フェンダー・ストラトキャスター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フェンダー・ストラトキャスター
Fender Stratocaster
Fender strat.jpg
メーカー/ブランド フェンダースクワイア
製造時期 1954年
構造
ボディタイプ ソリッド
スケール長 25 1/2インチ
フレット 21フレット/22フレット
ネックジョイント ボルト・オン
材質
ボディ アッシュアルダーまたはバスウッド
ネック メイプル
フィンガーボード ローズウッドまたはメイプル
ハードウェア
テールピース シンクロナイズド・トレモロ
電気系統
ピックアップ シングルコイル×3
コントロール ボリューム×1、トーン×2、3/5ウェイセレクタースイッチ
カラーバリエーション
スタンダード・シリーズ:
ブラック、クローム・レッド、ブラウン・サンバースト、エレクトロン・ブルー、ミッドナイト・ワイン、アークティック・ホワイト
アメリカンシリーズ:
ブラック、3トーンサンバースト、オリンピック・ホワイト、クローム・レッド、ショア・ゴールド, バタースコッチ・ブロンド, チャコール・メタリック
テンプレート | カテゴリ

ストラトキャスターStratocaster)は、フェンダー社が1954年から発表・発売を行っているエレクトリックギターの機種。同社社長レオ・フェンダーらによって開発された。

ギブソン社のレスポールモデルと並ぶエレクトリックギターの代表的な存在で、現在はフェンダー社の2つのブランド(フェンダー、スクワイア)から販売されている。

設計[編集]

基本構造[編集]

ストラトキャスターの基本構造は、同じフェンダー社のテレキャスターを発展させたものといえる。従来のギターはボディとネックをニカワなどで接着して製造されていたが、テレキャスターは両者を木ねじで結合するという大胆な設計になっており(ボルトオンネック)、大量生産を可能にした。ボディは無垢の厚い木材から削りだされたもので、内部に共鳴部(空洞部分)のない構造である(ソリッドボディ)。ボディに共鳴部がないため、大音量で演奏してもハウリングを起こしづらい。ボディとネックは角度を持たずに接合されており、ヘッドとネックも角度をもたずに成形されている。

ストラトキャスターはそれらテレキャスターの構造をほぼそのまま受け継いだ上で、さらに簡略化が図られていた。具体的には、ピックアップやボリュームやスイッチやジャックといった電装部品を樹脂製のピックガードにまとめて取り付け、これをボディ表面に木ねじで固定するという方式の採用である(テレキャスターは、フロント・ピックアップはボディに直接固定、リア・ピックアップはブリッジ・プレートに固定、ポットとセレクターはプレートに固定)。そのため、ジャックを除けば電装部品すべてがポン付けできるようになった。この簡略化のお陰でボディやネックの加工と電装部品の配線をそれぞれ別工程にすることが可能になり、後年のコンポーネント・ギター(ボディやネックや電装品などを、純正以外のものと交換して作られた改造ギター)登場への道を開くことにもなった。

ストラトキャスターはテレキャスターと同様、本来はカントリー・ミュージックなどで使用することを想定して設計された。シンクロナイズド・トレモロ(後段で解説)も、カントリーやハワイアンで多用されるスティール・ギターのスライド奏法に近いサウンドを出すのが、本来の目的であった[注 1]

ボディ形状[編集]

ボディ

ボディ形状もテレキャスターが母体になってはいるが、弾きやすさを重視し、より工夫が施されている。高音部を弾きやすくするため、テレキャスターよりもカッタウェイが大きく削り込まれている。また、ストラップを使用した時のバランスを改善するため、低音弦側のボディを上部に伸ばしたダブルカッタウェイシェイプが採用されている(このシェイプは、1951年に発表された同社のプレシジョン・ベースのシェイプに大きく影響されている。同製品は、ボディの大型化のバランスを取るため、テレキャスターの低音弦側のツノを伸ばしたデザインが取られた)。さらに、ギターを構えた際の身体とボディの当たり具合を改善するため、腰や肘の当たる部分が大きく曲線的に削り取られており(コンタード・ボディと呼ばれる)、ボディ全周の角もテレキャスターに比べ、丸く削られている。

