カーリー・サイモン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アカデミー歌曲賞受賞のカーリー・サイモン(1989年)

カーリー・サイモンCarly Simon、Carly Elisabeth Simon、1945年6月25日 - )は、アメリカのシンガーソングライター、歌手。

略歴[編集]

ニューヨーク出身でとても裕福な家庭の子女として育った。父親は米国の大手出版社サイモン&シュスター(en)創業者のen:Richard L. Simon1964年に姉のルーシーとフォーク・デュオのサイモン・シスターズを結成する。1971年にソロ・デビューを果たし、「幸福のノクターン」がヒットした。同年のグラミー賞最優秀新人賞を受賞。1972年に、ミック・ジャガーとポール・マッカートニーがバックボーカルで参加した「うつろな愛 (You're So Vain) 」(プロデュースはリチャード・ペリー)が全米1位の大ヒットとなる。同年にはジェームス・テイラーと結婚し、後に2児をもうけた(テイラーとは1983年に離婚)。1974年には二人のデュエットによるカバー曲「愛のモッキンバード」がヒットした。

サイモンは1970年代前半のシンガーソングライター・ブームの一翼を担った。内省的なアーティストが多かった中で、サイモンはよくも悪くも明るく活動的なイメージを持ち、女性アーティストとしてはキャロル・キングジョニ・ミッチェルと並ぶ人気を誇った。

1977年には映画「007 私を愛したスパイ」の主題歌 "Nobody Does It Better" をヒットさせている。さらに1978年には「ユー・ビロング・トゥ・ミー」を発表。 1989年には映画「ワーキング・ガール(Working Girl)」の主題歌「ステップ・バイ・ステップ(Let the River Run)」でアカデミー歌曲賞を受賞している。 2005年にスタンダードのカバー集「ムーンライト・セレナーデ(Moonlight Serenade)」が久々のヒットとなった。

外部リンク[編集]