横山智佐

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
よこやま ちさ
横山 智佐
プロフィール
愛称 ちさぽん
ちさタロー
出生地 日本の旗 日本東京都墨田区
生年月日 1969年12月20日(44歳)
血液型 B型
所属 横山智佐事務所「バンビーナ」
配偶者 あり
活動
活動時期 1987年 -
デビュー作 ナラ・フェリス(『ブラックマジック M-66』)
声優テンプレート | プロジェクト | カテゴリ

横山 智佐(よこやま ちさ、1969年12月20日 - )は、日本女優声優。横山智佐事務所「バンビーナ」所属。かつてアーツビジョンに所属していた。東京都墨田区出身。

来歴[編集]

3姉妹の末っ子。

高校生の頃に休日を利用して勝田声優学院に通っていた。しかし講師の勝田久から「発声の仕方がまるでダメ」と劣等生の烙印を押され、悔し涙を流したというエピソードがある。元々歯並びが良くなかった事が発声に悪影響を与えていたので、200万円出して歯の矯正をしたという。

1987年に18歳でOVA『ブラックマジック M-66』(ナラ・フェリス役)でデビュー。声優を志すきっかけになったのは、テレビで放映された映画『ルパン三世 カリオストロの城』を観て感激したことから(横山は「ルパン三世に会いたかった」と表現している)。エッセイ集のタイトルは『ルパンに会いたくて』としており、大塚康生モンキーパンチのイラストが表紙を飾っており、同作品のヒロイン・クラリスのように窓から忍び込んでプロポーズされたい、とも書いている。2008年7月28日の「BSアニメ夜話SP 『とことん!ルパン三世』」にルパンファンの観覧客にまぎれて出演している。

1987年、高校三年に在学中から『週刊少年ジャンプ』で連載されていた読者コーナー「ジャンプ放送局」のアシスタントに抜擢され、同コーナー終了まで延べ8年間務め上げた。仕事に妥協を許さない局長さくまあきらの厳しい指導には、何度か泣かされたこともあったと自著のエッセイで述べている。ちさタローの愛称はこの頃からで、最初はちさ姫と呼ばれていたが「もっと親しみやすく」という理由でちさタローに改められた。初登場の時は黒縁メガネをかけていた(のちにコンタクトレンズを使用するようになったためそれに伴いメガネなしの描写に変更された)。

初期の作品には元気な少女役・鳥役で出演することが多かった[1]。また、『おぼっちゃまくん』の主演声優である神代知衣が産休の時は代役をつとめた。

1990年テレビアニメNG騎士ラムネ&40』のヒロイン・ミルク役に出演。1992年に『レッドカンパニー開発PCエンジンアドベンチャーゲーム銀河お嬢様伝説ユナ』の主人公・神楽坂優奈を演じ、若手声優の一人として頭角を現し始める。

1996年にテレビゲーム『サクラ大戦』のヒロイン・真宮寺さくら役として出演。これを皮切りに、以降のシリーズ続編や派生作品などに出演し、人気を集めた。舞台公演『サクラ大戦 歌謡ショウ』では10年の間「真宮寺さくら役」として出演し、初演『愛ゆえに』ではおぼつかなかった殺陣は最終公演『新 愛ゆえに』で100手の殺陣をこなし、バック転、激しいダンスを踊りながら歌うまでに上達した。ミュージカルの世界に関心を持ったきっかけは、28歳の時、『ミュージカル サクラ大戦』(南青山少女歌劇団主演)のゲスト出演時であると、著作『わたしの愛したゲームキャラ』に書かれている。なお、『歌謡ショウ』に出演した役者陣とは10年の時間を共に過ごしたこともあり現在も親交がある。ちなみに実際のゲームの『サクラ大戦』は少し難しいとBS放送で『サクラ大戦』の映画を放送した際にゲストとして出演した番組で告白している。

声優のキャリアは豊富であり、様々な性格の少女を演じている。頻度は少ないが少年役の経験もあり、黄色いドラえもんの声を担当したことでも知られる。広井王子原作のゲーム作品の常連であり、前述の『サクラ大戦』『機動新撰組 萌えよ剣』と二度も主演したのは彼女のみである。音楽活動にも積極的であり、三ツ矢雄二総合プロデュースの下、鈴木真仁と音楽ユニット「Pink Rainbow」を組んでいる。

