ハル・デヴィッド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
2011年撮影

ハル・デヴィッド( "Hal" David)、本名ハロルド・レイン(Harold Lane、1921年5月25日– 2012年9月1日)、アメリカ人作詞家ディオンヌ・ワーウィックが歌った曲をバート・バカラックと共作したことで知られる。

生涯[編集]

水色がブルックリン地区

1921年ニューヨークで惣菜屋の息子として生まれ[1]ブルックリンで育った。1940年代にバンドリーダーのサミー・ケイやGuy Lombardoとの共作でデビュー。The Three Sunsのモーティー・ネヴィンスと共作し映画『Two Gals and a Guy』(1951)に4曲採用された。

1957年ブリル・ビルディング内のフェイマス・ミュージック事務所でバカラックと出会い、『The Story of My Life』(歌唱:マーティー・ロビンス)という曲を二人で制作し同年ヒットした。『The Story of My Life』はMichael Hollidayが録音、1958年にイギリスで一位となった。ちなみにその次の一位はペリー・コモの『マジック・モーメンツ(Magic Moments)』だった。


その後2人は1970年代初期までに

らに楽曲を提供した。

これらの楽曲には

などがある。

映画関係ではオスカー入選の

オスカー奪取の『雨にぬれても』(1969年の映画『明日に向かって撃て!』の挿入歌)などがある。

『Don't Make Me Over』 『(They Long to Be) Close to You』『Walk On By』はグラミーの殿堂に入った。

他に、

を書いた。

ポール・ハンプトン英語版との"Sea of Heartbreak"はドン・ギブソンらが歌い、カントリーのスタンダードになった。

このほかにも『愛はすべてを越え』("We Have All the Time in the World")はジョン・バリーとの共作で[ルイ・アームストロング]]が1969年の映画『女王陛下の007』の主題歌として歌った。1979年にはバリーと再び組んで「ムーンレイカー」を制作し、シャーリー・バッシーが映画 『007 ムーンレイカー』の主題歌として歌った。

2011年、バカラックとともにガーシュイン賞を受賞。すでに病を得ており、授賞式には出席できなかった。

2012年の9月の朝、心臓発作で死去[2]。91歳没[3]

名誉と達成[編集]

ブロードウェイ作品[編集]

参照[編集]

外部リンク[編集]