ヘッド[編集]

スクワイア・ストラトキャスターのラージヘッド

ヘッドはネックに対して角度を持たず、平行に成型されている。また糸巻き(ペグ)は、ギターを構えた際の上部側に一列に配置されている。そのため、1弦側と6弦側で弦の角度(弦がナットに圧着される度合い)が大きく異なってしまい、そのままでは演奏する際の弦のテンションが1弦側と6弦側で違和感が生じる。これを補う目的で1弦側(1弦と2弦、または1弦〜4弦など)にストリングガイド(弦の角度を大きくする)が取り付けられている。

ヘッド部の形状はテレキャスターに比べて大型化しており、大きく分けてスモールヘッド(PRE CBS)とラージヘッド(POST CBS)の2種類が存在する。初期(60年代半ばまで)はスモールヘッド、その後はラージヘッドという流れだが、後にシグネチャーモデル(人気ギタリストの使用モデルの再現品など)が発売されたため、80年代以降にスモールヘッドのモデルが製造されたりもしている。

ペグ(糸巻、転手、チューナー)[編集]

装着されるペグ(糸巻き)は、Fキイと呼ばれるFの字がプレスされた物、クルーソン・タイプやロトマチック・タイプ、ロック式など、数種類が存在する。ストリングスガイドを使わなくても良いように弦を巻く軸の長さが1弦側が短くなっているタイプもある。アフターマーケットでは様々な物が手に入るので好みの物に交換できる。

ナット[編集]

0フレットのない、一般的な物である。ジェフ・ベックモデルにはLSR製のローラー・ペグが装着されるがウィルキンソン製のローラー・ペグの物も製造されている。 アフターマーケットにはデルリン製など様々な材質やチューニングを正確にする工夫をされた変形品もある。また、ローラー・ペグもLSR製、ウィルキンソン・GOTOH製など数種類手に入る。

電装部品[編集]

ピックアップは通常、シングルコイルを3つ(フロント=ネック側、ミドル=中央、リア=ブリッジ側)搭載していて、スイッチで切り替えることが出来る。工場出荷時の配線状態では、ツマミは3つ(ピックアップに近い方からマスター・ヴォリューム、フロント・トーン、ミドル・トーン)。

従来はリア・ピックアップにはトーン・コントロールがなかったが、近年のモデルではミドル・トーンが、リア・ピックアップのトーンコントロールを兼ねている製品(アメリカンシリーズ等)もある。

ピックアップの切り替えスイッチは、初期にはフロント/ミドル/リアの3ポジションだったが、ハーフトーン(2つのピックアップを利用しミックスしたサウンド)を得るためサードパーティから5ポジションスイッチが発売された後、現在では製造時に5ポジション(フロント/フロント+ミドル/ミドル/ミドル+リア/リア)が採用されている。[注 2]

アンプへのシールド・ケーブルを接続するジャックは、テレキャスターはボディ側面とプラグが垂直に接続される方式だったが、ストラトキャスターではボディ表面に対してプラグが斜めに接続されるよう工夫されている。

ブリッジ[編集]

シンクロナイズド・トレモロユニット(ヴィンテージ・タイプ)
ボディ下面に設けられたスプリング・キャビティ内部。左からスプリングハンガー、ばね、サステインブロック。

ストラトキャスターの革新的な特徴の一つが、シンクロナイズド・トレモロ・ユニットとフェンダー社によって名づけられたブリッジビブラート・ユニットである。本来はビブラート効果(音程の変化)を出す目的の物でトレモロ効果(音量の変化)のための物ではない。[注 3]

これは、ブリッジに取り付けられているトレモロ・アームと呼ばれる棒を、ボディに向かって押す、あるいは(調整して、それを可能にした上で)引いてビブラート効果を得るものである。

ブリッジにはボディ裏側にスプリングがついており、弦の張力と拮抗してブリッジの位置を維持しているが、トレモロアームの操作でブリッジを移動させて弦の張力を変えて、音程を変化させる。トレモロアームはねじ込み式で、取り外すことができる。バネを利用したビブラート・ユニットはすでにビグスビー社などによって開発されていたが、シンクロナイズド・トレモロは、構造の単純さ、音程の可変幅の大きさなどで群を抜いていた。初期モデルはブリッジに手が当たらないよう、金属製のブリッジカバーを装備していたが、現行モデルでは省略されている。

