出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
平仮名
文字
字源 止の草書体
JIS X 0213 1-4-40
Unicode U+3068
片仮名
文字
字源 止の部分
JIS X 0213 1-5-40
Unicode U+30C8
言語
言語 ja, ain
ローマ字
ヘボン式 TO
訓令式 TO
JIS X 4063 to
アイヌ語 TO
発音
IPA to
種別
清音
五十音
いろは順

は、日本語音節の1つであり、仮名の1つである。1モーラを形成する。五十音図において第4行第5段(た行お段)に位置する。清音の他、濁音(ど、ド)を持つ。

概要[編集]

「と」の筆順
「ト」の筆順

と に関わる諸事項[編集]

  • 「と」は、日本語の助詞の1つである。
  • 「トゥ」のように書いて、「た」「て」「と」の子音と「う」を併せた音、または「た」「て」「と」の子音を表す。
  • 音楽音名で、「ソ」の音(G)を表す。→ト (音名)
  • トンデモ本などの「トンデモ」な概念を表す。と学会である。
  • 将棋歩兵の裏には「と」に似た字が書かれており、と金を意味する。
  • 漢字の部首「」は片仮名の「ト」と似た字形をしているが、関係性は無い。ただ、部首名は「ト」に因んで「ぼくのと」と呼ばれることがある。
  • ト書き歌舞伎の台本で「と~」と書かれていたことが語源である。
  • 口癖で「えーっと」を略して「っと、…」と会話を始める若者が多い。

関連項目[編集]