インディー・ロック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
インディー・ロック
Indie rock
様式的起源 オルタナティヴ・ロック
ポストパンク / ニュー・ウェーヴ
ガレージ・ロック
文化的起源 1980年代初期、イギリスアメリカカナダにて。
使用楽器 ギター - ベース - ドラム - キーボード
サブジャンル
インディー・ポップ - ギターポップ - バロック・ポップ
ポストロック - マスロック - C86
ドリーム・ポップ - ノイズポップ - シューゲイザー
ジャングル・ポップ - Lo-Fi - パワー・ポップ
ポスト・ハードコア - エモ
グランジ
ポストパンク・リバイバル
ガレージロック・リバイバル
サッドコア
地域的なスタイル
世界中で多様なスタイルがみられる。
テンプレートを表示

インディー・ロック (Indie rock) 、正式名称インディペンデント・ロックIndependent rock)は、オルタナティヴ・ロックから派生したロックの形態の一種である。

概要[編集]

反産業ロックとしてのオルタナティヴやインディーという考え方は、1970年代の末から発生していた。

いずれの時代においても「流行からはかけ離れた、独特な音楽性をもったバンド/音楽」を指して使われる言葉である。ムーヴメント発生当時は流行歌を好む音楽ファンからは、その音楽性は理解しにくいものが多かった。

1980年代当時、多くの大学のコミュニティFM局で、R.E.M.等が大流行した。そのため、別名「カレッジ・ロック(大学のロック)」と呼ばれることもある[1]

精神[編集]

ムーヴメント発生当時の80年代から、多くのインディー・ロックバンドは、たとえ人気が出たとしても、敢えてメジャーレーベルと契約を結ばずに、インディーズレーベルでの活動を貫いてきた。

しかし1990年代になって、多くのインディー・ロックバンドが、メジャーレーベルと契約を結び大成功を収めるようになってきた。そんな彼らも、一貫して「大衆音楽とはかけ離れた、独創的な音楽性(インディー・ロックサウンド)」を鳴らしていることから、一般的にインディー・ロックバンドに分類されているのである。その為、必ずしも「インディーズ・レーベルと契約を結んでいなければ、インディー・ロックバンドではない」という訳ではなくなってきている。80年代-90年代辺りまでは、そのような概念がファンやバンドの間でも大切なものとなっていたが、2000年代の傾向を踏まえると、あくまで「そういう姿勢を取るバンドが多い」という風に解釈した方が良い。

歴史[編集]

1980年代:アメリカでのオルタナティヴ・ロックの隆盛と、イギリスでのザ・スミス、ストーン・ローゼズの活躍[編集]

1980年代初頭、アメリカでは大学のカレッジラジオで取り上げられていたREM等の音楽シーンの主流から外れたバンドが活躍しており、この潮流がオルタナティヴ・ロックを形成していった。イギリスではマンチェスターにて、ザ・スミスストーン・ローゼズ等のバンドが登場した。彼等はセールスや名声よりも自由な音楽作りを求め続け、常に斬新なサウンドを発表、ロックの歴史にその名を刻んだ。ザ・スミスは、「80年代で最も偉大なバンド」として讃えられるようになる。

1990年代:アメリカでのグランジの隆盛と、イギリスでのブリットポップの隆盛[編集]

1990年代、アメリカではニルヴァーナなどのオルタナティヴ・ロックが、インディーから越境し音楽シーンを席巻していった(参照:グランジ)。そして、それらアメリカのロックへの反動として、ブリット・ロックへの原点回帰的サウンドともいえるブリットポップムーブメントがイギリスにて発生。その流れにのる形で、オアシスブラーなどのモンスターバンドが登場する。特に、労働者階級出身だったオアシスは、若者の気持ちを等身大で歌い、世界中の若者たちから圧倒的な支持を得た。その後も、レディオヘッド等が世界的成功を収めていき、次第にインディー・ロックが世界的流行の兆しを見せ始めるようになる。

2000年-[編集]

2000年以降になると、R&BHIPHOPが世界を席巻するようになり、次第にロックの勢いが失われてくる。しかし、そこに登場したのが、ザ・ストロークスザ・リバティーンズを始めとする、新鋭インディー・ロック勢である。彼等の影響で、音楽シーンにて、「ガレージロック・リバイバル」と名付けられたロック復権の動きが起こるようになる。

その後も、80年代のニューウェーヴポストパンクから影響を受けた、アークティック・モンキーズフランツ・フェルディナンドの登場によって、インディー・ロックが更に盛り上がりを見せるようになる。

サウンドの多様化[編集]

1990年代以降になると、ペイヴメントなどの音質の悪いサウンドを鳴らすバンドは「ローファイ」、デヴェンドラ・バンハートなどのフォーク・ロックに近いサウンドを鳴らしたものは「フリーク・フォーク」、ベル・アンド・セバスチャンなどのノリの良いアコースティックサウンドを鳴らすバンドは「トゥイー・ポップ」、モグワイなどのインストゥルメンタルが主体のバンドは「ポストロック」、フガジなどの攻撃的なサウンドを鳴らすバンドは「ポスト・ハードコア」、マイ・ブラッディ・ヴァレンタインなどのノイジーなギターサウンドを鳴らすバンドは「シューゲイザー」などインディー・ロックから派生する形で様々なジャンルが登場した。

ファッション性[編集]

多くのインディー・ロックバンドや、それらのファンは非常に個性的なファッション性や外見をもっていることで知られている。また、それらを総称して「ヒップスターズ文化(Hipsters)」と呼ばれているが、「そのあまりにも流行からかけ離れた、個性的すぎるファッション性」は、それらを理解できない人々からは冷めた目で見られることが多い[2]

分類されるアーティスト[編集]

インディー・ロックと扱われ得る日本国内のバンドについては、

脚注[編集]

外部リンク[編集]