ゴーストバスターズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ゴーストバスターズ
Ghostbusters
監督 アイヴァン・ライトマン
脚本 ダン・エイクロイド
ハロルド・ライミス
製作 アイヴァン・ライトマン
製作総指揮 バーニー・ブリルスタイン
出演者 ビル・マーレイ
ダン・エイクロイド
ハロルド・ライミス
シガニー・ウィーバー
リック・モラニス
音楽 エルマー・バーンスタイン
主題歌 「ゴーストバスターズ」
レイ・パーカー・ジュニア
撮影 ラズロ・コヴァックス
編集 シェルドン・カーン
配給 コロムビア映画
公開 アメリカ合衆国の旗 1984年6月8日
日本の旗 1984年12月2日
上映時間 105分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 3000万ドル[1]
興行収入 2億3860万ドル[1] アメリカ合衆国の旗カナダの旗
2億9160万ドル[1] 世界の旗
次作 ゴーストバスターズ2
テンプレートを表示

ゴーストバスターズ』(Ghostbusters)は、1984年アメリカ映画。三人の学者が、幽霊退治に賭けるSFコメディ映画

ゴーストバスターズとは英語で「幽霊退治人」という意。1984年北米興行収入第1位、歴代では7位(当時。2009年時点では37位)という大ヒットを記録した。アイヴァン・ライトマン監督。

ストーリー[編集]

ニューヨークのコロンビア大学超常現象幽霊・霊体の研究を行っていたピーター・ヴェンクマン博士(ビル・マーレイ)ら冴えない研究者3人。ある日、一方的に研究費を打ち切られたことをきっかけに借金に借金を重ね、科学的に超常現象全般を扱い幽霊退治を行う会社「ゴーストバスターズ」を開業。当初は資金もなく依頼もゼロに近かったが、とあるホテルでの幽霊退治をきっかけにビジネスは大当たり、メディア行政からも注目視される。

そんな中、謎の巨大霊的エネルギーが接近していた。正体は破壊の神ゴーザ(スラビトザ・ジャバン)で、番犬である雌の「門の神ズール」と雄の「鍵の神ビンツ」の二頭に、「ゴーストバスターズ」に調査依頼をした女性ディナ(シガニー・ウィーバー)とその隣人のルイス(リック・モラニス)がとり憑かれてしまう。さらに新人ウィンストン・ゼドモア(アーニー・ハドソン)を加えて絶好調のゴーストバスターズに環境保護局が目を付け、局長のウォルター・ペック(ウィリアム・アザートン)に幽霊保管庫の電源を切られ大爆発を起こし、さらに保管庫から逃げた幽霊がニューヨーク中に出没するようになってしまう。

