東庄町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
とうのしょうまち
東庄町
日本の旗 日本
地方 関東地方
都道府県 千葉県
香取郡
団体コード 12349-8
面積 46.16 km²
総人口 14,548
推計人口、2014年2月1日)
人口密度 315人/km²
隣接自治体 銚子市旭市香取市
茨城県神栖市
町の木 オオムラサキ
町の鳥 コジュリン
東庄町役場
所在地 289-0692
千葉県香取郡東庄町笹川い4713-131
北緯35度50分13.8秒東経140度40分7.3秒
東庄町役場
外部リンク 東庄町(とうのしょうまち)

東庄町位置図

― 政令指定都市 / ― 市 / ― 町 / ― 村

 表示ノート編集履歴 ウィキプロジェクト

東庄町(とうのしょうまち)は、千葉県香取郡にあるである。中世荘園東庄(東荘)にちなんで東庄町と名づけられた。

地理[編集]

  • 千葉県の北東部、香取郡の東端に位置し、利根川を境に茨城県と接している。
  • 下総台地の東端に近い丘陵地帯を挟む。北側に利根川沿いの低地、南側に九十九里平野の北辺を含む。西北端にあたる笹川地区周辺のみ平坦地であり、大部分が台地である。また、各所に谷津田が入り組むように刻まれている。
  • 標高は、平均で海抜40~50メートル。最高56.5メートルである。

隣接する自治体[編集]

歴史[編集]

古くは、香取海に面した重要な地であり、古代においては陸奥国へ通じる交通の要衝であった。 平安中期、長元2年(1029年)の平忠常の乱房総一帯が忠常の支配下に入り、当町の中央部に残る大友城跡を忠常の居城に比定する説もある。乱は数年後には平定され、忠常は降伏したが子孫達は処刑される事も無く千葉氏と称して房総一帯に繁栄した。その重要な根拠地として東庄があり、源頼朝に重臣として仕えた千葉常胤の第六子胤頼は、東氏を称して東庄を根拠地とし戦国期に至るまで歴代にわたって繁栄し、その総鎮守として東大社が崇敬された。この神社の沿革は古代に遡るもので、平安末以来伝えられている20年に1度の銚子外川浜までの神輿行列が渡御する神幸祭が今なお続けられている。

近世に入り、千葉氏一族である東氏もここで没落し、徳川氏の関東入国後天正検地が行われた。当地には後の小見川藩初代藩主松平家忠が藩主となった上代藩が短期間おかれただけで家忠以後大名は配置されず、幕府直轄地や大名、旗本の小規模領地が複雑に入り組んで配置され幕末に及んだ。江戸末期には「天保水滸伝」のような事件が発生するなど、この地に博徒が横行したが、その一方、学問も盛んで江戸後期には平田篤胤が逗留したこともある。また旧笹川村からは林半兵衛のような和算家も輩出されている。

明治維新後、笹川村、神代村、東城村、橘村が形成され、商業水産農業が盛んとなった。昭和6年(1931年)には国鉄成田線笹川まで延伸され、同8年(1933年)には下総橘を経て松岸まで開業した。当時茨城県側からは渡し船で当地と連絡しており、交通教育商取引の面で関係が深かった。その後、昭和30年(1955年)7月には合併により当町「東庄町」が誕生する。昭和46年(1971年)3月に、当町と利根川対岸の神栖市にまたがる塩害防止と水資源確保を目的とした全長約1キロメートルの東洋一の河口堰である利根川河口堰が完成した。また対岸の神栖市や鹿嶋市などで、昭和30年代から鹿島臨海工業地帯開発が行われ、それに伴う人口増により当町内にも住宅団地が造成されるなど、現在も利根川対岸の茨城県との関係が深い。

沿革[編集]

行政区域変遷[編集]

  • 変遷の年表
  • 変遷表

郷土史[編集]

