フェンダー・ジャズマスター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フェンダー・ジャズマスター
Fender Jazzmaster
Fender Jazzmaster.jpg
Fender Jazzmaster
メーカー/ブランド フェンダー
製造時期 1958年 - 1980年1999年 - (フェンダー・ジャパン 1986年 - )
構造
ボディタイプ ソリッド
スケール長 25 1/2インチ
フレット 21フレット
ネックジョイント ボルト・オン
材質
ボディ アルダー (アッシュその他の材質で造られた個体も存在)
ネック メイプル
フィンガーボード ローズウッド (オプションで貼りメイプル)
ハードウェア
ペグ 1964年まで:クルーソン 1965年 - 1980年:フェンダーFキー
リイシュー:基となった年代の仕様に準ずる
ブリッジ フローティング・トレモロ
電気系統
ピックアップ シングルコイル×2
コントロール ボリューム×1、トーン×1、3ポジション・ピックアップ・セレクター(トグル式)
テンプレート | カテゴリ

ジャズマスター(Jazzmaster)は、1958年に発表された、フェンダー社のエレクトリック・ギターである。

当時、ギブソン・レスポールジャズギタリストに愛用されていたが、テレキャスターストラトキャスターをジャズで使用するギタリストはいなかった。そこでレオ・フェンダーは、ジャズに対応出来るギターの開発に着手する。「ジャズマスター」という名称はこれに由来している。

ジャズマスターに搭載されているピックアップは、ストラトキャスターなどに搭載されている通常のシングルコイル・ピックアップよりサイズが大きく、見た目はギブソンのP-90に近い。音色は、通常のシングルコイル・ピックアップより太い。トレモロユニットも、ストラトキャスターのシンクロナイズド・トレモロとは異なるフローティング・トレモロを搭載。この機構は、後にジャズマスターの上位機種として登場するジャガーにも搭載された。

その他にも、プリセット・トーン/ボリューム回路や、座って演奏する際に安定するオフセットウエストと呼ばれる左右非対称のボディシェイプ、トレモロアーム使用時の調律安定のため前後に可動し弦高調整も可能なブリッジなど多くのアイデアが取り入れられた。

1966年からは、ポジションマークが丸から四角形に変更され、ネックにバインディングが施されるようになる。その後、何度かマイナーチェンジし、1980年頃まで製造は続けられた。製造中止後も需要は途絶えず、1986年よりフェンダー・ジャパンにて、1999年よりフェンダー・USAでも再生産販売が行われている。

ジャズに対応出来るギターとして開発されただけあり、ジョー・パス等のジャズ・ギタリストに愛用されていた。フロント・ピックアップからは、ギブソン製のギターにも似たジャジーなサウンドを発する。実際の音は、ジョー・パスのPacific Jazzレーベル時代の演奏で聴くことができる。リア・ピックアップからはかなりワイルドなサウンドも出せるため、ベンチャーズなど等のサーフ系バンドのギタリストや、1970年代以降はガレージロック、特に90年代以降はオルタナティブ・ロック系のギタリストに愛用されており、近年ではシューゲイザー系のギタリストにも多用されている。

1950年代のヘッド・デカールはシンクロナイズドの綴りが間違っている。

愛用アーティスト[編集]

外部リンク[編集]