ロング・トール・サリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ロング・トール・サリーLong Tall Sally 邦題:のっぽのサリー)はリトル・リチャードロバート・ブラックウェルエノトリス・ジョンスンの共作曲である。

解説[編集]

リトル・リチャードがニューオリンズの J&M スタジオで録音、1956年3月にスペシャルティ・レコードからリリースされた。本作は19週に亘ってリズム・アンド・ブルースのチャート入りし、6週間に亘って1位の座を獲得した。1956年のキャッシュボックス・トリプル・クラウン・アウォードを獲得している。

当時、白人のラジオ局はリチャードのヒット曲「トゥッティ・フルッティ」を放送せず、パット・ブーンカヴァーヴァージョンがチャート1位を記録していた。ブラックウェルとリチャードは曲のテンポと歌詞を彼が真似できないように作曲したが、ブーンは同曲をカヴァーしチャート8位を記録している。

「ロング・トール・サリー」はロックンロールスタンダード・ナンバーとなり、多くのアーティストによってカヴァーされた。1966年ビートルズ日本公演において前座として出演したザ・ドリフターズが演奏した曲でもある。リード・ヴォーカルは仲本工事であった。

ローリング・ストーンの選ぶオールタイム・グレイテスト・ソング500」に於いて、55位にランクイン[1]

カヴァーした主なアーティスト[編集]

ビートルズによるカヴァー[編集]

ロング・トール・サリー
ビートルズシングル
リリース イギリス:1964年6月19日
録音 アビー・ロード・スタジオ
1964年3月1日
ジャンル ロック
時間 2分01秒
レーベル パーロフォン
作詞・作曲 リトル・リチャードロバート・ブラックウェルエノトリス・ジョンスン
プロデュース ジョージ・マーティン
ビートルズシングル盤 日本 年表
アイ・フィール・ファイン
b/w
シーズ・ア・ウーマン
(1965年)
ロング・トール・サリー
b/w
アイ・コール・ユア・ネーム
(1965年)
ノー・リプライ
b/w
エイト・デイズ・ア・ウィーク
(1965年)
ロング・トール・サリー 収録曲
A面
  1. ロング・トール・サリー
  2. アイ・コール・ユア・ネーム
B面
  1. スロウ・ダウン
  2. マッチボックス
パスト・マスターズ Vol.1 収録曲
  1. ラヴ・ミー・ドゥ
  2. フロム・ミー・トゥ・ユー
  3. サンキュー・ガール
  4. シー・ラヴズ・ユー
  5. アイル・ゲット・ユー
  6. 抱きしめたい
  7. ジス・ボーイ
  8. 抱きしめたい(ドイツ語)
  9. シー・ラヴズ・ユー(ドイツ語)
  10. ロング・トール・サリー
  11. アイ・コール・ユア・ネーム
  12. スロウ・ダウン
  13. マッチボックス
  14. アイ・フィール・ファイン
  15. シーズ・ア・ウーマン
  16. バッド・ボーイ
  17. イエス・イット・イズ
  18. アイム・ダウン
テンプレートを表示

1964年にはビートルズにもカヴァーされ、オリジナルEPロング・トール・サリー」のA面1曲目に収録されリリースされた。1965年までビートルズのコンサートでは最終演目によく使われていた。リードヴォーカルポール・マッカートニー。2回あるギター・ソロは1回目がジョン・レノン、2回目がジョージ・ハリスンによるもの。

アップテンポの12barブルースとしてアレンジされ、トップ・シンバルピアノが8/8、ギターベーススネアドラムシャッフル・ビートという複雑なリズム構成になっている。

ステレオ・ヴァージョン[編集]

「ロング・トール・サリー」のリアル・ステレオ・ヴァージョンはビートルズの活動中にはリリースされなかった。ただしアメリカでは1964年4月にリリースされたアルバム『ザ・ビートルズ・セカンド・アルバム』ステレオ盤に収録された。英国では1976年6月リリースの『ロックン・ロール・ミュージック』が最初となる(ただしアメリカで発売されていたものとは別ミックス)。CDでは1988年3月にリリースされたアルバム『パスト・マスターズ Vol.1』に収録された。

その他[編集]

  • 岸部一徳が「サリー」と呼ばれるきっかけになったのは181cmの高身長だったことから同曲に因んだことである。
  • 映画「プレデター」及び、「プレデターズ」において、同曲が使用されている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 500 Greatest Songs of All Time: Little Richard. 'Long Tall Sally' | Rolling Stone

外部リンク[編集]