当地には鹿之戸村があった(旧笹川村範囲)が、これはもともと鹿之渡であり、鹿島神宮の神鹿が、香取神宮との往来の際にここを通過したからだといわれている。春日大社に鹿嶋神の分霊を勧請したときも分霊を鹿にのせてここを通過したとも。源頼朝が鹿島神宮に自ら参拝したときには、此地の東氏の館に宿泊したといわれている。現在でも、鹿島神宮から南下して、直線距離で一番近い利根川の渡河点は東氏の居城とされた森山・須賀山城跡にあたる。 古くは、高望王の子で千葉氏の祖平良文がここに拠点の一つを置いていたとされる。また、千葉常胤もここを下総国府台佐倉千葉などと並んで、拠点の一つにしていたらしい。常胤は六男の胤頼にここを与えたのであるが、その後もここは千葉氏の求心力のある土地であり続けた。笹川村の鎮守である、笹川諏訪神社の宮司家は香取大宮司家と親戚であった。また同神社に隣接する延命寺鹿島神宮寺の末寺であり、この土地が古くから鹿島・香取両神宮と縁が深かったことが伺える。室町期におきた隣郡の鹿島氏の内紛では、当主の鹿島義幹が一時、東氏を頼って逃げてきている。 重複するが、千葉氏との関わりがこの土地は強く、須賀山城跡の側にある東福寺は実質的な最後の千葉宗家当主であった、千葉邦胤灌頂会を行った寺である。

人口[編集]

Demography12349.svg
東庄町と全国の年齢別人口分布(2005年) 東庄町の年齢・男女別人口分布(2005年)
紫色 ― 東庄町
緑色 ― 日本全国
青色 ― 男性
赤色 ― 女性
東庄町(に該当する地域)の人口の推移
1970年 14,857人
1975年 17,288人
1980年 18,205人
1985年 18,337人
1990年 17,988人
1995年 17,739人
2000年 17,076人
2005年 16,166人
2010年 15,161人
総務省統計局 国勢調査より

行政[編集]

人口1000人当たり職員数が千葉県内町村で最も少ない(東庄町7.00人、千葉県内町村平均9.44人)

ラスパイレス指数97.5(千葉県内市町村平均100.5)

人口一人当たり人件費・物件費等決算額90,186円(千葉県内市町村平均112,960円)

人口一人当たり地方債現在高301,250円(千葉県内市町村平均334,430円)

経済[編集]

産業[編集]

金融機関[編集]

姉妹都市・提携都市[編集]

地域[編集]

人口1000人当たり犯罪件数が千葉県内で最も少ない(東庄町5.58件、千葉県平均17.28件)平成19年

健康[編集]

  • 平均年齢

教育施設[編集]

私立保育園[編集]

  • 神代保育園
  • 笹川中央保育園
  • 橘保育園

町立幼稚園[編集]

  • 神代幼稚園
  • 笹川幼稚園
  • 橘幼稚園
  • 石出幼稚園
  • 東城幼稚園

町立小学校[編集]

  • 神代小学校
  • 笹川小学校
  • 橘小学校
  • 石出小学校
  • 東城小学校

町立中学校[編集]

  • 東庄中学校

交通[編集]

鉄道[編集]

路線バス[編集]

高速バス[編集]

道路[編集]

名物・名産[編集]

名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事[編集]

観光スポット[編集]

観光[編集]

  • いちご狩り…毎年1月上旬から5月下旬まで町内8つのいちご園でいちご狩りが楽しめる。また、国道356号線沿いに、いちご直売所が並ぶため"いちご街道"などと呼ばれている。
諏訪大神の相撲大会
諏訪大神祭礼の山車

祭り[編集]

  • 左右大神の神楽 4月第1土曜
  • 諏訪神社春季例祭(笹川の神楽) 4月第1土曜
  • 東大社春季例祭 4月8日
  • 雲井岬つつじまつり 4月中旬~5月中旬
  • 諏訪大神相撲大会 7月最終土曜日
  • 東大社やぶさめ神事 10月20日
  • 東庄ふれあいまつり 11月3日 (かつて林家ペーパー子夫妻が司会を務めていた地域イベント、現在は降板)

出身有名人[編集]

難読地名[編集]

  • 羽計(はばかり)
  • 稲荷入(とうかいり)

脚注[編集]

  1. ^ 角川日本地名大辞典編纂委員会『角川日本地名大辞典 12 千葉県』、角川書店、1984年 ISBN 4040011201より

外部サイト[編集]