開発時、ビブラート・ユニットの追加はセールスからも強く求められた。 有名なエピソードだが完成直前の段階でそれまで予定していたビブラート・ユニットに深刻な欠点が見つかり(サスティーンが非常に不足したらしい。) すでに型も製作され発注済みであった部品を廃棄する羽目になり、そこで一から設計をし直し完成したのがシンクロナイズド・トレモロ・ユニットである。

材料[編集]

ボディ材は、1954年の発売当初はアッシュを用いていたが、後にアルダーや少量だがアメリカン・バスウッドも用いられるようになった。アッシュは音の立ち上がりがよく存在感がある、アルダーは中域に特徴がある、アメリカン・バスウッドは音質にくせがないといったように、それぞれの木材には音質に特徴があり、用途や好みによってユーザーに選好されている。

ネックは、発売当初はメイプル1ピース(指板を持たない一体成形)が主だった。しかし、指板面の塗装が剥がれると汚れが目立つというユーザーからの要望もあり、メイプルのネックにハカランダローズウッドを指板として貼り付けたネックが採用されるようになった。それと並行して、メイプルのネックにメイプルの指板を貼り付けたタイプも一時的に生産された。この仕様は「貼りメイプル」と呼ばれ、ジミ・ヘンドリックスが使っていた影響から、現在では珍重されている。現在ではメイプル1ピース(指板が白っぽい)と、ローズウッドなどの指板を張ったタイプ(指板が黒っぽい)と、両方が製造されている。

音色[編集]

同一の材で製作した場合、テレキャスターに比べるとやや柔らかい音という評価がある。これは、表面側がピックアップや電装類を収納するために比較的大きく削られており、その上に樹脂製ピックガードが取り付けられ、さらにシンクロナイズド・トレモロの機構を収めるための空間(スプリング・キャビティ)も存在するため、セミアコースティックギターに似た空間が形成されている。ボディ裏に張られたスプリング(シンクロナイズド・トレモロの機構の一部)が、弦の振動に共振する点も、ストラトキャスターの音質に影響を与えているという説もある[1][2]

3つのピックアップは同じ部品だが、取り付け位置の違いにより取り出される音質は大きく異なる。ブリッジ(リア)側は高域が強調され、ネック(フロント)側は逆に高域の成分が少ない「甘い音」になる。ピックアップ・セレクター・スイッチをブリッジ・ミドルあるいはミドル・ネックの中間で止めて音をミックスさせる、いわゆるハーフトーン(ガラスの弾けるような繊細なトーン)も使用できるため、サウンドのバリエーションが広い[注 4]

ギブソン・レスポールに搭載されているダブルコイルのハムバッキングピックアップ[注 5]と比べると、シングルコイルピックアップは出力が弱く、帯域の広いサウンドが特色だが、マーシャルに代表される大音量のアンプや、歪みエフェクターとの組み合わせにより、ディストーションサウンドを得ることもできる。ディストーションサウンドが不可欠なハードロックに用いるギタリストも数多く存在する[注 6]

ストラトキャスターの進化と使用ギタリスト[編集]

ロックギターのスタンダードへ[編集]

ジェフ・ベック
TOTOのスティーヴ・ルカサー。1982年のツアーより。
エドワード・ヴァン・ヘイレンのストラトタイプギター。
スティーヴィー・レイ・ヴォーン・モデル
イングヴェイ・マルムスティーン・モデル

ストラトキャスターが、エレキギターのスタンダードとなる上で最も重大な役割を演じたのが、ジミ・ヘンドリックスエリック・クラプトンである[3]

