ドリーム・ポップ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ドリーム・ポップ
Dream pop
様式的起源 ポストパンクサイケデリック・ロックポップ・ロックアンビエントエクスペリメンタル
文化的起源 1980年代中盤
イギリスの旗 イギリス
使用楽器 ギターベースドラムシンセサイザーヴォーカル
派生ジャンル シューゲイザーアンビエント・ポップ
関連項目
スロウコアサッドコアポストロック
テンプレートを表示

ドリーム・ポップDream pop)とは1980年代中盤に誕生したロックのジャンルのひとつ。めまいを誘うような浮遊感のある音世界が特徴で、エコーリバーブディレイ・エフェクトなどを駆使して演奏される。

概要[編集]

起源・特徴[編集]

1980年代中盤にコクトー・ツインズThe PassionsLowlifeといったポストパンクバンドが、ポップなメロディーを幻想的で官能的なサウンドをもって鳴らしたことがドリーム・ポップの始まりとされている。そういった初期のドリーム・ポップは、ヴェルヴェット・アンダーグラウンドの「日曜の朝」やジョージ・ハリスンの「レット・イット・ダウン」、ジョン・レノンの「夢の夢」といった曲の息遣いの混じったボーカルや雰囲気のあるサウンドに影響を受けていた[1]。特徴としてリフよりも幽玄なムードに焦点を置き、高音域の女性ボーカルや囁くような男性ボーカル、内省的な題材の歌詞などがあり、アルバムジャケットにはぼやけたような淡い色彩のものや飾り気のない殺風景なデザイン、またはこの二つの要素を足したものが好まれた。概して4ADレーベルがこのジャンルのアーティストを最も多く輩出したことで知られており、他にクリエイションプロジェクト・レコーズなども多くのドリーム・ポップ・ミュージシャンの育成に貢献している。

シューゲイザー[編集]

1980年代後半-1990年代前半にかけて流行したシューゲイザーはドリーム・ポップに大きな影響を受けている。マイ・ブラッディ・ヴァレンタインライドスロウダイヴラッシュチャプターハウスといったバンドはドリーミーなメロディーをフィードバック・ノイズを用いて、攻撃的または幻想的なサウンドで鳴らした。こうしてドリーム・ポップはシューゲイザーと並んで語られる機会も多い。

1990年代~2000年代前半[編集]

1990年代2000年代前半は、シガー・ロスM83マーキュリー・レヴアソビ・セクスデフトーンズミューブロークン・ソーシャル・シーンシンリシュープリームアミューズメント・パークス・オン・ファイアといったバンドが活躍した。この時期はスロウコアサッドコアポスト・ロックといった新たに誕生した音楽ジャンルと混ざり合いながら、シューゲイザー以降の新たな可能性を模索した[2]

2000年代後半~[編集]

2008年頃からインディーミュージックシーンでドリーム・ポップが人気になり始める。ピッチフォークといった音楽メディアの後押しもあり、ビーチ・ハウスディアハンターバット・フォー・ラッシーズザ・エックス・エックスシルバーサン・ピックアップスアニマル・コレクティヴダイヴザ・レディオ・デプトといったバンドが成功を収めている。

ドリーム・ポップに分類されるアーティスト[編集]

脚注[編集]

  1. ^ George Harrison: All Things Must Pass < PopMatters.”. 2012年7月18日閲覧。
  2. ^ Genre Profile - Post-Rock.”. 2012年7月18日閲覧。

外部リンク[編集]