シー・ラヴズ・ユー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
シー・ラヴズ・ユー
ビートルズシングル
B面 アイル・ゲット・ユー
リリース イギリスの旗1963年8月23日
アメリカ合衆国の旗1963年9月16日
日本の旗1964年4月5日
録音 アビー・ロード・スタジオ (1963年7月1日)
ジャンル ロック
時間 2分17秒
レーベル パーロフォン (イギリス)
スワン (アメリカ)
作詞・作曲 レノン=マッカートニー
プロデュース ジョージ・マーティン
チャート最高順位
ビートルズシングル盤 U.K. 年表
フロム・ミー・トゥ・ユー
b/w
サンキュー・ガール
(1963年)
シー・ラヴズ・ユー
b/w
アイル・ゲット・ユー
(1963年)
抱きしめたい
b/w
ジス・ボーイ
(1963年)
ビートルズシングル盤 U.S. 年表
フロム・ミー・トゥ・ユー
b/w
サンキュー・ガール
(1963年)
シー・ラヴズ・ユー
b/w
アイル・ゲット・ユー
(1963年)
抱きしめたい
b/w
アイ・ソー・ハー・スタンディング・ゼア
(1963年)
ビートルズシングル盤 日本 年表
プリーズ・プリーズ・ミー
b/w
アスク・ミー・ホワイ
(1964年)
シー・ラヴズ・ユー
b/w
アイル・ゲット・ユー
(1964年)
キャント・バイ・ミー・ラヴ
b/w
ユー・キャント・ドゥ・ザット
(1964年)
オールディーズ 収録曲
A面
  1. シー・ラヴズ・ユー
  2. フロム・ミー・トゥ・ユー
  3. 恋を抱きしめよう
  4. ヘルプ!
  5. ミッシェル
  6. イエスタデイ
  7. アイ・フィール・ファイン
  8. イエロー・サブマリン
B面
  1. キャント・バイ・ミー・ラヴ
  2. バッド・ボーイ
  3. デイ・トリッパー
  4. ビートルズがやって来るヤァ!ヤァ!ヤァ!
  5. 涙の乗車券
  6. ペイパーバック・ライター
  7. エリナー・リグビー
  8. 抱きしめたい
パスト・マスターズ Vol.1 収録曲
  1. ラヴ・ミー・ドゥ
  2. フロム・ミー・トゥ・ユー
  3. サンキュー・ガール
  4. シー・ラヴズ・ユー
  5. アイル・ゲット・ユー
  6. 抱きしめたい
  7. ジス・ボーイ
  8. 抱きしめたい(ドイツ語)
  9. シー・ラヴズ・ユー(ドイツ語)
  10. アイ・フィール・ファイン
  11. ロング・トール・サリー
  12. アイ・コール・ユア・ネーム
  13. スロウ・ダウン
  14. マッチ・ボックス
  15. アイ・フィール・ファイン
  16. シーズ・ア・ウーマン
  17. バッド・ボーイ
  18. イエス・イット・イズ
  19. アイム・ダウン
テンプレートを表示

シー・ラヴズ・ユー」("She Loves You")は、1963年8月にビートルズが発表した4枚目のオリジナル・シングル曲である。ローリング・ストーンの選ぶオールタイム・グレイテスト・ソング500では64位にランクされている。2005年イギリスの音楽雑誌「アンカット」が企画した「世界を変えた曲、映画、テレビドラマ」を選ぶ特集では3位となった。

解説[編集]

レノン=マッカートニーの作品。ヴォーカルジョン・レノンポール・マッカートニー。二部コーラスになる部分では、ジョンが下のパートを、ポールが上のパートを担当している。フレーズの繰り返し部分と "She loves you Yeah! Yeah! Yeah!" の部分のみジョージが加わる(ライヴでは、この部分でポールの左利きベースとジョージのギターが対に向き合い、"Woo!" で首を振り長髪を振り乱す。これは「ツイスト・アンド・シャウト」と同じ演出である)。エンディングの "Yeah!" のバックではG6コードが使われている。

