ジョン・レジェンド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジョン・レジェンド

ジョン・レジェンド: John Legend、本名:ジョン・スティーブンス(John Stephens)、1978年12月28日 - )は、アメリカ合衆国R&B、ソウル歌手、ソングライター、ピアニスト。[1]

バイオグラフィー[編集]

オハイオ州スプリングフィールドに生まれた。幼少のころからクラシックピアノやゴスペルに親しみ、教会の聖歌隊で歌っていた。学生時代は勉学にも優れた人気者であった。高校では生徒会長を務め、卒業式の式辞朗読者を担当。また映画やドラマでよく観るように、米国の高校ではダンスパーティ(プロム)が一大イベントとなっているが、ジョンはプロムキング(生徒の投票で決め有名だったり、人気がある人がキングとクイーン」)に輝いている。高校を16歳で卒業し、アイビー・リーグに属するペンシルベニア大学に進学。英語・英文学を専攻し、アフリカ系アメリカ人文学・文化を重点的に学んだ。

大学ではPenn Counterpartsというアカペラグループに所属した。このグループは、米国の大学アカペラ・グループのなかでもベストに数えられる存在である。大学卒業後、最初に就職したのは、世界的に有名なコンサルティング・ファームであるボストン・コンサルティング・グループであった。メジャー・デビュー前は本名のジョン・ステファンズ名義でライブ音源を数枚リリースしており、ブラック・アイド・ピーズのツアーに帯同していた時期もある。他のR&B系アーティスト(ローリン・ヒルアリシア・キーズジャネット・ジャクソンメアリー・J・ブライジなど)のアルバムにも多数参加している。

カニエ・ウェストとの出会いは、大学時代のジョンのクラスメートにカニエの従兄弟がおり、彼から紹介を受けたことに始まる。'05年と'07年には来日公演も果たしている。第48回グラミーではBEST R&B ALBUM、BEST MALE VOCAL PERFORMANCE、BEST NEW ARTISTの見事3部門受賞。2006年11月発売のCHEMISTRYのシングル遠影にてピアノ客演している。同シングルにはジョンのピアノをより強調したピアノff.verも収録されている。但し、それぞれ別録音であったため、対面はしていない。

MTV Video Music Awards Japan 2006で共演した平井堅は、ジョンは礼儀正しく親しみやすい人、と語っていた(2007年1月19日ミュージックステーションでの発言にて)。

ディスコグラフィー[編集]

アルバム[編集]

  • Live At Jimmy's Uptown (2001)※John Stephens名義
  • Live At SOB's (2002)※John Stephens名義
  • Solo Sessions Vol. 1: Live At The Knitting Factory (2003)※John Stephens名義
  • Get Lifed (2004)
  • Get Lifed リミテッド・エディション(2004)
  • Once Again (2006)
  • Sounds Of The Season: The John Legend Collection (2006)
  • Live From Philadelphia (2008)
  • Evolver (2008)
  • Love in the Future (2013)

他ミックステープ等多数

シングル[編集]

  • Used to Love U
  • Ordinary People
  • Number 1
  • So High
  • Save Room
  • Heaven
  • P.D.A. (We Just Don't Care)
  • Stereo
  • Another Again
  • Slow Dance
  • Green Light
  • If You're Out There

日本公演[編集]

1月10日 なんばHatch、11日 東京国際フォーラムホールA、13日 名古屋クラブダイアモンドホール
03月12日(水)1st/2nd BLUENOTE東京、03月13日1st/2nd BLUENOTE東京
10月01日 パシフィコ横浜

外部リンク[編集]

  1. ^ John Legend | Biography | AllMusic - Artist Biography by Wade Kergan - 2014年12月9日閲覧