パーティーはそのままに

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
パーティーはそのままに
ビートルズ楽曲
収録アルバム ビートルズ・フォー・セール(ビートルズ '65)
リリース 1964年12月4日
録音 アビー・ロード・スタジオ 1964年9月29日
ジャンル ロック
時間 239 (monaural version)
2分34秒 (stereo version)
レーベル EMIパーロフォンキャピトル・レコード
作詞者 レノン=マッカートニー
プロデュース ジョージ・マーティン
ビートルズシングル盤 U.S. 年表
アイ・フィール・ファイン
b/w
シーズ・ア・ウーマン
(1964年)
エイト・デイズ・ア・ウィーク
b/w
パーティーはそのままに
(1965年)
涙の乗車券
b/w
イエス・イット・イズ
(1965年)
ビートルズシングル盤 日本 年表
メドレー:カンサス・シティヘイ・ヘイ・ヘイ・ヘイ
b/w
アイル・フォロー・ザ・サン
(1965年)
  パーティーはそのままに
b/w
みんないい娘
(1965年)
涙の乗車券
b/w
イエス・イット・イズ
(1965年)
ビートルズ・フォー・セール(ビートルズ '65) 収録曲
A面
  1. ノー・リプライ
  2. アイム・ア・ルーザー
  3. ベイビーズ・イン・ブラック
  4. ロック・アンド・ロール・ミュージック
  5. アイル・フォロー・ザ・サン
  6. ミスター・ムーンライト
  7. メドレー:「カンサス・シティヘイ・ヘイ・ヘイ・ヘイ
B面
  1. エイト・デイズ・ア・ウィーク
  2. ワーズ・オブ・ラヴ
  3. ハニー・ドント
  4. エヴリー・リトル・シング
  5. パーティーはそのままに
  6. ホワット・ユー・アー・ドゥーイング
  7. みんないい娘

パーティーはそのままに 」 ("I Don't Want To Spoil The Party")はイギリスロックバンドビートルズの楽曲である。

解説[編集]

本作は1964年12月4日に発売された4枚目のイギリス盤公式オリジナル・アルバムビートルズ・フォー・セール(ビートルズ '65)』のB面5曲目に収録された。レノン=マッカートニーの作。実質的にはジョン・レノンの作品とされる。リード・ヴォーカルはジョン。1964年9月29日アビイ・ロード・スタジオでレコーディングされた。全編にギブソンアコースティックギターリズムが鳴り響くフォークタッチの曲である。このアルバムのジョンの曲の特徴である失恋ソングになっている。

日本ではヴォーカルがジョンのダブル・トラック録音であるとする記述が多く見られるが、実際その部分はジョンとジョージの二人によるものである。ジョージが歌ったのは彼の大好きなチェット・アトキンスの雰囲気をこの曲が持っていたからで、こういった分担はビートルズの通例になっている。二人のヴォーカルは歌詞(単語・文節)のイントネーションや発音の違い、タイミングの違いなどから、同一人物でないことは明らかである(ジョンやジョージは自身の楽曲でダブル・トラックのタイミングをずらすことがあるが、それとは性質が異なっている)。サビは、上のラインが力強くG(ソ)で歌うメロディーのためか、ジョージからポールにチェンジする。

アメリカでは、シングル「エイト・デイズ・ア・ウィーク」のB面としてもリリースされ『ビルボード』誌で最高位39位、『キャッシュボックス』誌では83位を記録している。

ミキシング[編集]

ステレオ・ヴァージョンにはイントロにエレキ・ギターが加えられ、間奏の直前に "Whoo Whoo" という掛け声が加えられている。

収録盤[編集]