ユー・ノウ・マイ・ネーム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ユー・ノウ・マイ・ネーム
ビートルズシングル
A面 レット・イット・ビー
リリース イギリス1970年3月6日
アメリカ1970年3月11日
録音 アビー・ロード・スタジオ
1967年5月17日,6月7日,6月8日,6月9日,1969年4月30日
ジャンル ロック
時間 4分19秒
レーベル パーロフォン
作詞・作曲 レノン=マッカートニー
プロデュース ジョージ・マーティン
ビートルズシングル盤 U.K. 年表
サムシング
両A面
カム・トゥゲザー
(1969年)
レット・イット・ビー
b/w
ユー・ノウ・マイ・ネーム
(1970年)
イエスタデイ
b/w
恋する二人
(1976年)
ビートルズシングル盤 U.S. 年表
サムシング
両A面
カム・トゥゲザー
(1969年)
レット・イット・ビー
b/w
ユー・ノウ・マイ・ネーム
(1970年)
ザ・ロング・アンド・ワインディング・ロード
b/w
フォー・ユー・ブルー
(1970年)
ビートルズシングル盤 日本 年表
カム・トゥゲザー
b/w
サムシング
(1969年)
レット・イット・ビー
b/w
ユー・ノウ・マイ・ネーム
(1970年)
オー!ダーリン
b/w
ヒア・カムズ・ザ・サン
(1970年)
パスト・マスターズ Vol.2 収録曲
  1. デイ・トリッパー
  2. 恋を抱きしめよう
  3. ペイパーバック・ライター
  4. レイン
  5. レディ・マドンナ
  6. ジ・インナー・ライト
  7. ヘイ・ジュード
  8. レヴォリューション
  9. ゲット・バック
  10. ドント・レット・ミー・ダウン
  11. ジョンとヨーコのバラード
  12. オールド・ブラウン・シュー
  13. アクロス・ザ・ユニヴァース
  14. レット・イット・ビー
  15. ユー・ノウ・マイ・ネーム
テンプレートを表示


ユー・ノウ・マイ・ネーム」("You Know My Name (Look Up The Number)")は、1970年3月にビートルズが発表した22枚目のオリジナル・シングル(「レット・イット・ビー」)のB面曲である。

解説[編集]

レノン=マッカートニーの作品。ヴォーカルはジョン・レノンとポール・マッカートニー。 イントロのあと、怪しげなナイト・クラブ「スラッガー」の某バンド(デニス・オ・ベルをフィーチャー)に扮したビートルズがライヴ・パフォーマンスを繰り拡げる。しかし歌い始めるも歌詞は「名前を知っているなら、(電話帳で電話)番号を調べろよ。」を繰り返すだけ。司会者役はジョン、デニス役をポールが受け持つ。気分良さそうにデニス・オ・ベル(ポール)が歌い始めるが、司会者(ジョン)がヤジにも似たからかいを入れる。中程から司会者がパフォーマンスをうち切ると、ピアノを伴奏にジョンとポールの裏声、鳩笛を加えた「名前を知っているなら、番号を調べろよ。」の掛け合い。ラストはビートルズには珍しい本格的なジャズ・パフォーマンス(もっともパロディである)が始まり、喉の不調を訴えるかのような意味不明の掛け合いが始まる(おそらくルイ・アームストロングの真似)。サックスが曲を閉じるがその際にはジョン(ポールの説も強い)のゲップ音まで入る(注意して聴かないとわかりづらい)。最後は独り言と咳払いで突然終わる。ほとんどおふざけという内容である。

曲は1967年マジカル・ミステリー・ツアーのセッション中にレコーディングが開始されたがその時点では未完成であった。後にヴォーカルを加えた完成版をジョンが1969年に結成したプラスティック・オノ・バンドの4枚目のシングルとして発表しようと計画していたものの、中止となり、最終的に「レット・イット・ビー」のB面収録曲として発表された。

リリース時には既に死亡しているローリング・ストーンズブライアン・ジョーンズサックスで参加している。ポール曰く、「この曲を作るのは楽しかった。心底楽しみながら作った曲だよ」。

ステレオ・ヴァージョン[編集]

「ユー・ノウ・マイ・ネーム」のリアル・ステレオ・ヴァージョンはビートルズの活動中にはリリースされなかった。1996年3月リリースの『ザ・ビートルズ・アンソロジー2』に収録されている。ただし『アンソロジー2』ではオリジナルのモノラル・ヴァージョンに含まれない部分が多く、またモノラル・ヴァージョンからカットされた部分もある。モノラル・ヴァージョンどおりのステレオ・ヴァージョンは依然リリースされていない。