サラ・ローレンス大学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
キャンパス最古の建築ウェストランズ

サラ・ローレンス大学(Sarah Lawrence College)はアメリカ合衆国ニューヨーク州ウエストチェスター郡にある私立のリベラルアーツ・カレッジである。キャンパスはニューヨークから北に電車で30分ほどのヨンカーズ市にある。1926年に女子大学として設立され、1966年からは男女共学になっている。人文科学舞台芸術、執筆の分野で有名[1]

概要[編集]

歴史[編集]

サラ・ローレンス大学は1926年、不動産王のたウィリアム・ヴァン・ドゥーザー・ローレンス(William Van Duzer Lawrence)によって女子大学として設立された。「サラ」とは彼の妻の名前である。

キャンパス[編集]

著名な在籍者、卒業生[編集]

著名な教員[編集]

外部リンク[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 作家の有吉佐和子が1959年から1960年にかけてロックフェラー財団の奨学金を得て9か月間留学していて明石康などと知り合う(後藤正治『天人 深代惇郎と新聞の時代』(講談社 2014年)pp.177-181)。