1950年代には、ハンク・マーヴィン(シャドウズ)やバディ・ホリーなども使用していたが、1966年にジミ・ヘンドリックス・エクスペリエンスがデビューして、この状況は大きく変化する。ジミは、大音量のマーシャルのギターアンプにストラトキャスターを接続し、ギブソン社のレスポール・モデルにも劣らないディストーション・サウンドを引き出した。また、シンクロナイズド・トレモロを生かした変幻自在の演奏も相まって、ストラトキャスターが持つロック用エレキギターとしての潜在能力の高さを見せつけたのである。 彼の影響を受けてストラトキャスターを手にしたのが、クラプトンやジェフ・ベックである。[注 7]

クラプトンによるストラトキャスターの演奏は、ヘンドリックスとはかなり対照的である。ヘンドリックスほどは音を歪ませず、シングルコイル・ピックアップ本来の音色を生かした彼の演奏は、ストラトキャスターの新たな魅力を引き出した。ハーフトーン(センター・ピックアップとのミックスポジション)を一般化させたのも、彼の功績である(ハーフトーン自体は、ヘンドリックスなども使用していた)。なお、クラプトンはトレモロ・ユニットを使わず固定し、アームを外している。

ヘンドリックスに多大な影響を受け、そのアクロバティックな側面を受け継いだギタリストの一人に、ディープ・パープルレインボーで活躍したリッチー・ブラックモアがいる。彼は、ストラトキャスターの唯一の弱点とも言える出力不足を、ピックアップを高出力のシェクター製クオーター・パウンドに交換することで補い、ストラトキャスターがハードロックにも十分通用することを証明して見せた。

また、ピンク・フロイドデヴィッド・ギルモアもストラトキャスターを愛用しており、彼の場合は1970年代後半から1980年代においては、ピック・アップをディマジオ社の「スーパーディストーション」に交換して使用していた。彼のように、ピック・アップをスーパーディストーションに交換するのは当時の流行であり、多くのミュージシャンが模倣している。ちなみに、ペグをシャーラー社のものに交換するのも当時の流行であった。

フュージョン系やブルース系、ソウル系のギタリストの中にも、ストラトキャスターを愛用する者が増えた。ブルース系ギタリストではバディ・ガイロバート・クレイスティーヴィー・レイ・ヴォーンなどが、フュージョン系ではハイラム・ブロック、デビュー当時のマイク・スターンなどが、有名なストラト愛用者である。こうしてストラトキャスターは、ソリッド・ボディ・エレキギターの定番中の定番として、その地位を不動のものとする。

ストラトキャスターの派生モデル及び改造モデルの広がり[編集]

1970年代にはシェクター社などの、ストラトキャスター用の改造部品を製造・販売するメーカーが登場し始めた。これは既に見たように、ストラトキャスターが大量生産される工業製品として設計されていたため、部品の交換が容易であったことによる。また、グレコフェルナンデスアイバニーズなど、ストラトキャスターのコピーモデルを製造販売する会社も現れる。

1980年代に入ると、本家であるフェンダー社のストラトキャスターよりも高価な材料を用い、高精度な工作によって製造された高級なストラトキャスター派生モデルが一般化する。また、1970年代末に登場したギタリスト、エドワード・ヴァン・ヘイレンが自作の改造ストラトキャスター(ストラトキャスター型ボディにハムバッキング・ピックアップをダイレクトマウントし、クレイマー社製のネックを装着)を使用していた影響もあり、ハムバッキング・ピックアップをリアにマウントしたストラトキャスター派生モデルが大流行する。現在では、ストラトキャスターにハムバッキング・ピックアップを搭載するスタイルは定番として多く見られる。これらは英語圏では"Superstrat"と呼ばれるが、日本ではモダンST、カスタムST程度の呼び方が一般的である。

このストラトキャスター派生モデルは、1980年代にはブラッド・ギルス(ナイト・レンジャー)やスティーヴ・ルカサーが使用していた、SSHレイアウト+フロイド・ローズ・トレモロユニットというデザインが定番であり、シャーベル社やジャクソン社の製品が有名であった。この時期、ボディのデザインもさらに多様化し、ジャクソン社が考案したディンキー・モデル(一回り小さいサイズ)や、ピックガードレス・デザインなどが広く普及する。

1990年頃からは、スティーヴ・ヴァイがアイバニーズ社に作らせたシグネチャーモデル(ディンキー・ボディ+HSHレイアウト)の影響もあり、フロイド・ローズ装着型のストラトキャスター派生モデルの定番は、HSHレイアウトへと変化する。

