虐待

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

虐待(ぎゃくたい)とは、自分の保護下にある者(ヒト、動物等)に対し、長期間にわたって暴力をふるったり、日常的にいやがらせや無視をするなどの行為を行うことを言う。一言に虐待といっても、対象や種類は様々である。英語の"abuse"は「濫用」という意味だが日本語に翻訳する時その言葉が指していた虐待(や酷使)を使う事にした。

虐待行為の分類[編集]

身体的虐待 
対象に身体的暴力を加える
心理的虐待 
対象に心理的暴力を加える
性的虐待 
対象に性的暴力を加える
経済的虐待(金銭的虐待) 
対象に金銭を使わせない、あるいは勝手に使う
ネグレクト(養育放棄・無視) 
対象に必要な資源を提供しない

その他の虐待(未だ定義が不十分なもの)[編集]

教育虐待
教育ママなどにより、家庭において勉強を強制するための身体的、心理的虐待やネグレクトなど[1]
組織内での虐待やパワーハラスメント(会社や軍隊など)
組織内で上の立場の者が下の者に対して行われる身体的、心理的、性的虐待やネグレクトなど。時津風部屋力士暴行死事件や自衛隊内でのいじめ、大津市中2いじめ自殺事件における子供を守るべき立場の教師が事態を放置した事実など。

虐待の対象による分類[編集]

代表的な虐待事件[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 教育虐待:勉強できる子になってほしい……過剰な期待- 毎日jp(毎日新聞)

関連項目[編集]