声優仲間では高橋美紀冬馬由美と親交があり、『銀河お嬢様伝説ユナ』シリーズで共演したこともある。

2009年11月3日、自身の公式ブログで結婚を発表(届け出は11月1日)。夫はロックバンド“トライポリズム”でベース担当だったチャカ[2]で、11歳歳下。『サクラ大戦』のゲーム最終作発売時での雑誌インタビューでは「ゲームとは逆に自分自身は結婚願望が無い」と語っていた横山だったが、この日のブログでは「39歳と10ヶ月にして初めて戸籍をいじることができました」と、独特の言い回しで喜びを表現した[3]

2014年4月19日、第1子妊娠を発表[4][5][6]

人物[編集]

プロ野球に造詣があり、読売ジャイアンツファン。特に桑田真澄投手がお気に入りだった。「ジャンプ放送局」時代から熱心に応援していた。

SMAP香取慎吾のファンでもある。舞台の宣伝を兼ねて出演した『笑っていいとも!』で香取との共演は実現しているが、その時は『ノンタンといっしょ』で共演した千秋との絡みがクローズアップされたため香取と会話の機会は殆どなかった。

森川智之とは養成所時代からの親友(森川談)。自身のエッセイ(『ルパンに会いたくて』シリーズ)にも森川との写真が掲載されている。

オペラ歌手横山美奈で、二人で横山ホットシスターズ名義で劇場版アニメ『ハーメルンのバイオリン弾き』の主題歌を歌ったことがある。また、『サクラ大戦』スーパー歌謡ショウでは歌唱指導を行い、共演をしたこともある。

2002年、1997年から2000年の間に撮影した夕食写真とコメントで構成したブログ風の本『1000日の夕食』を出版した。

エピソード[編集]

アーツビジョンを辞めた後、オーストラリアに1年間語学留学をした。その際声優仲間から“1年も日本から離れたら仕事の依頼がなくなるのではないか”と心配された。留学以前から帰国後しばらくの間、ホビー雑誌『B-CLUB』にコラム「横山智佐の声優写真日記」を連載しており、その中で、「留学前はいろいろと上手いことを言って寄ってくる人がたくさんいたが、留学から帰ってきて本当に自分を必要としてくれる人が誰なのかが分かった」と書いている。 またそのコラムの中で、『ガリバーボーイ』のゲームのヒロインを演じたているが、TV化の企画が出た際、キャスト変更するので改めてオーディションに来てほしいと言われ釈然としなかったという。面接の際に「何故わざわざキャスト変更するのか」「オーディションを開けば誰でも来ると思わないで」と歯に絹を着せずに面と向かって疑問をぶつけた旨を書いている(横山のキャスティング変更はされなかった)。

機動新撰組 萌えよ剣』において、主人公・坂本竜之介を演じるに当たってわざと二重顎を作って低い声で演じていた。横山はキャラクターデザイン担当である高橋留美子のファンだったため、出演できた事に喜びを感じていたという。当作品の原作者は広井王子である。

銀河お嬢様伝説ユナ』では主人公の神楽坂ユナのライトスーツのコスプレを披露している。青いハイレグレオタードをベースにした露出度の高いコスチュームで、この姿はホビージャパンのMOOKにおいてフィギュアも作られている。

2005年、地下鉄の駅のエスカレーターでぶつかったサラリーマンと口論になり暴行を受けて新聞沙汰になった(サラリーマンはそのまま逃走)。

2009年8月29日原付バイクで走行中に停車中の車のドアが突如開いて乗っていた原付バイクを直撃。左ひじ骨折(全治三週間)の怪我を負った。ブログでは包帯で腕を吊った姿や傷跡を公開した。

出演作品[編集]

太字は主役・メインキャラクター

テレビアニメ[編集]

