エレクトリック・ギター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

エレクトリック・ギター英語: Electric Guitar)は、の振動をピックアップマイク)で電気信号に変え、ギター本体とギターアンプをシールド(ケーブル)で接続し、任意の音量で演奏できるギターエレキギター電気ギターとも呼ばれる。

エフェクターなどで音質を変化させやすいため、多彩な表現が可能である。様々なジャンル音楽に用いられる。

エレクトリックギター

歴史[編集]

弦楽器の振動を電気的に増幅する実験は二十世紀初頭まで遡る。1910年代には、バイオリンバンジョーの内部に電話の受信機を取り付け、音を増幅させる特許が出ている。1920年代にはカーボン・マイクロフォンを弦楽器のに取り付けて音を増幅させる実験が行われている[1]。1920年代から1930年代初頭にかけて、数多くの人が電気楽器の実験・製作を行っており、最初のエレキギターの発明者であるという様々な主張がなされている。

最初期のエレキギターの発明は、電気的なピックアップ共鳴胴を持つ半電気的アコースティックギターであった。これは、タングステンのピックアップの付いたスティール弦アコースティックギターであった。最初の電気的に音を増幅するギターはジョージ・ビーチャムによって1931年に発明され、1932年にRo-Pat-Inコーポレーションによって商業生産された (Electro-Patent-Instrument Company Los Angeles) [2][3]

1932年リッケンバッカーが発売したラップスチール型の「フライングパン」と、他社製ボディにピックアップを追加した「エレクトリック・スパニッシュ・ギター」も世界初のエレキギターと見なされることもある。その後1940年代にかけて、ホロウボディのGibson ES-150、ソリッドボディの Bigsby マール・トラヴィスモデルなど新しいモデルが次々と登場し、エレクトリック・ギターが広く一般に認知された。

1930年代から1940年代にかけて登場した様々なエレキギターについては、英語版の記事"Electric guitar#History"に詳しい。

1960年代のエレキブームと追放運動

1965年1月の『ザ・ベンチャーズ』の来日以降、ベンチャーズの人気と共にエレキ族と呼ばれる若者を中心に爆発的にエレキギターに注目が集まり「エレキブーム」が訪れる事になる。テレビ番組『勝ち抜きエレキ合戦』等のテレビ番組や加山雄三主演映画『エレキの若大将』等の後押しもありブームに拍車をかけていった。しかし、1965年10月に栃木県足利市教育委員会の働きかけで起こった小中学生のエレキ購入禁止や大会参加禁止等を定めた通称「エレキ禁止令」が出されると、新聞[4]で大きく取り上げられるなど社会問題化し、一方的に「エレキギターは不良少年がするもの」とレッテルを貼られ、コンサートを見に行っただけで高校を退学させられるなど全国で激しい「エレキギター追放運動」が波及していった。条例は後に廃止されたもののブームは次第に沈静化していくことになる。その後寺内タケシによるハイスクールコンサート等の熱心な努力もあり改善されていく。

ピックアップ[編集]

ピックアップの種類

エレクトリックギターの音色を特徴づける最大の要素は、何といってもピックアップである。ピックアップの種類を言い表す場合、その構造によって大きく以下2つに大別できる。

エレクトリック・ギター用のピックアップは、一般的に板状の磁石の上に並べた棒(ポールピース)の周囲にワイヤを巻いたものだが、この構造がひとつのものをシングルコイルと呼ぶ。そのサウンドはカラっとした乾いたような音色が特徴である。対してハムバッカーは、一般的にはシングルコイルを横または縦にふたつ並べることによってノイズに強い構造になっており、太く暖かいサウンドが持ち味となる。ギブソンのモデルはハムバッカーが多く、 フェンダーはシングルコイルのモデルが多い。

ピックアップの組み合わせ

ひとつのギターに複数のピックアップが搭載されている場合、ネック側から以下のように呼ばれる。

  • フロント(ネック、リズム、ベース)
  • センター(ミドル)
  • リア(ブリッジ、リード、トレブル)
レス・ポール式エレクトリック・ギターの配線図


ストラップ[編集]

