リアル・ラヴ (ビートルズの曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
リアル・ラヴ
Real Love
ビートルズシングル
収録アルバム ザ・ビートルズ・アンソロジー2
リリース イギリスの旗1996年3月4日
アメリカ合衆国の旗1996年3月5日
日本の旗1996年3月4日
規格 CDシングル
録音 オリジナル録音:ニューヨークのジョン・レノン自宅(1979年
1995年2月
ジャンル ロック
時間 3分54秒
レーベル アップル・レコード
作詞・作曲 ジョン・レノン
プロデュース ジェフ・リンジョン・レノンポール・マッカートニージョージ・ハリスンリンゴ・スター
チャート最高順位
ビートルズ シングル 年表
マキシ・シングル「フリー・アズ・ア・バード
(1995年)
マキシ・シングル「リアル・ラヴ」
(1996年)
テンプレートを表示

リアル・ラヴ ( Real Love ) は、イギリスロックバンドビートルズ解散後の新曲であり、元メンバーのジョン・レノンの作詞・作曲の曲。ビートルズとしては最後のシングルである。

解説[編集]

フリー・アズ・ア・バード」に続く第2弾のマキシシングル。カップリングには『ザ・ビートルズ・アンソロジー2』に収録されなかった、3曲の別テイクが収録されている。

本作はオノ・ヨーコが所持していたテープをメンバー3人に託し、ビートルズの作品として完成させたものである。 曲自体は既にドキュメンタリー映画「イマジン」で発掘されている。

元々は「Boys and Girls」という楽曲があり、それを改作したものが「Real Love」となった。ヨーコによると『イマジン (オリジナル・サウンドトラック)』に収録されたものは正確には「Boys and Girls」の間違いとの事。 「Real Love」はサビのみ「Real Life」(未発表曲)に流用されたが、最終的に「Watching The Wheels」となりアルバム『ダブル・ファンタジー』に収録された。

なお、『ジョン・レノン・アンソロジー』に「Real Love」のデモ録音が収録されている。この冒頭ではジョンが「Take 4」と言った後に演奏が始められるが、ビートルズ・ヴァージョンの元になった録音はリズム・ボックスを使用しダブル・トラックに重ねられたヴォーカルのテイク数不明のもの。 また、ジョンのアコースティック演奏を集めたアルバム『ラヴ〜アコースティック』(2004年)には、ギターによる別テイクが収録されているが、これも「Boys and Girls」で『イマジン (オリジナル・サウンドトラック)』のものと同時期の別テイク。 ちなみに「Real Love」にはギターで録音されたものは無い。「Boys and Girls」は極初期のものと思われるテイクを除きギターで録音されている。

ビートルズバージョンへ[編集]

ビートルズバージョンへのリニューアル過程はまず、コンピュータで伴奏などの雑音を取り除き、キーを上げて(D majorE♭ major)、間奏を一部カットした。そして、ジョンのボーカルに合わせてポール・マッカートニーが一緒に歌っている。冒頭の電子チェンバロは、ビコーズで使用したもので、このパートはポールが演奏した(ジョンの原曲にもこのパートはある)。「フリー・アズ・ア・バード」に続き、ジョージ・ハリスンが得意のスライド・ギターを披露している。ドラムリンゴベースはポール。

リンゴ・スター“この曲は、「フリー・アズ・ア・バード」よりポップな曲”とコメントしている。

シングル収録曲[編集]

  1. リアル・ラヴ - Real Love
  2. ベイビーズ・イン・ブラック - Baby's In Black
  3. イエロー・サブマリン - Yellow Submarine
  4. ヒア・ゼア・アンド・エヴリホエア (テイク7&13)- Here, There And Everywhere (Take7&13)

補足[編集]

  • 「ビートルズの新曲」とよく言われるが、前述の通り、ジョンのソロ名義でのアルバムなどには既に収録されているので、初披露された楽曲という意味合いではない。
  • CDの歌詞カードは(日本盤に付いた歌詞カードは、日本のレコード会社が独自に聞き取って書き起こしているものなので、聞き取りミスがあるため)、ジョンの自筆原稿などと比較して多くの誤りが指摘されている。