出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
平仮名
文字
字源 久の草書体
JIS X 0213 1-4-15
Unicode U+304F
片仮名
文字
字源 久の一部
JIS X 0213 1-5-15
Unicode U+30AF
言語
言語 ja, ain
ローマ字
ヘボン式 KU
訓令式 KU
JIS X 4063 ku
アイヌ語 KU
発音
IPA kɯ̹˕
種別
清音
五十音
いろは順

は、日本語音節のひとつであり、仮名のひとつである。1モーラを形成する。五十音図において第2行第3段(か行う段)に位置する。清音の他、濁音(ぐ、グ)を持つ。また、話し手によっては、文節のはじめ以外で、子音が鼻音化した鼻濁音を用いる。鼻濁音は濁音と意味上の差異はない。

概要[編集]

「く」の筆順
「ク」の筆順
  • 現代標準語の音韻: 1子音と1母音」から成る音。子音は、次の通り。
    • 清音 「く」: の後部を口蓋の奥の部分(軟口蓋)に押しあて一旦閉鎖した上で破裂させることで発する。無声。
    • 濁音 「」: 舌の後部を口蓋の奥の部分(軟口蓋)に押しあて一旦閉鎖した上で破裂させることで発する。有声。
    • 鼻濁音 「く゚」: 鼻に音を抜きながら、舌の後部を口蓋の奥の部分(軟口蓋)に押しあて一旦閉鎖した上で破裂させることで発する。有声。
  • 五十音順: 第8位。
  • いろは順: 第28位。「」の次。「」の前。
  • 平仮名「く」の字形: 「久」の草体
  • 片仮名「ク」の字形: 「久」の部分 (最初の2画。『広辞苑』第六版より)
  • ローマ字
  • 点字:
    Braille SH.svg
  • 通話表: 「クラブのク」
  • モールス信号: ・・・-
  • 発音Japanese ku.ogg [ヘルプ/ファイル]

く に関わる諸事項[編集]

  • 合拗音の/kwa/, /gwa/は、「く」、「ぐ」に「わ」を後続させて表記する。このとき、後続する「わ」は一般に小さく「ぐゎ」の様に書く。現代標準語では「」、「が」に吸収され、現代仮名遣いでは「か」、「が」と書く。
  • くの字というと、ひらがなのくの字形を指し、直線を中央で直角に曲げた形である。
  • 「くの字点」という、平仮名の「く」の字を延ばしたような踊り字(反復記号)が存在する。
  • 鉄道車両の記号「ク」は、
  • 熊本県旗は片仮名の「ク」を図案化したもの。

関連項目[編集]