コンサートなどで演奏する際は立って演奏する場合が多いが、その場合はギターを体に固定するためのストラップを用いる。ソリッドボディは詰まっている分重量があり、ストラップがはずれてギターを落としやすいため、ストラップのロックをつけることが多い。

種類[編集]

大分類[編集]

エレクトリック・ギターはボディの構造で概ね以下の2種類に大別できる。

  • ホロウボディギター
  • ソリッドボディギター

ホロウボディはヴァイオリンのような中空構造であるのに対して、ソリッドボディはホロウボディのような中空構造を持たない。エレクトリック・ギターの原型は通常のギターにピックアップを施したものであるため、ソリッドボディギターの方が歴史的に新しいといえる。

ヘッドの形状は、フェンダー系とギブソン系に大別される。フェンダー系ではストラトキャスターに見られるようにヘッドは指板面に平行で、指板面より一段下がっており、ペグはヘッドの片側に一列に並んで、多くの場合は高音弦側がナットから遠ざかるように配置される。このため高音弦はそのままではナットに当たる角度が浅くなってテンションを保てないので、ストリングガイドが設けられる。一方ギブソン系ではレスポールに見られるようにヘッドはネックに対して角度を持っており、これによってテンションが保たれる。またペグはヘッドの両サイドに対称に配置される。

小分類[編集]

