五十音順(あいうえお順)に取って代わられている(公用文については「公用文作成の要領」において五十音順を使用するよう定められている)。

いろは順の使用例[編集]

  • 江戸時代町火消は、享保5年(1720年)に隅田川の西側の町屋を区分けして47組の「いろは組」が創られたことに始まり、後に1組増えて「いろは四十八組」となる。各組は「い組」「ろ組」「は組」といろは順を使った組名乗りをしていたが、「へ」は「屁」に通じて語呂が悪く、「ら」は「魔羅」を連想させて忌み言葉のようで、「ひ」に至っては「火」に通じるので論外であり、「ん」はそもそもいろは順に含まれない字なため、これらはそれぞれ「百」「千」「万」「本」の字に置き換えられた。
  • 五十音はいろは歌と同じくらい古くからあるが、使用するのは学者に限られていた(古事記伝の索引や古言梯などは五十音順)。このため、幕末まで一般向けの類書、今でいう百科事典は、いろは順で項目が並べられていた。『色葉字類抄』『節用集』など。明治に入っても『和漢雅俗いろは辞典』(高橋五郎)などが出されている。法令全書も大正までいろは順の索引を使用している。『言海』(大槻文彦)は五十音順だが、見返しにいろは順索引がついている。
  • 江戸期、庶民が世の中に対する様々な不満をいろは順に書き連ねた「いろは短歌」が広まる(短歌形式で書かれた)。一例として、寛政9年(1797年)に仙台藩で起こった「寛政の大一揆」の際にも広まり、いろは短歌が書かれた文が東北歴史博物館に所蔵されている。
  • 日本の法令では、号の下位単位としてイロハを使用している。
  • 箇条書きにおいて、条ごとに振る記号として用いられることがある。
  • 和文モールス符号は、原則としてアルファベット順に並べた欧文モールス符号を順に「イ・ロ・ハ……」に割り当てたものである(ただし、「I」のみ濁点に対応させており、この規則から外れている)。「Z」に対応する「フ」より後の文字はすべて日本独自の符号を割り当てている。
  • 国際会議においては、昭和18年(1943年)の大東亜会議における参加国の配列がいろは順だった。五十音順やアルファベット順に比べて、日本の順番が前に来ることが採用理由といわれる(深田祐介『黎明の世紀』文春文庫
  • 社会保険庁の傘下にある社会保険事務所での企業名の順番は、いろは順となっている。
  • 音名にも当てはめられ、イタリア語式の「Do Re Mi Fa Sol La Si」、英語式の「C D E F G A B」を日本では「ハニホヘトイロ」とした。このため、Cを主音とする長調「C major」のことを日本では「ハ長調」という。
  • 日本共産党が党大会に外国の党から寄せられたメッセージを『前衛』増刊号の党大会特集号に掲載するときの順番として使用していた時期がある(1970年代から80年代にかけて)[1]
  • 日本国有鉄道においては、車両称号規程に基き鉄道車両うち旅客車両の車籍上の等級表記に一等から順に「イロハ」順を用いていた。JRになった現在でも、グリーン車A寝台車に「ロ」、普通車B寝台車に「ハ」の記号が用いられている。
  • 日本のプロ野球で、背番号が導入されたとき、阪神タイガースで「イロハ」順に背番号をつけていた。

地名・地番にいろは順を用いた例[編集]

千葉県
石川県

石川県内では、白山市の旧松任市の区域および野々市市を除く各市町で小字地番にいろは順を入れている場合が多く見られる。

また、七尾市などの能登半島北部ではいろは順と「部」を組み合わせた地番も存在する。

古くは東京にもあり、夏目漱石三四郎』には「西片町十番地への三号」が出てくる。(実際の夏目漱石の住所は西片町十番地ろの七号)

[編集]

  1. ^ 1980年の日本共産党第15回大会の記録を収録した『前衛』1980年4月臨時増刊号。この方式ではイタリアからはじまり、スウェーデンで終わっている。

関連項目[編集]