ノーラ・エフロン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ノーラ・エフロン
Nora Ephron
ノーラ・エフロンNora Ephron
2010年、夫・ニコラス・ピレッジ (左)とともに
生年月日 1941年5月19日
没年月日 2012年6月26日(満71歳没)
出生地 ニューヨーク
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
配偶者 ダン・グリーンバーグ (1967-1976)
カール・バーンスタイン (1976-1980)
ニコラス・ピレッジ (1987-2012)
主な作品
脚本
シルクウッド
恋人たちの予感
監督・脚本
めぐり逢えたら
ユー・ガット・メール
ジュリー&ジュリア

ノーラ・エフロン(Nora Ephron1941年5月19日 - 2012年6月26日)はアメリカ合衆国ニューヨーク州出身の脚本家映画監督である。

ロマンティック・コメディの名手として知られ、いずれもメグ・ライアンが主演となった『恋人たちの予感』『めぐり逢えたら』『ユー・ガット・メール』で知られている。これまで3回アカデミー賞候補になっている。

略歴[編集]

両親共に脚本家で(父はヘンリー・エフロン、母はフィービー・エフロン)2人の姉妹も脚本家(エイミー・エフロン、デリア・エフロン)。ユダヤ系で、ビバリーヒルズで育つ[1]

ウェルズリー大学で学び、インターンとしてホワイトハウスに入ったこともある。ニューヨーク・ポストで記者として働いていたがシナリオ・ライターに転進した。

1983年、共同で脚本を書いた『シルクウッド』がアカデミー賞にノミネートされ注目される。その後、『恋人たちの予感』『めぐり逢えたら』で計3回脚本賞にノミネートされた。

1992年、『ディス・イズ・マイ・ライフ』で監督としてデビュー。その後、トム・ハンクスメグ・ライアンの共演の『めぐり逢えたら』が大ヒット、その後2人の再共演が話題となった『ユー・ガット・メール』が自身最高の興行収入を記録するなど、ハリウッドを代表する女性監督の一人として活躍した。

ウォーターゲート事件の記者、カール・バーンスタインと結婚していた時期がある。その結婚の様子が「心みだれて」という映画になっている。

脚本家時代を加えるとメグ・ライアンとは通算4度タッグを組んでおり、特に『恋人たちの予感』『めぐり逢えたら』『ユー・ガット・メール』はライアンとエフロン双方の代表作となっており、また2人がロマンティック・コメディの女王・名手などの異名を馳せるようになった作品群となっている。また、メリル・ストリープとも3度タッグを組んでおり、その内2回で彼女はアカデミー賞の主演女優賞候補となっている[2]

2012年6月26日白血病のため死去[3]。71歳没。

主な作品[編集]

著書[編集]

  • ハートバーン Heartburn (『心みだれて』原作、松岡和子訳、河出書房新社、1986年)
  • ママのミンクは、もういらない(『アメリカ・コラムニスト全集』) Crazy Salad Plus Nine小沢瑞穂訳、東京書籍、1992年)
  • 首のたるみが気になるの I Feel Bad About My Neck: And Other Thoughts on Being a Woman阿川佐和子訳、集英社、2013年)

脚注[編集]

  1. ^ “Get real – ageing’s not all Helen Mirren”. The Times. (2007年3月4日). http://women.timesonline.co.uk/tol/life_and_style/women/article1466183.ece 2007年8月16日閲覧。 
  2. ^ いずれも実在の人物を演じた『シルクウッド』(カレン・シルクウッド役)と『ジュリー&ジュリア』(ジュリア・チャイルド役)。また、残りの1作の『心みだれて』ではエフロン自身をモデルとした役柄を演じている。
  3. ^ Nora Ephron dies at 71 EW.com 2012年6月27日閲覧

外部リンク[編集]