恋のアドバイス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
恋のアドバイス
ビートルズ楽曲
収録アルバム 4人はアイドル
リリース 1965年8月6日
録音 アビー・ロード・スタジオ
1965年2月19日
ジャンル ロック
時間 218 (stereo version)
2分22秒 (monaural version)
レーベル パーロフォン
作詞者 レノン=マッカートニー
プロデュース ジョージ・マーティン
ビートルズシングル盤 日本 年表
ディジー・ミス・リジー
b/w
アンナ
(1965年)
恋のアドバイス
b/w
テル・ミー・ホワット・ユー・シー
(1965年)
ザ・ナイト・ビフォア
b/w
アナザー・ガール
(1965年)
4人はアイドル 収録曲
A面
  1. ヘルプ!
  2. ザ・ナイト・ビフォア
  3. 悲しみはぶっとばせ
  4. アイ・ニード・ユー
  5. アナザー・ガール
  6. 恋のアドバイス
  7. 涙の乗車券
B面
  1. アクト・ナチュラリー
  2. イッツ・オンリー・ラヴ
  3. ユー・ライク・ミー・トゥ・マッチ
  4. テル・ミー・ホワット・ユー・シー
  5. 夢の人
  6. イエスタデイ
  7. ディジー・ミス・リジー


恋のアドバイス 」 ("You're Going To Lose That Girl")はイギリスロックバンドビートルズの楽曲である。

解説[編集]

本作は1965年8月6日に発売された5枚目のイギリス盤公式オリジナル・アルバム4人はアイドル』のA面6曲目に収録された。レノン=マッカートニーの作。実質的にはジョン・レノンの作品とされる。リード・ヴォーカルはジョン。コーラスは、ポールジョージで、主旋律の後を追うように、最初は5度、その後3度[1]和音で繰り返される。その後のサビの前半では、3人の三重唱となり、続いて二部コーラス、リフレインで再び三重唱に戻る。間奏部分でも、ポール、ジョージの5度のコーラスが、繰り返される。曲の途中で、述べ4回転調しているが、最後の転調は斬新[2]なものである[3]。演奏は基本的な4人の分担で行われている。その上に、ポールのピアノとリンゴのボンゴがオーヴァー・ダビングされている。

映画での挿入歌[編集]

ビートルズ主演映画『ヘルプ!4人はアイドル』では、邪宗カイリ教[4]の教祖クラングが生贄の儀式に使う指輪を奪うためリンゴ・スターを幾度も付け狙っていた。そのためカイリ教の一団はビートルズがイギリスEMIスタジオレコーディング[5]を行っていたのを狙って闖入し、リンゴのドラムセットが置かれた周囲の床を、電動ノコギリで丸く切り取って穴を開け、ドラムセットごとリンゴを階下へ落下させて、リンゴを羽交い締めにして指輪を奪おう[6]とするシーンがあるが、このレコーディングで演奏しているのがこの曲である。

ミキシング[編集]

ステレオ・ヴァージョンはCD化に際してヴォーカルにエコーが強くかけられた(ただしモノラル・ヴァージョン、モノラル盤『ヘルプ!』収録のステレオ・ヴァージョン及び『ヘルプ(四人はアイドル)』収録分はアナログ盤と同じ)。

収録盤[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 度については音程を参照。
  2. ^ 一般的な転調の規則と異なっているという意味で「斬新」といっている。
  3. ^ 間奏に入る転調と全く同じ転調である
  4. ^ 映画で登場する架空の宗教集団。
  5. ^ 映画のために行われた擬似レコーディングで、撮影場所もEMIスタジオではなくフィルムスタジオ。
  6. ^ 指輪が抜けないのを知っていたため、教祖自ら電動ノコギリでリンゴの指ごと切り落とそうとする。