キンダガートン・コップ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
キンダガートン・コップ
Kindergarten Cop
監督 アイヴァン・ライトマン
脚本 マーレイ・セーラム
ハーシャル・ウェイングロッド
ティモシー・ハリス
原案 マーレイ・セーラム
製作 アイヴァン・ライトマン
ブライアン・グレイザー
製作総指揮 ジョー・メジャック
マイケル・C・グロス
出演者 アーノルド・シュワルツェネッガー
音楽 ランディ・エデルマン
撮影 マイケル・チャップマン
編集 ブルーノ・ルペオ
製作会社 イマジン・エンターテインメント
配給 アメリカ合衆国の旗 ユニバーサル映画
日本の旗 UIP
公開 アメリカ合衆国の旗 1990年12月21日
日本の旗 1991年6月29日
上映時間 111分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $15,000,000[1]
興行収入 $201,957,688[1]
テンプレートを表示

キンダガートン・コップ』(原題: Kindergarten Cop)は、1990年公開のアメリカ合衆国コメディ映画

あらすじ[編集]

麻薬密売組織のボスを追っている刑事のキンブル。やっと掴んだ標的の手掛かりはボスの別れた妻が小さい子供とボストン近郊の住宅地に住んでいるという事だけで、名前も分からない。子供が通っている幼稚園だけは判明したため内情調査のために潜入捜査の段取りがつけられるが保母役の女性刑事が急性の食中毒で登校できなくなる。相棒の代わりにキンブル自ら幼稚園に保父として潜入。対面早々で、容赦無いダメ出しを食らうなど凄腕刑事も30人の幼稚園児のパワーには翻弄されっぱなし。ヘコんでしまった彼だが同僚のジョイスに励まされ園児たちと交流を深めていく。潜入捜査を知りながら危なっかしく思っていた園長のミス・シュロウスキーも、子供を虐待する父親を殴ったキンブルを叱りながらも暖かく見守ってくれる。自分の生き方を振りかえりながら子供たちを眺めるキンブルだが、悪との対決の時間もまた迫っていた。

スタッフ[編集]

登場人物[編集]

ジョン・キンブル
演:アーノルド・シュワルツェネッガー
ロサンゼルス市警の鬼刑事。フェレットを飼っている。飛行機内で騒ぐ子供達に目の前で鉛筆を親指でへし折って「これ以上喚くとこうなるぞ・・・」と叱るくらい子供嫌い。
目を離した隙に教室で好き放題する園児達に激昂して「黙れ!!」と一喝して、モーテルに戻ったときには疲れ果てた。
しかし夜、オハラの励ましで「警察学校」を開校したり、警笛を鳴らす位、スパルタ方針で指導する。
クリスプ戦の後、入院するが退院後温かく園児たちが出迎えてくれた。
ジョイス・パルミエリ
演:ペネロープ・アン・ミラー
キンブルが担当する園児ドミニクの母親で、同園の女教師。
ドミニク・パルミエリ
演:ジョセフ・カズンズ、クリスチャン・カズンズ
ジョイスとクリスプの子供。ジョンが家庭訪問に来た時、自宅周辺に作った秘密基地を見せて悪人達から防衛を試みる。ある夜、レーザー砲をテレビ搭に設置しようとするが命綱無しで梯子を上っている途中、鳥に驚いて宙吊りになるがジョンに助けられる。
オハラ
演:パメラ・リード
ロサンゼルス市警の女刑事。保母の経験があるから臨時教員になる前に食中毒モーテルで待機する。
ジョンとパルミエリ親子と一緒に食事に入る時、兄妹を演じた。
ジョンに続いて臨時教員になった後、園児に「知らない人に絶対ついて行ってはいけない。」と教室で指導するが園児に「子供同士や相手ならいいの?」と例外を指摘されるが「大丈夫よ。」と答える。
ヘンリー
演:ボブ・ネルソン
オハラの婚約者、モーテルの部屋にいたが、ジョンに侵入者と間違えられベレッタで脅される。
トイレで着替える前に大慌てで股間をクッションで隠す位お茶目。ジョンの見舞いで結婚式に招待した。
シュロウスキー
演:リンダ・ハント
小学校の校長(幼稚園は小学校付属)。面接の時に園児たちに一切の危害が及ばないように注意し、避難訓練のとき全校生徒に拡声器で「脱出に長い時間を費やすようなんて期待外れです。」と諭す。
ジョンがザックの父を懲らしめた後、校長室にジョンを呼び出し、経歴詐称を指摘した上「フェレットを皆に見せたり警笛を鳴らすのは憤慨に値するわ。」と叱るが「あなたはすばらしい先生よ。」と褒める。
カレン・クリスプ
演:リチャード・タイソン
麻薬密売組織のボス、先妻の息子ドミニクを探していた。
幼稚園にドミニクがいると知ると、園内の図書室放火し、その騒ぎにまぎれてドミニクをさらう。
更衣室でジョンに見つかってドミニクを人質にするが、ドミニクが懐に隠していたジョンのフェレットに首を噛まれ激痛でジョンの脚を誤射し、ベレッタで3倍にして撃ち返されて死んだ。
ダニー
演:トム・カーランダー
シンディの交際相手、クリスプにパルミエリ家の住所を有料で教えるが、サイレンサーで射殺される。
シンディ
演:アリックス・コロムゼイ
ダニーの交際相手。
エリノア・クリスプ
演:キャロル・ベイカー
クリスプの母親、クリスプが幼稚園に居ると知ると、車でオハラをはねて銃を奪う。
更衣室でクリスプがジョンに射殺されたところを目撃すると、ジョンの肩を撃ち、ベレッタの弾倉を抜いて部屋の隅に追い詰めて孫の居場所を問い詰めるが、オハラにバットで2発殴られて気絶した。
ザック・サリバン
演:ジャスティン・ページ
ジョンのクラスの自閉症児。オモチャの車をぶつけ合わせる遊びをする位くらい根暗で、他の園児達に「ウンチ面」と連呼されるがジョンに「静かに、いい加減にしろ。」と弁護される。また家庭内暴力に遭っていて脚や首に痣がある。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
ソフト版 テレビ朝日
ジョン・キンブル アーノルド・シュワルツェネッガー 大塚明夫 玄田哲章
ジョイス ペネロープ・アン・ミラー 土井美加 佐藤しのぶ
オハラ パメラ・リード 弥永和子 小宮和枝
シュロウスキー リンダ・ハント 京田尚子
クリスプ リチャード・タイソン 鈴置洋孝 江原正士
クリスプの母親 キャロル・ベイカー 竹口安芸子 小沢寿美恵
ドミニク ジョセフ・カズンズ 大谷育江 林勇
クリスチャン・カズンズ
ヘンリー ボブ・ネルソン 辻親八 斎藤志郎
ジリアン キャシー・モリアーティ 小宮和枝
スチュワーデス アンジェラ・バセット
演出:壺井正、翻訳:宇津木道子
その他の声の出演:若林久弥雨蘭咲木子岩田安生藤木聖子中博史益富信孝石波義人小山田詩乃宮寺智子水野龍司相沢正輝相沢恵子平尾仁彰堀部隆一

脚注[編集]

  1. ^ a b Kindergarten Cop (1990)”. Box Office Mojo. 2009年11月3日閲覧。

外部リンク[編集]