ジョン・ルイス (百貨店)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジョン・ルイス
John Lewis
John Lewis Logo.svg
種類 Subsidiary
本社所在地 イギリスの旗 イギリス
ロンドン ナイツブリッジ ブロンプトン・ロード
設立 1864年
業種 小売業
事業内容 百貨店
営業利益 33億3000万UKポンド (2012)[1]
従業員数 81,000人 (2012年現在)
関係する人物 ジョン・ルイス(創業者)
外部リンク 公式サイト
テンプレートを表示

ジョン・ルイス (John Lewis) はイギリス百貨店チェーン。親会社はジョン・ルイス・パートナーシップ。1号店は1864年にロンドンオックスフォード・ストリートに開業した。

1925年から掲げている"Never Knowingly Undersold(どこよりも安く)"のキャッチフレーズで知られる[1]

2012年現在、イギリス国内に新業態の"アット・ホーム"ストア6店舗を含む36店舗を展開しており、年内にはさらに4店舗が開業する見通しである。カーディフにある店舗はジョン・ルイス・パートナーシップが運営する店舗としてはロンドンの旗艦店を除いては最大規模である。

2008年1月1日、ジョン・ルイスのオックスフォード・ストリート店は女王陛下から生活用品と服飾品について王室御用達の指定を受けた[2]。また、レディング店も2007年に生活用品と装飾品について王室御用達の認定を受けている[3]

歴史[編集]

店舗業態[編集]

百貨店[編集]

ジョン・ルイス・パートナーシップは2012年現在、イングランド、ウェールズおよびスコットランドに36店舗を展開している[4]。オックスフォード・ストリート店は1864年創業で、チェーン内で最大の店舗である。36店舗中28店舗が伝統的なスタイルの百貨店で、6店舗は"ジョン・ルイス・アットホーム"と呼ばれる新業態の店舗である。現在、4店舗の"アットホーム"ストアが2012年内の開業を予定している[5]。2013年には、ニューストリート駅の再開発事業の一環として、バーミンガム・シティ・センターにあるパラセイズ・ショッピング・センター内に新規出店する計画がある。

ジョン・ルイス・アットホーム[編集]

2009年、ジョン・ルイスは新業態となる"ジョン・ルイス・アットホーム"について発表し、同年10月には1号店をプールにオープンさせた。この新業態の店舗はショッピング・センター等の既存店の中に出店する形で、電気製品日用品DIY用品を中心とした品揃えである。

ジョン・ルイスの店舗
クリスマスのイルミネーションで装飾された2005年12月のオックスフォード・ストリート店 
レディング店 
リヴァプール店 
レスター店 
カーディフ店 
ニューカッスル店 

現在営業している店舗[編集]

百貨店[編集]

セントラル・ロンドンにあるオックスフォード・ストリートの店舗を旗艦店として、以下のイギリス国内の都市に百貨店を展開している。

イングランド[編集]

ロンドン[編集]
マンチェスター[編集]

ウェールズ[編集]

スコットランド[編集]

上記の店舗に加えて、さらに2店舗の百貨店をジョン・ルイスとは異なる店舗ブランド名で運営しており、ロンドンのスローン・スクエアにあるピーター・ジョーンズポーツマスサウスシーにあるナイト&リーがある[6]

アットホーム・ストア[編集]

(出典はジョン・ルイス公式サイト[6]

脚注[編集]

外部リンク[編集]