「門の神ズール」にとり憑かれたディナと、「鍵の神ビンツ」にとり憑かれたルイスが出会うことでゴーザが復活する事を知った4人は、爆発物所持の容疑で拘束されていたがレニー市長(デヴィッド・マーギュリーズ)の希望で呼び出され、幽霊騒ぎを収拾するために活動を開始する。そのころディナの住む高層ビルでも爆発が起き、黒い雲が覆い、ゴーザが現れようとしていた。そのビルは、ゴーザを崇拝しこの世の終りを祈る秘密結社の信者イヴォが特殊な設計によって建築したもので、異次元と現実の接点になっていた。そしてルイスがそのビルにたどりつきディナと遭遇したとき、4人のゴーストバスターもビルに侵入し、ディナたちがいる高層階までたどりつく。するとゴーザが復活し4人の前に現れ、破壊の方法を選べと迫る。その瞬間たまたまレイモンド・スタンツ博士(ダン・エイクロイド)の頭に浮かんだのがマシュマロマンであり、ゴーザは巨大マシュマロマンとなって街を破壊し始める。4人はゴースト退治の特殊な武器でもって、危険な賭けに出てマシュマロマンを退治しようとする。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹き替え版
DVDBD フジテレビ テレビ朝日
ピーター・ヴェンクマン博士 ビル・マーレイ 安原義人 野田秀樹 樋浦勉
レイモンド・スタンツ博士 ダン・エイクロイド 玄田哲章 堀勝之祐 広川太一郎
イゴン・スペングラー博士 ハロルド・ライミス 牛山茂[2] 西沢利明 小川真司
ディナ・バレット シガニー・ウィーバー 駒塚由衣 田島令子 鈴木弘子
ルイス・タリー リック・モラニス 高木渉 山口良一 富山敬
ジャニーン・メルニッツ アニー・ポッツ 安達忍 藤田淑子
ウィンストン・ゼドモア アーニー・ハドソン 菅原正志[3] 銀河万丈 玄田哲章
ウォルター・ペック ウィリアム・アザートン 森田順平 小川真司 羽佐間道夫
レニー市長 デヴィッド・マーギュリーズ 小島敏彦 村越伊知郎 阪脩
大司教 トム・マクダーモット 伊井篤史 塚田正昭 北村弘一
警視総監 ノーマン・マトロック 仲野裕 藤本譲 飯塚昭三
ホテル支配人 マイケル・エンサイン 岩崎ひろし 納谷六朗 青野武
男子生徒 スティーヴン・タッシュ 堀川亮 津久井教生
女子生徒 ジェニファー・ラニヨン 勝生真沙子
図書館長 ジョン・ロスマン 小形満 村山明 仲木隆司
図書館員 アリス・ドラモンド 水原リン 斉藤昌
看守 レジナルド・ヴェルジョンソン 岩崎ひろし 秋元羊介 塚田正昭
不動産屋 ローダ・ジャミニャーニ 竹口安芸子 矢野陽子
背の高い女性 ジーン・カセム さとうあい
本人 ラリー・キング 石波義人 秋元羊介
ゴーザ スラビトザ・ジャバン(演) 水原リン
パディ・エドワーズ(声)
  • DVD・BD版:DVD用新規製作 1999年発売
その他の声の出演、堀井真吾/鈴木正和/園田恵子/梅田貴公美
演出:木村絵理子、翻訳:平田勝茂、製作:東北新社
その他の声の出演、岩野一彦/島田彰
台本:たかしまちせこ、効果:遠藤尭雄、桜井俊哉、演出:河村常平、フジテレビ担当:酒井彰
その他の声の出演、光野栄里/山田礼子/橋本るり子
演出:壺井正、翻訳:平田勝茂、調整:飯塚秀保、効果:PAG、選曲:東上別府精、製作:グロービジョン、挿入歌翻訳:落合寿和

※ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント発売の「製作30周年記念Blu-ray BOX」には次作の『ゴーストバスターズ2』とともに、4Kマスターを使用した本編ディスクとは別にHD放映版の映像を使用してフジテレビ版(100分)とテレビ朝日版(93分)の吹き替え版を収録した特典Blu-rayが付属している。

スタッフ[編集]

配役[編集]

当初、脚本段階では主役のヴェンクマン博士はジョン・ベルーシが演じる予定だったが、彼の急死によりビル・マーレイが演じることとなった。また、リック・モラニスが演じたルイス・タリーも、もともとはコメディアンのジョン・キャンディが打診されていた。キャンディはレイ・パーカー・ジュニアが歌う本作の主題歌のプロモーション・ビデオにカメオ出演している[4]

ゴーストバスターズの“頭脳”でもあるイゴン・スペングラー役には、チェビー・チェイスクリストファー・ウォーケンマイケル・キートンジェフ・ゴールドブラムジョン・リスゴークリストファー・ロイドケヴィン・クラインダスティン・ホフマンウィリアム・ハートリチャード・ドレイファスジェームズ・ウッズマルコム・マクダウェルが打診された。だが、もともと脚本にも参加してキャラクターを熟知していると言う理由で、ハロルド・ライミスが同役を演じた。

後に新人ゴーストバスターズとしてやって来る黒人のウィンストン・ゼッドモアは、エディ・マーフィーを構想していたとのことだが、マーフィーは同時期に撮影された『ビバリーヒルズ・コップ』を優先させたためにアーニー・ハドソンが演じた。彼以前にはグレゴリー・ハインズビリー・ディー・ウィリアムズリチャード・プライヤーも候補に入っていた。

ゴーザ役には当初、ピーウィー・ハーマンで知られるポール・ルーベンスデヴィッド・ボウイジョン・トラボルタも候補になったが、結局ユーゴスラビアのモデルであるスラビトザ・ジャバンが演じた。

ゴースト[編集]

