インディー・フォーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Indie folk
様式的起源 フォークソング, インディー・ロック, フォーク・ロック, ローファイ, フォーク・パンク
文化的起源 1990年代後半、アメリカ合衆国にて。
使用楽器 アコースティック・ギター, ダブル・ベース, ピアノ, オルガン, マンダリン, ドラムス, バンジョー, ヴァイオリン, エレクトリック・ギター
流行時期 2000年代から、2010年代初期にかけて。
テンプレートを表示

インディー・フォーク (Indie folk) とは、ロックのジャンルの一つである。1990年代後半に、アメリカ合衆国で生まれた物であり、多くのアーティストは伝統的なフォークソングや、現代的なインディー・ロック/フォーク・ロックから影響を受けている[1]。基本的には、先鋭的なフォーク・ロックサウンドを鳴らすバンドを指す時に使われる言葉であり、それらの音楽的な特徴として「複雑に入り混じったインスト」・「独創的な歌詞」・「何重にも入り混じった、ヴォイスハーモニー」等がある[1]。代表的アーティストは、フリート・フォクシーズなど。

脚注[編集]

  1. ^ a b Indie Folk - About.com