プロデューサーであるジョージ・マーティンのアイデアで、曲の冒頭リンゴによるドラムのフィルインに続きすぐにサビの部分から曲が始まる、当時としては斬新な構成の曲である。また、ハイハットの代わりにバスタムを使用して迫力を出す、エンディングに6thコードを使う[1]、当時イギリスでは下品とされた "yeah" を連呼する歌詞等、いろいろな工夫の跡が見られる。

プリーズ・プリーズ・ミー」や「抱きしめたい」などと共に、世界的に彼らの人気を不動のものにしたヒット曲であり、一般的な「初期のビートルズの音楽的イメージは、この曲にある」と断言してもいいほどの作品[2]との記載がある。映画「ビートルズがやって来るヤァ!ヤァ!ヤァ!」の劇中コンサートのラスト・ソングだったことも大きな印象を与えた。

3コーラス目でテープを繋いで編集されている(CDでは1:22から1:23の中間あたり)ため、音色に変化がある。

この曲でジョンの使用したギターはステージではリッケンバッカー325を弾いているが、レコーディングにおいてはギブソンJ-160Eを使用している。

ステレオ・ヴァージョン[編集]

ステレオヴァージョンが作成される前にマルチトラック・セッション・テープが破棄されたため、「シー・ラヴズ・ユー」にリアル・ステレオ・ヴァージョンはない。ステレオと表記されているものは全て疑似ステレオ[3]である。

シングル盤[編集]

イギリスでは1963年8月23日にリリースされた。B面は「アイル・ゲット・ユー」。イギリス『メロディー・メイカー』では通算7週1位、約2ヵ月後に返り咲きで再度1位を獲得している(当時としては異例のチャート・アクションだった)。アメリカではメジャー・レーベルから相手にされず、マイナー・レーベル(スワン)からリリースしたが、ブライアン・エプスタインらのセールス・プロモーションにも拘わらず全くヒットしなかった。その後、キャピトル・レコードからリリースされた「抱きしめたい」がアメリカで大ヒットし、ビートルズがアメリカでもメジャーになると、この曲も他の曲と共にヒット。ビルボード誌では1964年3月21日から28日にわたり週間ランキング第1位を獲得。同誌1964年年間ランキングでは「抱きしめたい」に次いで第2位を獲得し、この年の1、2位を独占した。キャッシュボックス誌でも2週連続第1位を獲得し、1964年度年間ランキングでも「抱きしめたい」に次いで第2位だった。オリジナル・アルバムには未収録。現在のCDフォーマットでは『パスト・マスターズ Vol.1』をはじめ、公式編集盤などに収録されている。

イギリスでは166.7万枚を売り、当時のイギリスでのシングル売り上げの最高記録を樹立した。この記録は、ポールが1977年ウイングスの『夢の旅人』(Mull Of Kintyre)で219.3万枚を売り上げるまで破られなかった。また、アメリカでは250万枚以上のセールスを記録している。

収録盤[編集]

シー・ラヴズ・ユー(ドイツ語)[編集]

シー・ラヴズ・ユー(ドイツ語)
Sie Libet Dich
ビートルズシングル
A面 抱きしめたい(ドイツ語)
リリース ドイツの旗1964年3月5日
アメリカ合衆国の旗1964年5月21日
録音 EMI パテ・マルコーニスタジオ (1964年1月29日)
ジャンル ロック
時間 2分18秒
レーベル オデオン(西ドイツ)
スワン(アメリカ)
作詞・作曲 レノン=マッカートニー=ニコラス=モンタージュ
プロデュース ジョージ・マーティン
ビートルズシングル盤 U.S. 年表
ラヴ・ミー・ドゥ
b/w
P.S.アイ・ラヴ・ユー
(1964年)
シー・ラヴズ・ユー(ドイツ語)
b/w
アイル・ゲット・ユー
(1964年)
ビートルズがやって来る ヤア!ヤア!ヤア!
b/w
恋する二人
(1964年)
パスト・マスターズ Vol.1 収録曲
  1. ラヴ・ミー・ドゥ
  2. フロム・ミー・トゥ・ユー
  3. サンキュー・ガール
  4. シー・ラヴズ・ユー
  5. アイル・ゲット・ユー
  6. 抱きしめたい
  7. ジス・ボーイ
  8. 抱きしめたい(ドイツ語)
  9. シー・ラヴズ・ユー(ドイツ語)
  10. ロング・トール・サリー
  11. アイ・コール・ユア・ネーム
  12. スロウ・ダウン
  13. マッチ・ボックス
  14. アイ・フィール・ファイン
  15. シーズ・ア・ウーマン
  16. バッド・ボーイ
  17. イエス・イット・イズ
  18. アイム・ダウン
テンプレートを表示