ライブラリー・ゴースト
ニューヨークの市立図書館に出没した老女のゴースト。本やカードを飛ばしたりする。読書を邪魔されると恐ろしい形相となる。
アグリー・リトル・スパッド(醜い小さなジャガイモ)
高級ホテルのレストランに出没したゴースト。緑色発光性で食物に限らず食器やバケツごとたいらげてしまう。人そのものには粘液をかける以外の危害は加えない。
テラードッグ
デイナのマンションの屋上にある「ゴーザの寺院」の番犬。雌の「門の神ズール」と雄の「鍵の神ビンツ」の二頭がおり、デイナとルイスにとりついた。
破壊の神ゴーザ
世界に終末をもたらす神。世界を破壊するため身長約34メートル(112.5フィート)のマシュマロ・マンに変身した。
そのほか
レイモンドのベッドに現れたドリーム・ゴースト、地下鉄の入り口から現れたサブウェイ・ゴースト、タクシーで危険な運転をする腐乱したミイラの姿のタクシー・ゴーストなど。

ゲーム[編集]

コンピュータゲーム[編集]

ゴーストバスターズ
ジャンル アクションゲーム
対応機種 ファミリーコンピュータ [FC]
開発元 Workss
発売元 徳間書店
人数 1人
メディア ロムカセット
発売日 1986年9月22日
テンプレートを表示

本作のヒットに伴いパソコンゲームが発売され、日本国内でもファミコンにも移植され、発売された。しかしファミコン版は何をすれば良いのか判り辛い仕様や、所持金を延々と増やせるバグ、黒地の画面に「りり」と表示されるだけのエンディング(なお、「りり」はファミリーコンピュータMagazineの懸賞のキーワードだった)など問題点も多い(英語版ではプレイヤーをたたえる文字が表示されるが、誤字だらけである)。

この他、1990年Genesisメガドライブ)版でも発売されている[5]


RPG[編集]

1986年にウエスト・エンド・ゲームズ英語版からテーブルトークRPGが発売された。

このゲームの世界では、ゴーストバスターズ社がフランチャイズ化しており、プレイヤーはゴーストバスターズ社の社員となって、ゴースト退治の仕事を行う。

本ゲームにおいてゲームマスターは「ゴーストマスター」と称される。

その他[編集]

  • 劇中に登場する主人公達の白い車(Ecto-1)のベースは1959年型キャデラックで、霊柩車として実際に使われていたものを撮影用に改造している。
  • 1984年版ゴジラ』では、ゴジラ有楽町を襲うシーンに本作のマークが紛れている。
  • ユーザインタフェースマークアップ言語であるXUL(ズール)の名は、本作の登場人物Zuulに由来する。
  • アップルが、社内向けのビデオとして本作品のパロディである「Bluebusters(BlueはIBMの意)」を制作していた。ゴーストをIBM製コンピュータに置き換え、アップルがそれを退治するというストーリーになっている。[6]
  • 朝の連続ドラマ小説『あまちゃん』では、ゴーストバスターズ一部のシーンが、使われている。大向大吉(杉本哲太)の好きな曲だったが、東日本大震災の時にトンネルで停まった列車から外へ様子を見に行く時に、自分を鼓舞するかのようにこの曲を歌っていく。

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c Ghostbusters (1984)”. Box Office Mojo. 2009年11月3日閲覧。
  2. ^ 過去に発売されたDVDには納谷六朗と表記されているものがある。
  3. ^ 過去に発売されたDVDには大塚明人と表記されているものがある。おそらく、大塚明夫の間違いであるが、そちらも誤表記である。
  4. ^ 本作に挿入されているレイ・パーカー・ジュニアによるテーマ曲のプロモーション・ビデオには、本作に出演しているビル・マーレイをはじめとするメンバーのほか、チェビー・チェイスメリッサ・ギルバートジョージ・ウェントジョン・キャンディダニー・デヴィートピーター・フォークテリー・ガーアイリーン・キャラアル・フランケンカーリー・サイモンら豪華な顔ぶれがカメオ出演を果たしている。
  5. ^ Ghostbusters Sega
  6. ^ Apple Spoofed Ghostbusters in 1984 2012年9月1日閲覧

関連項目[編集]

外部リンク[編集]