1988年

  • それいけ!アンパンマン(ピザパイむすめ、タマゴサンドぼうや〈初代〉、ドレミくん、てぶくろまんA、パエリアさん、いくらどんちゃん、スケールちゃん〈初代〉、トンボくん、青ドキンちゃん、ビビンバくん〈2代目〉、キャンディナイト、ピラフちゃん、かしわもちまんA、てるてるぼうずまん〈2代目〉、ラッピちゃん、バナナマン〈3代目〉)

1989年

1990年

1991年

1992年

1993年

1994年

1995年

1996年

1997年

1998年

1999年

2000年

2001年

2002年

2003年

2004年

2005年

2006年

2008年

2009年

2012年

2014年

OVA[編集]

1987年

1991年

1992年

1993年

1994年

1995年

1996年

1997年

1998年

1999年

2002年

2003年

劇場アニメ[編集]

1991年

1994年

1995年

1996年

1998年

2001年

2002年

2013年

ゲーム[編集]

1989年

1992年

1993年

1994年

1995年

1996年

1997年

1998年

1999年

2000年

2001年

2002年

2003年

2004年

2005年

2006年

2007年

2008年

2009年

2011年

2012年

2013年

2014年

吹き替え[編集]

実写[編集]

MC[編集]

CM[編集]

  • 銀河お嬢様伝説ユナ(神楽坂ユナ)
  • サクラ大戦2 〜君、死にたもうことなかれ〜(真宮寺さくら)
  • 火星物語(母親役)
  • スーパーロボット大戦A PORTABLE(スバル・リョーコ)

舞台[編集]

ラジオ[編集]

CD[編集]

シングル[編集]

アルバム[編集]

  • 7つの恋の物語(公募によって題名が決まったものが一曲ある)
  • 恋愛の才能(公募によって題名が決まったものが一曲ある)
  • ミニベスト
  • A-B-Chisa(えびちさ)
  • f【éf】
  • Chisa and The Heaven & Earth Band Live In L.A.
  • マジカル・ファンタジー・ワールド
  • LOVeの伝説(フラワーチルドレンとして)
  • ふたり(フラワーチルドレンとして)
  • Best Selection

CDドラマ[編集]

著書[編集]

  • ルパンに会いたくて…横山智佐・声優への道
  • ルパンに会いたくて…〈2〉横山智佐・声優ほやほや物語
  • ルパンに会いたくて…〈3〉―横山智佐・声優バリバリ奮闘記
  • 天使がくれた休日
  • ちさタローの卒業アルバム
  • わたしが愛したゲームキャラ
  • 1000日の夕食

バラエティ番組[編集]

その他[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 横山智佐『わたしが愛したゲームキャラ』より。
  2. ^ トライポリズムは2008年に結成された美勇士率いるスリーピースバンド。 チャカは結成メンバーの1人だったが2011年に脱退。 ようこそトライポリズムの世界へ! - トライポリズムとは、”. トライポリズムHP. 2013年10月29日閲覧。
  3. ^ (cache)声優の横山智佐 11歳年下ロッカーと結婚”. スポニチAnnexウェブ魚拓によるキャッシュ) (2009年11月3日). 2013年10月29日閲覧。
  4. ^ 声優横山智佐が第1子妊娠5カ月(ニッカン)
  5. ^ 声優の横山智佐が妊娠を発表!44歳「しっかり産みたい」(スポニチ)
  6. ^ ご報告です(*^_^*)(ちさくら部 横山智佐のケータイ日記)
  7. ^ キャラクター G.I.編”. HUNTER×HUNTER. 2012年12月10日閲覧。
  8. ^ それでも世界は美しい : アニメ版キャストに潘恵子、池田秀一、櫻井孝宏ら”. MANTANWEB(まんたんウェブ). 2014年3月14日閲覧。
  9. ^ CAST&STAFF”. 『劇場版 HUNTER×HUNTER―The LAST MISSION―』公式サイト. 2013年11月22日閲覧。
  10. ^ 『PROJECT X ZONE(プロジェクト クロスゾーン)』カプコン、セガ、バンダイナムコゲームスの3社が協力して放つ最新作!”. ファミ通.com. 2012年4月12日閲覧。
  11. ^ 『PROJECT X ZONE(プロジェクト クロスゾーン)』登場キャラクター紹介!”. ファミ通.com. 2012年7月25日閲覧。

外部リンク[編集]