シグネチャーモデルの登場とオーソドックスなデザインへの回帰[編集]

1980年代は、ストラトキャスター派生モデルの全盛期であった。しかし、ハードロック・ブームの終息と共に、ストラトキャスター派生モデルの人気も沈静化する。

新たにストラトキャスター分野の人気商品となったのは、フェンダー社が展開した有名ギタリストのシグネチャーモデルである。フェンダー社や日本における代理店である山野楽器は、オーソドックスなストラトキャスターを愛用している有名ギタリストのシグネチャーモデルを次々に企画し、発売していった。特に有名なものは、エリック・クラプトン・モデルとイングヴェイ・マルムスティーン指板をえぐる加工 —スキャロップド・フィンガーボード— が施されている)・モデルであるが、他にもジェフ・ベックやスティーヴィー・レイ・ヴォーン、ロリー・ギャラガーエリック・ジョンソン(ロック・フュージョンのギタリスト)など、様々なシグネチャーモデルが発売された。これらのシグネチャ・モデルは、製造品質において些かという以上に評判を落としていたレギュラー・ラインのストラトキャスターとは異なり、カスタムショップと名付けられた別ラインで組み上げられることが多かったため、ストラトキャスターの上位モデルとしての役割も担うようになった。中でも、ミッド・ブースト回路が装備されたエリック・クラプトン・モデルは、既にストラトキャスター分野の定番モデルと捉えられるようになっている。

近年は、トリビュートシリーズの中で、実際に本人が所有したギターを詳細に分析したレプリカが発売されている。スティーヴィー・レイ・ヴォーンのNO.1及びレニー、エリック・クラプトンのブラッキーなどが代表的である。

また、1990年代初頭には、フェンダー社は新たにレース・センサーと名付けられたフル・カヴァード・タイプのピックアップを開発し、幅広いモデルに搭載して販売していた。レギュラー・ラインである「アメリカン・スタンダード」は一時期全てレース・センサーが搭載されていたほどである。また、トレモロ・ユニットは新たに2点ナイフエッジ支持の「アメリカン・スタンダード・トレモロ」が開発され、「アメリカン・スタンダード」や「アメリカン・デラックス」に搭載されるようになった。

ストラトキャスターの現状[編集]

「ストラトキャスター」はフェンダー社によって商標登録された商品である一方、エレキギターの一つのジャンル名と見なす意見もある。その一方、「ストラトキャスター」はあくまでもフェンダー社の製品であり、他社の類似品を「ストラトキャスター」と呼ぶべきではないという意見もある。

ジャンルとしてのストラトキャスター・タイプとなると、その全てを網羅的に解説することは困難である。以下ではフェンダー社の商品に限って、その現状を解説する。

フェンダー社のストラトキャスターは、様々な部品の組み合わせによって無限に仕様を増やすことが出来るのが特徴である。別の言い方をすれば、組み合わされる部品の種類の方が、組み合わされた製品の種類よりも少ないのである。

以下に大まかな部品構成を示す。これらの部品を様々な形で組み合わせたものが、現在「フェンダー・ストラトキャスター」として販売されている。

ボディ
使用される材はアルダー、アッシュ、セン[注 8]バスウッドポプラが中心である。ボディデザインは共通である。
ピックアップ
「アメリカン・スタンダード」以上のモデルに限ると、搭載されるのはノイズレス、ノイズレス・ホット、テキサス・スペシャル、ヴィンテージ、アメリカン50's、レース・センサー系の6つである。フェンダー・ジャパンやメキシコの廉価モデルに搭載されるピックアップは仕様が一定しておらず、固有名詞も与えられていない。
ネック
メイプル1ピース、ローズウッドonメイプルの2種類が基本であるが、「貼りメイプル」のモデルが、カスタムショップで製作されることもある。ヘッドストックの形状は、スモールとラージの2種類である。ラージはハイウェイワンシリーズ、デラックスシリーズのSSHモデル、クラシックシリーズの1970年モデル、アメリカン・ヴィンテージシリーズの1970年モデル、カスタムショップの1969年モデルに使用されている。
トレモロ・ユニット
シンクロナイズド・タイプとアメリカン・スタンダード・トレモロ、アメリカン・デラックス・トレモロの3種類である。
塗装
基本的にポリウレタン塗装、一部のモデルにはニトロセルロース塗装がなされる。

