ナンシー・ヒューストン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ナンシー・ヒューストン

ナンシー・ヒューストンNancy Huston, 1953年9月16日 アルバータ州カルガリー生まれ)は、カナダ生まれの小説家文学者

15歳のときアメリカ合衆国ニューハンプシャー州 ウィルトンに移住。ニューヨークサラ・ローレンス大学に学ぶ。1973年パリに渡り、ロラン・バルトの指導のもとに博士論文執筆。 文芸理論家ツヴェタン・トドロフと結婚。現在パリ在住。 最初の小説 Les Variations Goldberg(1981年)がコントルポワン賞(Prix Contrepoint)を受賞、フェミナ賞にノミネートされる。以来フランス語・英語の両方で小説を発表している。2006年Lignes de faille(邦題『時のかさなり』)でフェミナ賞受賞。

主な日本語訳[編集]

  • 『愛と創造の日記』 高頭麻子訳、晶文社、1997年。
  • 『天使の記憶』横川晶子訳、新潮社〈新潮クレスト・ブックス〉、2000年。
  • 『時のかさなり』横川晶子訳、新潮社〈新潮クレスト・ブックス〉、2008年。