THE NOVEMBERS

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
THE NOVEMBERS
基本情報
出身地 日本の旗 日本
ジャンル オルタナティヴ・ロック
インディー・ロック
シューゲイザー[1]
ポスト・ハードコア
ポスト・グランジ
ゴシック・ロック
ノイズロック
活動期間 2005年 -
レーベル DAIZAWA RECORDS2007年 - 2013年MERZ2013年-)
事務所 UKプロジェクト(2007年-2013年MERZ(2013年-)
公式サイト THE NOVEMBERS
メンバー
小林祐介 (ボーカルギター
ケンゴマツモト(ギター)
高松浩史(ベース
吉木諒祐(ドラムス

THE NOVEMBERS(ザ・ノーベンバーズ/ザ・ノベンバーズ)は、日本オルタナティヴ・ロックバンド。略称は「ノベンバ」。

2005年3月に結成。2007年11月にUKプロジェクトDAIZAWA RECORDSより『THE NOVEMBERS』でインディーズデビュー。

メンバー[編集]

[2]など、邦楽ではdip[3]ART-SCHOOL[4]などに影響を受ける。

  • ケンゴマツモト/松本健吾(けんご まつもと)
    • 1983年6月生まれ
    • ギターを担当。
    • 宮崎あおいの熱狂的なファンである。
    • 自身の美学としてVネックのシャツをまとう事が多い。
    • メンバー唯一の喫煙者。銘柄はウィンストン
    • 趣味は飲酒
    • ギターはフェンダーメキシコのテレキャスターを愛用。
    • ブログでの文章は、ほぼ改行しない上、句読点も使わない。また、ほぼ「グーテン」という挨拶からはじまる。また同ブログにおいてフェイバリットはペイヴメント、ヴェルヴェット・アンダーグラウンドであると公言している。
  • 高松浩史(たかまつ ひろふみ)
  • 吉木諒祐(よしき りょうすけ)
    • 1985年11月1日生まれ。
    • ドラムスを担当。
    • ドラムを始めたのは大学生になってから。ボーカルの小林に「叩き方がかっこいい」という理由でスカウトされた。
    • Nirvanaデイヴ・グロールをこよなく愛する。
    • LOSTAGEの岩城智和氏に師事。本人いわく「日本で一番好きなドラマー」とのこと。
    • THE NOVEMBERSとは別に佐々木博史(condor44)入井昇(ex.nhhmbase)三島想平(cinema staff)らと共に新たなバンドwater quarterを結成。
    • 2011年からはCONDOR44のサポートも行う。

来歴[編集]

  • 2001年夏、宇都宮の高校にて小林祐介、高松浩史が出会う。
  • 2002年4月、前身バンドが活動開始。
  • 2005年3月、前身バンドを解散し、THE NOVEMBERSとしての活動が始まる。
    • 8月、メンバー脱退。サポートとして吉木諒祐を迎える。
    • 9月、吉木諒祐が正式加入。
    • 10月、ケンゴマツモトが加入。
  • 2006年デモCDを2作発表。それぞれがCDショップの委託チャートにランクイン。自主企画である「首vol.1」~「首vol.3」を敢行。3本の自主企画全て100人以上の動員を記録。
  • 2007年 ハイラインレコード、下北沢ガレージのコンピレーションアルバムに参加[6]
  • 4月28日、7月13日に自主企画「首」を開催。
    • 11月、「UK PROJECT」より、1st EP「THE NOVEMBERS」発表。
  • 2008年6月、初のフルアルバムである『Picnic』を発表。
  • 2009年3月、2nd EP『paraphilia』を発表。
  • 2010年3月、2nd Full album『Misstopia』を発表。
  • 2011年8月、1st Single『(Two) into holy』と3rd Full Album『To (melt into)』を同日に発表。
  • 2012年5月、ファッションブランドLAD MUSICIANのコレクションショーにて、BGMとしてライブによる生演奏を行う。
    • 11月、3rd EP『GIFT』を発表。
  • 2013年5月、4th EP『Fourth wall』を発表。
    • 10月、「UK PROJECT」から独立し、自主レーベルMERZを立ち上げる。
    • 11月、downyの青木ロビンをプロデューサーに迎え、4th Album『zeitgeist』を発表。
    • 12月、COUNTDOWN JAPANにChara × THE NOVEMBERSで出演。

作品[編集]

demo CD[編集]

