ベルト・ケンプフェルト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ベルト・ケンプフェルトベルト・ケムプフェルトとも表記、Bert Kaempfert、1923年10月16日 - 1980年6月21日)は、ドイツハンブルク生まれの指揮者作曲家編曲家

第二次世界大戦中は、ドイツ海軍に所属して敗戦で捕虜収容所を経験。1950年代から、当時の西ドイツのポリグラム社のプロデューサーをする傍ら、自身の楽団の活動も行う。

楽団初期は、トランペット・ソロを生かしたアレンジによる楽曲が多く、1958年に発売された「真夜中のブルース(Midnight Blues)」が、彼の日本での初めてのヒットとなる。その後も「愛の誓い(Till)」、「星空のブルース(Wonderland by Night)」と立て続けにヒットを放ち、特に後者は1961年に、全米TOP100の第1位に輝いた。また1963年には、「ジンゴ・ジャンゴ(Jingo Jango)」を全米TOP100の8位に送り込んでいる。

日本では、彼の楽曲の題名の最後に「ブルース」と邦題が付く曲が多い傾向は、後の日本のポピュラー音楽の邦題のネーミングにも影響を及ぼした。例えば、1962年に全米TOP100の1位に輝いた、アッカー・ビルクの「Stranger on the Shore(直訳:渚の見知らぬ人)」は、この影響を受け、邦題が「白い渚のブルース」と付けられた経緯がある。

ザ・ビートルズのプロデュースをしたことでも有名で、1961年から1962年にかけてハンブルクでステレオ録音を行い、彼らのアルバム、シングルを発表した(ビートルズのポリドール・セッション)。

1980年にスペインマジョルカ島の自宅で、心臓発作に襲われ死去。56歳であった。

主なヒット曲・提供曲[編集]

など

関連項目[編集]