エイト・デイズ・ア・ウィーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エイト・デイズ・ア・ウィーク
ビートルズ楽曲
収録アルバム ビートルズ・フォー・セール(ビートルズ '65)
リリース 1964年12月4日
録音 アビー・ロード・スタジオ
1964年10月6日
ジャンル ロック
時間 2分49秒 (monaural version)
2分43秒 (stereo version)
1分24秒 ("The Beatles Anthology 1" (Sequence) version)
2分47秒 ("The Beatles Anthology 1" (Complete) version)
レーベル パーロフォン
PMC 1240 (monaural LP)
PCS 3062 (stereo LP)
CDP 7 46438 2 (monaural CD)
作詞者 レノン=マッカートニー
プロデュース ジョージ・マーティン
チャート順位
ビートルズシングル盤 U.S. 年表
アイ・フィール・ファイン
両A面
シーズ・ア・ウーマン
(1964年)
エイト・デイズ・ア・ウィーク
b/w
パーティーはそのままに
(1965年)
涙の乗車券
b/w
イエス・イット・イズ
(1965年)
ビートルズシングル盤 日本 年表
ロング・トール・サリー
b/w
アイ・コール・ユア・ネーム
(1965年)
ノー・リプライ
b/w
エイト・デイズ・ア・ウィーク
(1965年)
ロック・アンド・ロール・ミュージック
b/w
エヴリー・リトル・シング
(1965年)
ビートルズ・フォー・セール(ビートルズ '65) 収録曲
A面
  1. ノー・リプライ
  2. アイム・ア・ルーザー
  3. ベイビーズ・イン・ブラック
  4. ロック・アンド・ロール・ミュージック
  5. アイル・フォロー・ザ・サン
  6. ミスター・ムーンライト
  7. メドレー:「カンサス・シティヘイ・ヘイ・ヘイ・ヘイ
B面
  1. エイト・デイズ・ア・ウィーク
  2. ワーズ・オブ・ラヴ
  3. ハニー・ドント
  4. エヴリー・リトル・シング
  5. パーティーはそのままに
  6. ホワット・ユー・アー・ドゥーイング
  7. みんないい娘

エイト・デイズ・ア・ウィーク」 ("Eight Days A Week")はイギリスロックバンドビートルズの楽曲である。

解説[編集]

本作は1964年12月4日に発売された4枚目のイギリス盤公式オリジナル・アルバムビートルズ・フォー・セール(ビートルズ '65)』のB面1曲目に収録された。レノン=マッカートニー作。

曲のタイトルの由来は、当時多忙を極めていたグループの実情を、リンゴ・スターが「週に8日も仕事だなんて…」と嘆いていたのがきっかけだとポールが語っている。元々は、彼らの2作目の映画 "Eight Arms To Hold you"(仮題。後に"Help!"となる。)の主題歌として作られた。

1980年ジョン・レノンは「『エイト・デイズ・ア・ウィーク』は『ヘルプ!』というタイトルを思いつくまで、あの映画『ヘルプ!』の仮り[1]のタイトルだった。ぼくもかなり手伝ったけど、これはもっぱらポールのたまものだ。」と語っている[2]

アメリカでは、12月15日に発売された独自の編集盤"Beatles '65"(Capitol)には収録されず、1965年2月15日にシングル曲としてリリースされた(B面は「パーティーはそのままに」)。

ビルボード(Billboard)誌では、1965年3月13日に週間ランキング2週間連続第1位となった。ビルボード誌1965年年間ランキングでは、第36位。『キャッシュボックス』誌では3週連続第1位を記録し、年間ランキング55位だった。アメリカでは100万枚以上のセールスを記録している。ポールは、イントロとエンディングで、ベースによる三連符弾きをしている。イントロはフェード・インで始まる[3]

ジェネシスのキーボーディスト・トニー・バンクスは、この曲を聴いて衝撃を受け、クラシックからロックに転向したことを明言している。

ビートルズ時代にも一切歌われないままだったが、発表から50年近く経った2013年、ポール・マッカートニーが「アウト・ゼアー」ツアーで1曲目に披露している[4]

収録盤[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 表記ママ
  2. ^ 出典:『PLAYBOYインタビュー ジョン・レノン』、1981年 集英社(166頁)
  3. ^ のち『リボルバー』収録の「アイ・ウォント・トゥ・テル・ユー」でもフェード・インの技法は採り入れられた。
  4. ^ ポール・マッカートニー 11年ぶり来日!東京D最高齢公演 スポーツニッポン 2013年7月17日閲覧

外部リンク[編集]

先代:
テンプテーションズマイ・ガール
Billboard Hot 100 ナンバーワンシングル
1965年3月13日 - 3月20日(2週間)
次代:
スプリームスストップ・イン・ザ・ネーム・オブ・ラブ