シー・ラヴズ・ユー(ドイツ語))」("Sie Liebt Dich" / John Lennon - Paul McCartney - Jean Nicolas - Lee Montague)は「シー・ラヴズ・ユー」のドイツ語版である。

解説[編集]

"Sie Liebt Dich"とは英語で "She Loves You"であり、「抱きしめたい(ドイツ語)」に比較して原詞に近く訳されている。訳詞者のJean Nicolas、Lee Montague は同一人物で、ルクセンブルク出身のタレントであるキャミロ・フェルゲンのペン・ネームである。「抱きしめたい(ドイツ語)」同様、英語版と比較してハーモニーと発音が雑な仕上がりになっており完成度は低い[4]

EMIの西ドイツ支部オデオンの強力な要請によって西ドイツのファンのためになされたレコーディングである。レコーディングは1964年1月29日にパリのパテ・マルコーニ・スタジオで行われており、同じ日に「抱きしめたい(ドイツ語)」も録音されている。

前項にあるように、オリジナルのマスター・テープが破棄されていたため、新たに録音し直しているが、ビートルズはこの録音に気乗りしておらず、レコーディング当日は予約していたスタジオに出向かずに滞在していたホテルにこもっていたという。プロデューサーのジョージ・マーティンがホテルに出向いてビートルズを説得してスタジオに向かわせたという逸話があり、彼らがジョージ・マーティンに反抗したことはそれまでになかったという[5]

イギリスではビートルズ解散の8年半後の1978年12月2日に発売されたアルバム『レアリティーズ』において初めてリリースされた[6]。アメリカでは1964年5月21日にシングル盤が、日本では1965年5月5日に発売されたアルバム『ビートルズ No.5!』でリリースされていた。

ステレオ・ヴァージョン[編集]

「シー・ラヴズ・ユー(ドイツ語)」のステレオ・ヴァージョンはビートルズの活動中オリジナルなフォームではリリースされず、ビートルズが解散して8年あまり後に発売されたコンピレーション・アルバム『レアリティーズ』で初めてリリースされた。

収録盤[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ジョージ・マーティンは古臭いと反対したが、メンバーが押し切った。
  2. ^ 出典:中山康樹著、『これがビートルズだ』(2003年 講談社)259頁
  3. ^ 英国パーロフォンがリリースした疑似ステレオは少なく、「ラヴ・ミー・ドゥ」、「P.S.アイ・ラヴ・ユー」(アルバム『プリーズ・プリーズ・ミー』収録)、「シー・ラヴズ・ユー」(アルバム『オールディーズ』収録)、「アイ・アム・ザ・ウォルラス」の後半部分(2枚組EP『マジカル・ミステリー・ツアー』収録)、「オンリー・ア・ノーザン・ソング」(アルバム『イエロー・サブマリン』収録)の5曲のみである。
  4. ^ 出典:ジョン・ロバートソン、速水丈著『ビートルズ全曲解説』丸山京子訳(2002年 シンコーミュージック・エンタテイメント)168頁
  5. ^ 出典:マーク・ルーイスン著「ザ・ビートルズ レコーディング・セッションズ完全版」(2009年 シンコーミュージック・エンタテイメント)61頁
  6. ^ ただし、その際にリリースされたヴァージョンは世界初のリアル・ステレオであった。