アーチトップギター
中空ボディで、トップ板が緩い弧を描いている形状をしており、大半のものは両サイドにヴァイオリンのようなf字孔が空いている。この構造のお陰で、コンパクトなボディにも関わらず、音の反響効率が良いため大音量がなる仕組みになっている。後述するフルアコースティックギター、セミアコースティックギターの多くが、アーチトップギターに属する。世界トップレベルのメーカー(ルシアー)としてロバート・ベネデットが挙げられ、生産量で言えばギブソン社(およびエピフォン・ブランド)が有名。
これに対し、トップ板が平面になっているものをフラットトップギターと呼ぶが、こちらは一般的なアコースティック・ギターを指す場合が多い。
フルアコースティックギター(フルアコ)
アコースティック・ギターと同程度の空洞部を胴にもつ。最初期に開発されたタイプは、ピックギターのボディに弦振動を電気信号に変えるピックアップを取り付けたもので、音はかなり柔らかく厚みのある音。スウィング・ジャズの頃から用いられた。ビバップ形式の演奏などでは現在も主要なギターである。ただしそのボディ構造と大きな容積のため、大音量になるとアンプの音でボディが共振し、いわゆるハウリングが起きやすい。グレッチのテネシアンやギブソン社のES-175やSuper 400 CESなどがこのタイプ。
セミアコースティックギター(セミアコ)
フルアコースティックギターに比べるとボディが薄く、空洞部分も狭くなっている。多くの場合はボディ中心部に胴木(センターブロック)と呼ばれる木材ブロックがネックからボディ後部まで入っており、弦振動を拾うピックアップはこの上に固定されている。そのためフルアコースティックギターにありがちなハウリングが起きにくくなっている。音はフルアコースティックギターとソリッドギターの中間といったところ。ギブソン社のES-335エピフォンのシェラトン、リヴィエラやカジノリッケンバッカー社の360・360/12などなどがこのタイプ。ただし、一見すると一般的なセミアコであるカジノのようなギターがセンターブロックの無い構造によりフルアコに分類されている場合もある。
セミソリッドギター
セミホロウギターとも呼ばれ、大きく分類するとソリッドギターに分類されることもある。フルアコやセミアコ同様ボディ内部が空洞になっているが、それらのようにボディ材をトップ・サイド・バックと分けて張り合わせて空洞が作られているのではなく、ソリッドギターのボディの一部をくり抜いて空洞が作られている。この構造を「セミソリッド構造」や「チェンバード構造」などと呼ばれる。空洞があるためソリッドギターよりは軽く、音も若干柔らかい。ボディの左サイドにf字孔が1つ空いているものもあり、f字孔の有無でサウンド面において若干の違いがある。フェンダー社のテレキャスター・シンライン、リッケンバッカー社の325、ギブソン社のレスポール・スタンダード(2008年以降)、ダンエレクトロ社の59-DCデューゼンバーグ社のスタープレイヤーTVなどがこのタイプ。ピックアップ用の座繰りが大きいタイプのストラトキャスターもこの部類ではないかと言われることもある。
ソリッドギター
通常はエレクトリック・ギターというとこのタイプを指す。ソリッド(固体・中身の詰まった)という言葉通りフルアコなどとは違い、木材の板をそのまま貼り合せる等して胴としている。比較的、胴は薄い。弦が細い特性を生かした独特の奏法が多数ある。また、胴に共鳴部をもたないために器具の追加、交換が容易であり、そのため多くのバリエーションを生んだ。形状も多様である。ギブソン社のレスポールSG、フェンダー社のテレキャスターストラトキャスターなどが特に有名。
シタールギター
シタールギター(エレクトリックシタール)は、エレクトリック・ギターの構造でシタールに似た音色を出すが、シタールのBUZZ音を出すのは独特の形状をしたブリッジによるもので共鳴弦はあまり関係しない。巷間言われるように、共鳴弦が鳴ってあの音を出すというのは誤りである。
シタールのブリッジ(ジャワーリと呼称する)の構造は、弦が振動する際、弦の振動域がブリッジの幅広い面に微妙に接触し、あの独特のバズトーンを生み出す。エレクトリックシタールにおいてもこの構造は同じである。
主なメーカーはダンエレクトロ(主に日本製の木部を使用したコーラル)がオリジナル。レプリカモデルがジェリー・ジョーンズ、Star'sなどから発売されている。いずれも独特の音が重宝され、様々なアーティストに使用されているが、現在はオリジナル、レプリカ共に流通量が少なくなっている。
また角松敏生は、東京都内のギター工房である松下工房にエレクトリックシタールを特注して所有している。ブリッジがアルミで作られていて、スルーネック構造が特徴である。
エレクトリックアコースティックギター(マイク付きギター・エレアコ)
アコースティック・ギターにピックアップを内蔵したもの。合奏時、生演奏でアコースティック・ギターの音を安定して伝えるのはしばしば困難なのでステージ用として開発された。
アコースティック・ギターの音を完全に再現する事は難しいが近年かなり近い音を出力できるようになってきた。アンプに通さずそのまま生音で演奏すればアコースティックギターとして使用出来る。
エレクトリックガットギター(エレクトリッククラシックギター)
ガットギターにピックアップを内蔵したもの。主にジャズやボサノヴァのような音楽で使用される。
スティール・ギター
ハワイアン、カントリーアンドウエスタンに用いられている横置きの電気ギター。普通は指で押えるフレットがなく、左手のバーでフレットに相当する位置の弦を押え、右手の親指、人差し指、中指につけたフィンガーピックで弾く。弦は6弦、8弦などがあり、演奏者により様々なチューニングがある。大橋節夫のチューニングはC-E-G-A-C-EのAm7th、バッキー白片はAm、大塚竜男はE7thなど。マヒナスターズの和田弘はマイナー系とメジャー系の二つのチューニングをセットしたダブルネックのタイプで、ハワイアンと歌謡曲など曲目によって使い分けていた。カントリー音楽ではこのチューニングを変えて多彩な和音を出すことが出来るペダルをつけた10弦や12弦のペダルスチールギターなどもある。電気を使わないタイプでは、リゾネーター・ギターと呼ばれる物もあり、もともとは、これが横置きギターの原型という説もある。
ソニック・ユースリー・ラナルドのためにユーリ・ランドマンが特別に制作した楽器「ムーンランダー」(2007年)

特有の奏法[編集]

主なメーカー[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Wheelwright and Carter
  2. ^ Richard R. Smith (1987-09-01). The history of Rickenbacker guitars. Centerstream Publications, 1987. p. 10. ISBN 9780931759154. http://books.google.com/?id=NlscjoFVcs0C&pg=PA10&dq=Ro-Pat-In+Corporation#v=onepage&q=Ro-Pat-In%20Corporation&f=false 2011年5月18日閲覧。. 
  3. ^ Guitar E - berichte und fotos. ViewGoods.de”. viewgoods.de. 2011年5月18日閲覧。
  4. ^ 朝日新聞 1965年10月19日朝刊 等