ストラトキャスターの変遷[編集]

大まかな時代に分けた上で、少数生産品などを含めないレギュラーモデルの主な仕様、および変更点を示す。機能や外観に大きく影響しない変更点は省略。(出典:[4])

年式 ヘッドストック ネック ボディ 電装系統
1954年- スモールヘッド、スパゲティロゴ、丸型ストリングガイド、クルーソンペグ メイプル1Pネック、「U」ネックシェイプ アッシュボディ、2トーンサンバースト 1プライ8点留めピックガード、3wayセレクタースイッチ、布被膜配線材及び0.1MFDペーパーオイル・キャパシタ
1956年- 羽根型ストリングガイド 「V」ネックシェイプ(57年)、「C」ネックシェイプ(58年-) アルダーボディ、3トーンサンバースト(58年-)、ブロンド色はアッシュボディ継続
1959年後期-   「スラブ貼り」方式ローズウッド指板 3プライ11点留めピックガード(セルロイド)、0.1MFDセラミック・キャパシタ(61年-)
1962年後期- トランジションロゴ(64年-、「移行期ロゴ」の意) 「ラウンド貼り」方式ローズウッド指板 ピックガードのネジ位置が1箇所変更(63年-)
1965年 CBS社による会社買収、これ以前を"Pre-CBS"モデル、以降を"CBS期"モデルと呼ぶ
1965年後期- ラージヘッド、前期「Fキー」ペグ(67年-)、「CBS」ロゴ(68年-) 「貼りメイプル」指板が正式オプションに(67年-)、通常仕様でメイプル又はローズウッド指板が選択可能に(70年-) 下地塗装がポリエステルに(68年-) ピックガード材質変更(塩化ビニール)、ピックアップキャビティ形状変更(69年-)、ビニール被膜配線材及び0.05MFDセラミックキャパシタ(69年-)
1971年後期- 後期「Fキー」ペグ、ブレットトラスロッドナット、ストリングガイドが2個に増設(72年-) 3点止め及びマイクロティルト機構を備えたジョイント方式 ナチュラル色アッシュ材がオプションに、ダイキャスト製ブリッジサドル及びブロック(72年-)
1976年- シャーラー社製「Fキー」ペグ サンバースト色はアッシュ材に 黒3プライピックガード、黒コントロールノブ及びスイッチノブ(77年-)、5wayセレクタースイッチ(77年後期)
1982年-83年 "Dan Smith"スモールヘッド(旧来のスモールヘッドとは異なる) 4点止めジョイントへの回帰 「インターナショナル・カラー」他、カラースキームの全面改訂 キャビティ内導電塗料等アース処理方式の全面改訂
1983年中期- 無印のモデル名「ストラトキャスター」は廃番に、
「スタンダード・ストラトキャスター」「エリート・ストラトキャスター」他へとモデルが分岐
1985年 Bill Schultzによる会社買収で"CBS時代"が終焉、現行のFMIC体制へ

「ヴィンテージ」市場の存在[編集]

ストラトキャスターの中でも製造年の古い個体は「ヴィンテージ」と呼ばれ、中古市場において高価格で取引されている。2013年にはボブ・ディランが使用した1964年製のストラトキャスターがクリスティーズ競売にかけられ、ギターとしては史上最高額の96万5000ドル(約9930万円)で落札された[5]

ヴィンテージ市場は1980年代末から一貫して高騰基調にあり、現在ではフェンダー社がCBS社に買収される以前(1954年から1965年前期までのモデル。Pre-CBSと呼ばれる)が状態によっては数百万円、またはそれ以上の価格で取引されることもある。またフェンダー・ジャパンの最初期モデルは「ジャパン・ヴィンテージ」と呼ばれ、日本独自の中古市場が形成されている。

