トクマルシューゴ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
トクマルシューゴ
Shugo Tokumaru.jpg
基本情報
別名 Shugo Tokumaru
出身地 日本の旗東京都
ジャンル インディー・ロック
インディー・ポップ
インディー・フォーク
職業 ミュージシャン
担当楽器 ボーカル
ギター
玩具
活動期間 2004年-現在
レーベル 日本の旗P-VINE RECORDS
ポリバイナル・レコーズ[1]
Music Related
日本の旗Compare Notes
Active Suspension
Lil' Chief
StarTime International
共同作業者 イトケン田中馨、岸田佳也、ユミコ、シャンソンシゲル、GELLERS
公式サイト http://www.shugotokumaru.com

トクマル シューゴ1980年5月29日 - )は、日本のミュージシャンである。東京都出身。

アコースティックギターを中心に、様々な楽器や、玩具などの非楽器を演奏し、多重録音による実験的なポップミュージックを生み出すことで知られる。

人物と作品[編集]

2004年にニューヨークのインディーズレーベル・Music Relatedより宅録により制作されたファーストアルバム『Night Piece』をリリース。本アルバムは日本語歌詞であるにも関わらずWIRE誌、ローリング・ストーン誌などに採り上げられる。また、辛口なレビューで知られ、インディーシーンに絶大な影響力を持つ音楽情報サイト、Pitchforkのレビューにおいても8.6/10という大変な高評価を得る。

2005年にセカンドアルバム『L.S.T.』をリリース。翌には、ヨーロッパニュージーランドでも相次いでリリースされ、フランススペイン北欧を回る初のヨーロッパ・ツアーを行った。

2007年にサードアルバム『EXIT』をリリース。本作はティーンエイジ・ファンクラブノーマン・ブレイクなど海外のミュージシャンからも賞賛され、商業的にも成功を収めた。

2008年、FUJI ROCK FESTIVALみやこ音楽祭NANO-MUGEN FES.に出演。2009年、SUMMER SONICROCK IN JAPAN FESTIVAL朝霧JAMROSKILDE FESTIVALに出演。同年、ニューズウィーク誌が特集した「世界が尊敬する日本人100人」に選出された。

2010年4月、4thアルバム『Port Entropy』をリリース。全国13カ所でツアーを行い全公演が即ソールドアウト。NHK『トップランナー』に出演。

2011年には『Port Entropy』を米ポリバイナル・レコーズよりリリース。ヨーロッパ、アジア、オーストラリアなど海外ツアーも敢行。 自身が主催するTONOFONを立ち上げフェスを開催。FUJI ROCK FESTIVAL WHITE STAGEに出演。

2012年、TONOFONよりDVD『TONOFON FESTIVAL & SOLO 2011』をリリース。

また、楽曲「Clocca」がバンクーバーオリンピックのスポット広告「Olympic Spirit」に起用された他、SONY無印良品進研ゼミ森永製菓など、国内外の多くのCMで既存の楽曲やオリジナル曲が使用されている。

ライブ活動も盛んに行っており、ソロや、トクマルシューゴをフロントに据えた5人のメンバーで様々な楽器を駆使した演奏を披露する。 GELLERSというロックバンドにも在籍。

作品[編集]

アルバム[編集]

タイトル レーベル 発売日
CD-R Demo Fragment 非売品 2003年
1st Album Night Piece Music Related、Compare Notes 2004年8月20日
2nd Album L・S・T Compare Notes、Active Suspension 2005年8月25日
3rd Album EXIT Pヴァイン、StarTime International 2007年10月19日
1st Mini Album Rum Hee Pヴァイン 2009年4月2日
4th Album Port Entropy Pヴァイン、ポリバイナル・レコーズ 2010年4月21日
5th Album In Focus? Pヴァイン、ポリバイナル、High Note、Pastel Music[2] 2012年11月7日

シングル[編集]

  • Vista/Friend(2006年7月18日)(円盤)

配信限定シングル[編集]

  • そりすべり(2009年11月25日)

DVD[編集]

  • TONOFON FESTIVAL & SOLO 2011(2012年5月16日)(TONOFON)

参加作品(主にRemix)[編集]

  • Apartments "Sleeping Bird"『Apremix』(2006)
  • Moools "Tournament"『Tournament』(2006)
  • David Fenech "Spiderwoman"『Polochon Battle』(2007) ※コラボレーション
  • あがた森魚 "赤色エレジー"『赤色エレジーマニア』(2007) ※カバー
  • オムニバス "Micro Guitar Music"『極東最前線2』(2008) ※オリジナル曲
  • .tape. "With Paul"『Repainted』(2008)
  • ユニコーン (バンド) "自転車泥棒"『URMX』(2009)
  • I am robot and proud "401 Circuit"『Uphill City Remixes & Collaborations』(2010)
  • Deerhoof "Behold a Marvel in the Darkness"『Behold a Marvel in the Darkness / Hey I Can』(2010)

音楽担当[編集]

TV[編集]

「GRIN・GRIN」(映像:本郷伸明)

CM[編集]

  • 無印良品「その次があるバスタオル」「超音波アロマディフューザー」他
  • 森永製菓『いいこと、12コ。』模様替え 編

映画/舞台[編集]

外部リンク[編集]

脚注[編集]