出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
平仮名
文字
字源 不の草書体
JIS X 0213 1-4-53
Unicode U+3075
片仮名
文字
字源 不の部分
JIS X 0213 1-5-53
Unicode U+30D5
言語
言語 ja, ain
ローマ字
ヘボン式 FU
訓令式 HU
JIS X 4063 hu, fu
アイヌ語 HU, FU
発音
IPA fu/ɸu
種別
清音
五十音
いろは順

は、日本語音節の一つであり、仮名の一つである。1モーラを形成する。五十音図において第6行第3段(は行う段)に位置する。清音の他、濁音(ぶ、ブ)と半濁音(ぷ、プ)を持つ。

概要[編集]

「ふ」の筆順
「フ」の筆順
  • 現代標準語の音韻: 1子音と1母音」からなる音。子音は、次の通り。
    • 清音 「ふ」: 上下の唇を、うを発音するときのように中央を残して閉じ(突き出す必要はない)、隙間から息を摩擦させて通すときに出る無声音無声両唇摩擦音[ɸ])。
    • 濁音 「」: 両唇を閉じてから開く破裂音。有声子音。
    • 半濁音 「」: 両唇を閉じてから開く破裂音。無声子音。
    • 歴史的仮名遣いでは、文節のはじめ以外の「ふ」は「う」と発音する。「あ」の後の「ふ」は、「お」と発音することがある(例:あふひ = あおい(葵)、あふぐ = あおぐ(仰ぐ))
  • 五十音順: 第28位。
  • いろは順: 第32位。「」の次。「」の前。
  • 平仮名「ふ」の字形: 「不」の草体
  • 片仮名「フ」の字形: 「不」の左上の部分 (若しくは最初の2画。『広辞苑』第6版より)
    • ふ: hu。ヘボン式などではfu
    • ぶ: bu
    • ぷ: pu
  • 点字:
    「ふ」の点字
  • 通話表: 「富士山のフ」
  • モールス信号: --・・
  • 変体仮名: Hentaigana fu.png(<婦)
  • 台湾語仮名は「f-」唇歯音がなく、「フ」の発音は「hu」となる。
  • 発音:Japanese hu.ogg [ヘルプ/ファイル]

ふ に関わる諸事項[編集]

  • あ行の文字を後続させて、ふの子音と他の母音を合わせた音を表す。このとき、後続するあ行の文字は拗音同様、一般に小さく書く。これらの音のローマ字は一般にfa、fi、fe、foとなる。
  • このように「ふ」も含め、ローマ字に「f」を使い、外国語の/f/の発音を音写するが、唇歯摩擦音である/f/と両唇摩擦音である「ふ」の子音とは別の音である。
  • 無声鼻腔摩擦音を「ふ」で表すことがある(例:「ふん」と鼻で笑う)。
  • 平仮名の「ふ」は、ふ0001.pngのように上が離れる字体とふ0002.pngのように続く字体がある。
  • インターネットスラングでは、英数字入力での「2」の位置とひらがな入力の「ふ」の位置が同じで、「2」を意味する(→みかか)。主に数字等のあからさまな表記を避ける場合に用いられる。
  • は行の中で調音点が異なっている。「は、ひ、へ、ほ」と同じ調音点で発音すると[hu]となるが、これは日本語にはない音であり、対応する文字もない。外来語などに用いる際は「ホゥ」と表記される。訓令式ローマ字表記の「hu」も、「ホゥ」と発音される事がある。
  • 福島県旗は平仮名の「ふ」を図案化したものがデザインされている。

関連項目[編集]