盗作

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

盗作(とうさく)とは、他人の著作物にある表現、その他独自性・独創性のあるアイディア・企画等を盗用し、それを独自に考え出したものとして公衆に提示する反倫理的な行為全般を指す。「剽窃(ひょうせつ)」とも呼ばれる。オマージュパロディとは区別される。

盗作は学業不正及び報道倫理の侵犯と見做され、それに対しては罰金、停職、追放などの処分が行われる。盗作は必ずしも犯罪とはならないが、学業や産業の分野においては深刻な倫理、道義違反とされる。

学業の分野においては、学生、研究者、調査者によって行われた剽窃は学業不正及び学問に対する欺瞞と見做され、譴責の対象となり、その後追放を含めた処分が行われる。

パクリ[編集]

盗作の類義語として用いられる用語に「パクリ」がある。「パクリ」とは、盗んだもの、盗んだことを意味する名詞である。また、盗作よりも広義であるため、著作権侵害とは関係のない場面においても使われる。→ぱくりを参照

学術界[編集]

学術界や高等教育界で発表・提出された文書(学術出版、論文、書籍、レポート、申請書など)での盗作については、「盗用」を参照のこと。

関連項目[編集]

関連書籍[編集]