出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
平仮名
文字
字源 也の草書体
JIS X 0213 1-4-68
Unicode U+3084
片仮名
文字
字源 也の草書体
JIS X 0213 1-5-68
Unicode U+30E4
言語
言語 ja, ain
ローマ字
ヘボン式 YA
訓令式 YA
JIS X 4063 ya
アイヌ語 YA
発音
IPA
種別
清音
五十音
いろは順

は、日本語音節のひとつであり、仮名のひとつである。1モーラを形成する。五十音図において第8行第1段(や行あ段)に位置する。

概要[編集]

「や」の筆順
「ヤ」の筆順

や に関わる諸事項[編集]

  • い段の文字に後続して、開拗音を構成する。このとき、一般に「や」は「ゃ」のように小さく書く。また、「ャ」「デャ」は、「て」、「で」の子音にそのまま「や」の音を続けた音(/tja/、/dja/)を表す。
  • 平仮名の「や」は、や0002.pngのように上が離れる字体とや0001.pngのように続く字体がある。ゴシック体と大概の明朝体は前者、草書体と一部の明朝体は後者である。
  • 鉄道車両の記号「ヤ」は、職用車(役所の「ヤ」)を示す。
  • 相撲星取表で、「や」は休場・取り組みなし(幕下以下)のこと。
  • インターネットスラングでは、英数字入力での「7」とひらがな入力の「や」が同じキーのため「7」、「や」と「8」の発音が似ているため「8」を意味する(→みかか)。主に数字等のあからさまな表記を避ける場合に用いられる。
  • プロ野球中継の点数表示やスポーツ新聞の勝敗表などで、「ヤ」は東京ヤクルトスワローズの略として用いられる。
  • 最後にiaとつく国名(イタリアブルガリア等)を戦前、イタリヤ・ブルガリヤ等と発音・記述していた。
  • 1934年デビューの競走馬に「ヤ」(「矢」が語源)がいる。

関連項目[編集]