"0001" ストラトキャスターを弾くギルモア、フェンダー50周年コンサートにて

ストラトキャスターの製造初年である1954年製のシリアルナンバー#0001の個体(英語版 "The 0001 Strat")は、ピンク・フロイドのデヴィッド・ギルモアが1970年代から現在まで所有している。2004年に、イギリスで行われたストラトキャスターの50周年記念のライヴの際も使用された。ただし、このギターはあくまでも「ネック・ジョイントプレートにシリアルナンバーが記載されている」物としての1号機であり、これ以前に、「ボディ裏面にあるスプリングカバー(バックプレート)にシリアルナンバーが記載されている」物を含め250台程度存在するので、正真正銘の第1号機ではない。なお、この「ネックシリアル1号機」は、ブロンドカラー、ゴールドパーツの特注品である。正真正銘の第1号(バックプレートシリアル0001)機については、一時北米のコレクターが所有していると言う噂が飛び交ったがデマと判明し、現在に至るまで発見されていない(バックプレートは紛失し易く、弦交換の手順を簡素化させるため取り外して弾くプレイヤーが多く、更には容易に取り替えが効くため、事実確認が困難)。

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ レオ・フェンダーはギターは全く演奏出来なかった。彼と共に開発に当たったフレディ・タバレスはスパニッシュ・ギターよりも寧ろスティールギターの名手であった。また彼らは当時社に出入りしていたビル・カーソンというウェスタン・スィング・ギター奏者の意見を取り入れている。6分割されたサドルは彼の要望であり、ヴィブラート・ユニットはビグスビー・ビブラートに対抗する必要があるというフェンダー社のセールス側からの要望であった。
    『フェンダー・ストラトキャスター』(2004年, 新装増補版, リットーミュージック・ムック) pp.75-76 ISBN 4845611244
  2. ^ ストラトの中古を買い集めていたクラプトンは、錆び始めて固くなったスイッチと錆び始めてゆるくなり定位置に固定できなくなったスプリングによって3ポジションのスイッチからハーフトーンを引き出したという伝説がある。
  3. ^ ストラトにおけるトレモロ奏法とはこのアームを上手く使った奏法のことである。
  4. ^ 当初、ストラトキャスターは3ポジションスイッチだったため、ハーフトーンを使用するためにはスイッチノブをセンター位置に注意深く合わせる必要があり、一部のアーティスト達が裏技的に使用していただけだった。後にハーフトーンが有名になると、ノブ位置を簡単に合わせられるよう、正式に5ポジションスイッチ(ハーフトーンの位置にもクリックがある)に変更された。
  5. ^ フェンダー社の純正ピックアップでも、「ノイズレス」モデルや「レースセンサー」モデルなど、ハムキャンセリング仕様のピックアップは存在する。
  6. ^ リッチー・ブラックモアイングヴェイ・マルムスティーンゲイリー・ムーアジョン・ノーラムなど。ただし、ピックアップが変更されている例も多い。例えば、ブラックモアの場合は過去にシェクター社やレース社のモデル、マルムスティーンの場合は過去にはディマジオ社、現在はセイモア・ダンカンのモデルにピックアップを変更している。
  7. ^ ただし、クラプトンもベックもヘンドリックスの生前には表だってストラトキャスターを使用することはほとんどなく、多用するようになったのはヘンドリックスの没(1970年9月18日)後である。
  8. ^ センを用いるのはフェンダー・ジャパンのみである。センは、ジャパン・アッシュとも呼ばれる。

出典[編集]

  1. ^ 菅野至, Rockin'Web「ROCK GUITARの世界」第6話 Fender Stratocaster その2 - ウェイバックマシン(2004年1月2日アーカイブ分)
  2. ^ 『フェンダー・ストラトキャスター』 pp.64-65, pp.68-69
  3. ^ 椎野秀聰『僕らが作ったギターの名器』文春新書、2010年、134ページ ISBN 4166607707
  4. ^ 『ストラトキャスター・オーソリティ』シンコー・ミュージック、ヤングギター編集部、2014年 ISBN 9784401639588
  5. ^ ボブ・ディランさん使用のエレキギター、史上最高額で落札 AFPBB News 2013年12月8日

外部リンク[編集]