出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
平仮名
文字
字源 の小書き
JIS X 0213 1-4-85
Unicode U+3095
片仮名
文字
字源 カの小書き
JIS X 0213 1-5-85
Unicode U+30F5
言語
言語 ja
ローマ字
JIS X 4063 xka
発音
種別
五十音

は、日本語に使われる文字。片仮名の「」を小書きにした用途として用いられることは稀で、主に数助詞として使用される。片仮名を小さくした形をしているが、一般的な片仮名ではない。

「个」あるいは「箇」の略字として「」という文字があるが、この読みが、「一ヶ月」「一ヶ所」のような場合「か」となること、また、「ヶ」との字形の類似から「ヵ」と表記されたことから広まった。

そのため、「ヵ」という文字は「ヶ」が使われる場面で、かつその読みが「か」となる場合しか通常は使われない。また、生まれた経緯から「ヵ」を使うのは不適切であり、代わりに「ヶ」とするか、「カ」「か」「箇」を使うべきだとする者もある。

平仮名と片仮名の互換上の理由で平仮名の「」という文字もあるが、前述の用途で使用することは正しい利用方法ではない。

中世以前の古文書の中に「ヵ」あるいは「」が使用されている場合があるが、この場合は「个」あるいは「箇」の略字として使用しているのではなく、「カ」あるいは「か」を小書きしただけである。この用法で使用されるのは助詞であることが多い。

用途[編集]

「ヵ」が使われる例

  • 一ヵ所(一ヶ所)
  • 一ヵ月(一ヶ月)
  • 十ヵ条(十ヶ条)

「ヵ」が使われない例

  • 関ヶ原(読みが「が」である。稀に小書きの「ガ」が使われる)
  • 七ヶ宿(シチカシュク)
  • 一ヶ(読みが「こ」である)
  • 個所、箇条書き(「ヶ」が使われる場面ではない)

読み[編集]

  • 「か」と読まれる。
  • 助数詞の場合は原則として「か」と発音する。
  • 助詞「が」の用途で使用される時は、「が」と発音する。

ヵ に関わる諸事項[編集]

  • JIS規格では「小書き片仮名カ」、Unicodeでは「KATAKANA LETTER SMALL KA」と、いずれも片仮名「カ」を小さくした文字としている。

関連項目[編集]