出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
平仮名
文字
字源 祢の草書体
JIS X 0213 1-4-45
Unicode U+306D
片仮名
文字
字源 祢の偏
JIS X 0213 1-5-45
Unicode U+30CD
言語
言語 ja
ローマ字
ヘボン式 NE
訓令式 NE
JIS X 4063 ne
アイヌ語 NE
発音
IPA ne̞
種別
清音
五十音
いろは順

は、日本語音節のひとつであり、仮名のひとつである。1モーラを形成する。五十音図において第5行第4段(な行え段)に位置する。清音でありながら子音は有声子音であり、濁音半濁音は持たない。

概要[編集]

「ね」の筆順
「ネ」の筆順

ね に関わる諸事項[編集]

  • 十二支の最初(子)。
  • 「ね」は、会話において相手に同意を求める時に使用される。
  • 鉄道車両を表す記号のうち、「ネ」は寝台車を表す(寝床のネ)。
  • EAST END×YURIの楽曲に「ね」というタイトルのものがある。ね (EAST END×YURIの曲)を参照。
  • ね. は晩年の古澤良治郎が率いたジャズ・グループ。
  • 片仮名の「ネ」は示部楷書に由来し、ネット上では「神」を「ネ申」(ネ + 申)と倍角文字代わりに表記するように「ネ」が示部に代用されることがある。また、「ネ申」(ネ + 申)のように半角の「ネ」を用いてより「神」に近い形に作る場合もある。

関連項目[編集]