オール・マイ・ラヴィング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オール・マイ・ラヴィング
ビートルズ楽曲
収録アルバム ウィズ・ザ・ビートルズ
リリース 1963年11月22日
録音 1963年7月30日
ジャンル ロック
時間 212 (monaural version)
2分7秒 (stereo version)
1分56秒 ("The Beatles At The Hollywood Bowl" version)
2分4秒 ("Beatles' Greatest" version)[1]
2分19秒 ("The Beatles Anthlogy 1" version)
2分3秒 ("The Beatles Live At The BBC" version)
レーベル パーロフォン
作詞者 レノン=マッカートニー
プロデュース ジョージ・マーティン
ビートルズシングル盤 日本 年表
ドゥ・ユー・ウォント・トゥ・ノウ・ア・シークレット
b/w
サンキュー・ガール
(1964年)
オール・マイ・ラヴィング
b/w
ラヴ・ミー・ドゥ
(1964年)
プリーズ・ミスター・ポストマン
b/w
マネー
(1964年)
ウィズ・ザ・ビートルズ 収録曲
A面
  1. イット・ウォント・ビー・ロング
  2. オール・アイヴ・ゴット・トゥ・ドゥ
  3. オール・マイ・ラヴィング
  4. ドント・バザー・ミー
  5. リトル・チャイルド
  6. ティル・ゼア・ウォズ・ユー
  7. プリーズ・ミスター・ポストマン
B面
  1. ロール・オーヴァー・ベートーヴェン
  2. ホールド・ミー・タイト
  3. ユー・リアリー・ゴッタ・ホールド・オン・ミー
  4. 彼氏になりたい
  5. デヴィル・イン・ハー・ハート
  6. ナット・ア・セカンド・タイム
  7. マネー

オール・マイ・ラヴィング」("All My Loving")はイギリスロックバンドビートルズの楽曲である。

解説[編集]

本作は1963年11月22日に発売された2作目のイギリス盤公式オリジナル・アルバムウィズ・ザ・ビートルズ』のA面3曲目に収録された。レノン=マッカートニーの作。実質的にはポール・マッカートニーの作品とされる。ロイ・オービソンとのツアー中にバスの中で作られた。リード・ヴォーカルはポール・マッカートニー[2]

ポールの初期代表作のひとつで、現在でもライヴで演奏されるアップ・テンポな曲。ジョン・レノンをして「ポールは完璧な作曲の能力がある」と言わしめたほど完成された曲である。ジョン・レノンリッケンバッカー・325を使用し3連符を刻んでいる(オルタネイトピッキング)。ポールは、ヘフナー・500-1を使い、ランニング・ベースをしている。ビートルズはもともとこの曲をカントリー&ウエスタンと位置づけておりジョージ・ハリスングレッチ・カントリー・ジェントルマンを使っている。

前述のようにジョン・レノンはこの曲を絶賛、1980年に「これは残念なことにポールの曲だよ。(笑)/原稿にここで「笑」と入れといてくれよ。くやしいほどいい曲さ。(歌い出す)バックで思い入れたっぷりのギターを弾いているのがぼく。」[3]と語っている。

この曲はアメリカ進出時に出演した人気TV番組エド・サリヴァン・ショー』の初出演時に最初に演奏した曲としても知られる(その際、キーが半音下がっていた)。この時、全米総人口の72%の人 (約7300万人) が彼らの演奏を見たと言われている。また、ビートルズ出演の時間帯だけマンハッタンにおける少年犯罪発生率が低下したというエピソードが残っている。なお、そのときの演奏は2枚組アルバム『ザ・ビートルズ・アンソロジー1』のDisc 2や「エド・サリヴァン・ショウ」DVDに収録されている。

ミキシング[編集]

ザ・ビートルズ/グレイテスト・ヒッツ』および西ドイツ盤『ウィズ・ザ・ビートルズ』収録ヴァージョンは、歌いだし前のハイハットのカウントが収録されている。

その他[編集]

  • ビートルズのナンバーではポールとジョンのハモり(ハーモニー)が多いが、この曲はポール自身が多重録音でハモリを入れている。ライヴでの間奏後のリフレインでは、主旋律のほぼ三度上をポールが歌い、主旋律部分はジョージが担当している。ジョンのギターのコードストロークと、主旋律の歌唱の両立が簡単でなかったため、ジョージが担当した。ライヴではサビとエンディング・パートでジョンとジョージのハミングコーラスが付く。一方、オリジナルではそれが更にダビングされている。
  • ジョン・レノン1980年12月8日ニューヨーク市の自宅アパート「ダコタ・ハウス」前において、マーク・チャップマンに銃撃され同日23時過ぎに担ぎ込まれた病院で死亡した時、タンノイ・スピーカーから流れていた曲は本作だったと伝わっている。

収録盤[編集]

脚注[編集]

  1. ^ CDでは曲間のサイレント部分も演奏時間に含まれるため、アナログ盤の演奏時間より数秒長くクレジットされる。そのためドラムスのカウント部分が含まれているにもかかわらず、演奏時間はCD版より短くなっている。『ザ・ビートルズ/グレイテスト・ヒッツ』に含まれる「オール・マイ・ラヴィング」の演奏時間は同アルバム日本盤の解説書に基づく。
  2. ^ ライヴでは3番のメロディーはジョージ・ハリスンが歌い、ポール・マッカートニーは3度上のコーラスをつけている。この部分レコードではポールのダブル・トラック。バック・コーラスのハミングはジョンとジョージ。
  3. ^ 『PLAYBOYインタビュー ジョン・レノン』、1981年 集英社(135頁)