  1. 1stdemo CD 『THE NOVEMBERS』(2005年8月13日)
    螺旋と水 / marble /echo /天井と管 *ここで収録されているmarbleは2007年に発売される1stミニアルバムとアレンジが変わっている *2010年3月8日から、Myspace内のブログにおいて、フレンド限定で無料ダウンロードが可能。
  2. 2nddemo CD 『THE NOVEMBERS』(2006年9月13日)
    アマレット / 白痴
  3. 3rddemo CD 『THE NOVEMBERS』(2006年10月13日)
    EXIT / ア_-オ

シングル[編集]

  1. 1st『(Two) into holy』 (2011年8月3日)
    再生の朝 / 夢のあと / 小声は此岸に響いて / melt

EP[編集]

  1. 1st『THE NOVEMBERS』 (2007年11月7日)
    Exit / she lab luck / marble / バースデイ / 最近あなたの暮らしはどう / ア_-オ
  2. 2nd『paraphilia』 (2009年3月18日)
    philia / dnim / keep me keep me keep me / chil / para / mer
  3. 3rd『GIFT』 (2012年11月7日)
    Moiré / Harem / Reunion with Marr / ウトムヌカラ / Slogan / GIFT / Thank You
  4. 4th『Fourth wall』(2013年5月15日)
    Krishna/dogma/primal/Fiedel/Obsever effect/Ⅰ.Dream of Venus Ⅱ.Children

フルアルバム[編集]

  1. 1st『picnic』 (2008年6月4日)
    こわれる / Arlequin / chernobyl / アマレット / ewe / 僕らの悲鳴 / ガムシロップ / アイラブユー / 白痴 / picnic
  2. 2nd『Misstopia』 (2010年3月10日)
    Misstopia / Figure 0 / dysphoria / pilica / パラダイス / sea’s sweep / Gilmore guilt more / I’m in no core / Sweet Holm / ウユニの恋人 / tu m
  3. 3rd『To (melt into)』 (2011年8月3日)
    永遠の複製 / 彼岸で散る青 / 瓦礫の上で / はじまりの教会 / 37.2° / ニールの灰に / 日々の剥製 / 終わらない境界 / holy
  4. 4th『zeitgeist』 (2013年11月30日)
    zeitgeist / We / Louder Than War (2019) / Wire (Fahrenheit 154) / D-503 / 鉄の夢 / Meursault / Sky Crawlers / Ceremony / Flower of life

コンピレーション[編集]

  1. 『コラージュ オブ 北沢3丁目』【限定版】(2007年5月30日)
    enndiscと下北沢ガレージによるコンセプトアルバム。/02「ブルックリン最終出口」10「she lab luck」で参加。
  2. 『「ナハト・ムジィク」~眠れぬ夜の眠れる音楽集~』(2013年11月27日)
    02「終わらない境界」で参加。

トリビュート[編集]

  1. 『NEVERMIND TRIBUTE』(2012年4月4日)
    10「Stay Away」で参加。
  2. 『dip tribute 〜9faces〜』(2012年6月6日)
    03「human flow」で参加。
  3. 『エレファントカシマシ カヴァーアルバム2 ~A Tribute to The Elephant Kashimashi~』(2013年12月18日)
    10「月夜の散歩」Chara × THE NOVEMBERSで参加。
  4. 『hide TRIBUTE Ⅶ –Rock SPIRITS-』(2013年12月18日)
    08「DOUBT」で参加。
  5. 『Yes, We Love butchers ~Tribute to bloodthirsty butchers~ Mumps』(2014年1月29日)
    10「11月」で参加。

イラストレーション[編集]

CDジャケット及びグッズにおけるイラストのほぼ大半はイラストレーターの鳥羽史仁(通称tobird)によるもの。

  • greenis(イラストレーター鳥羽史仁の公式サイト)

脚注[編集]

  1. ^ THE NOVEMBERS / GIFTSkream!
  2. ^ THE NOVEMBERSインタビュー」 1stアルバム発表時、CINRA.NETのインタビュー
  3. ^ 細胞のライチ」 THE NOVEMBERS小林のブログ
  4. ^ )))))))」 THE NOVEMBERS小林のブログ
  5. ^ mmm」 メンバーブログ「最近ぼくらの暮らしはこう」
  6. ^ コラージュオブ北沢3丁目」 

外部リンク[編集]