ベル・アンド・セバスチャン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ベル・アンド・セバスチャン
Belle And Sebastian
Belle and Sebastian British Band.jpeg
基本情報
出身地 スコットランドの旗 スコットランド グラスゴー
ジャンル インディー・ポップ
ギター・ポップ
バロック・ポップ
活動期間 1996年 -
レーベル ラフ・トレード
(UK, 2002年 – )
Jeepster Records
(UK, 1996年 – 2002年)
マタドール・レコード (US)
共同作業者 ルーパー
イゾベル・キャンベル
The Reindeer Section
V-Twin
The Moondials
公式サイト belleandsebastian.com
メンバー
スチュアート・マードック
スティービー・ジャクソン
クリス・ゲッズ
サラ・マーティン
ミック・クック
ボビー・ギルディア
リチャード・コルバーン
旧メンバー
イゾベル・キャンベル
スチュアート・デイビッド

{{{Influences}}}

ベル・アンド・セバスチャン (BELLE AND SEBASTIAN) は、スコットランドグラスゴー出身のロック/ポップバンド

歴史[編集]

1996年にグラスゴーにて結成。同年、大学の音楽コースのレーベル『Electric Honey』より1stアルバム『Tigermilk』をレコードで1000枚限定リリース。この初回盤は、一時期ネットのオークションで400ポンドもの値がつくほどのプレミア盤となった。バンドがスタートした時点でのメンバーはスチュアート・マードックとスチュアート・デイヴィッドのみであったが、アルバム製作のため、スティーヴィー・ジャクソン、イゾベル・キャンベル、クリス・ゲッズ、リチャード・コルバーンを招き入れる。

さらに、2ndアルバム『If You're Feeling Sinister (邦題:天使のため息)』をJeepstarレーベルよりリリース。バンドのアルバムが公にリリースされたのはこれが最初で、当初はこのアルバムがバンドのデビュー作というような見方がされていた。このアルバム製作時にサラ・マーティンが加入。

1998年、3rdアルバム『The Boy with the Arab Strap』をリリース。UKチャートで12位に入る好セールスを記録。また、このタイミングでミック・クックが正式にバンドに加入。

1999年にはブリット・アウォーズにてベスト・ニューカマー賞を受賞。同年、音楽フェスティバル『ボウリィ・ウィークエンダー』を地元スコットランドにて主催。

2000年、4thアルバム『Fold Your Hands Child, You Walk Like a Peasant (邦題:わたしのなかの悪魔)』をリリース。バンドにとって初めてのUKチャートトップ10入り。さらに、シングル『Legal Man』のヒットを受けイギリスの音楽番組トップ・オブ・ザ・ポップスに出演。一方、スチュアート・デイヴィッドが自身のバンドルーパーの活動に専念するため脱退。代わりにV-Twinよりボブ・ギルデアが加入。

2002年には映画のサウンドトラック『ストーリーテリング』を発表。しかし、中心メンバーであるイザベル・キャンベルがバンドの北米ツアー中に脱退(2011年現在はソロ活動をしている)。また同年、バンドはJeepstarレーベルを離れる。バンドが最後に同レーベルから発表した作品はシングル『I'm Waking up to Us』となった。

2003年、イギリスの老舗インディーレーベルラフ・トレードと契約。同年『Dear Catastrophe Waitress』をラフ・トレードからリリース。ペット・ショップ・ボーイズなどのポップス作品に多く携わっているトレヴァー・ホーンによってプロデュースされたこの作品は、翌年のマーキュリー・プライズにノミネートされるなど高評価を受ける。また、これまではシングル曲はアルバムに収録されていなかったが、このアルバムよりシングルカットというかたちでシングルがリリースされ始める。ちなみに、アルバムに収録されなかったシングル作品は、2005年にコンピレーション『Push Barman to Open Old Wounds (邦題:フルキズ・ソングス)』としてまとめてJeepstarよりリリースされる。

2004年、フジロック・フェスティバルに初出演。2日目の夕方のフィールド・オブ・ヘブン、3日目のホワイト・ステージのヘッド・ライナーとして2ステージライブを披露した。

2006年、7thアルバム『The Life Pursuit』をリリース。UKチャートで8位、USビルボードチャートで65位とセールスで健闘する。同年、フランツ・フェルディナンドクークスと共に、子供向けとうたったチャリティーアルバム『Colours are Brighter』をリリース。2008年にはライヴアルバム『BBCセッションズ』を、2009年にはスチュアートプロデュースで『God Help the Girl』名義のアルバムをリリース。

2010年、6年ぶりとなるフジロック・フェスティバルの最終日ホワイト・ステージのヘッドライナーとして出演。10月にはノラ・ジョーンズキャリー・マリガンをゲストに迎えた8thアルバム『Write About Love(邦題:ライト・アバウト・ラヴ~愛の手紙~)』をリリース。

2011年3月、5年ぶりとなる来日公演を開催。

メンバー[編集]

スチュアート・マードック
ボビー・キルディア
  • スチュアート・マードック(ヴォーカル、ギター、キーボード)
  • スティーヴィー・ジャクソン(ギター、ヴォーカル)
  • リチャード・コルバーン(ドラム)
  • クリス・ゲッズ(キーボード)
  • サラ・マーティン(ヴァイオリン、ヴォーカル、キーボード、ギター)
  • ミック・クック(トランペット、ベース、ギター)
  • ボビー・キルディア(ギター、ベース)※北アイルランド出身

旧メンバー

  • スチュワート・デヴィッド(ベース、ヴォーカル)・・・2011年現在は『Looper』(ルーパー)という名義でソロ活動中
  • イゾベル・キャンベル(チェロ、ヴォーカル)・・・2011年現在は『Gentle Waves』(ジェントル・ウェイヴス)というプロジェクトで活動中

ディスコグラフィ[編集]

  • その他のアルバム
    • フルキズ・ソングス アーリー・シングルズ・コレクション(Push Barman to Open Old Wounds)(2005)・・・1997年の『ドッグ・オン・ホイールズ』から2001年の『ウェイキング・アップ・トゥ・アス』までの7枚のシングルの曲が収められている。2枚組。
    • BBC セッションズ(The BBC Sessions)(2008)・・・96年~01年にかけて、英BBCに残してきたスタジオ・セッションを収録。未発表曲・カバー曲も収録の2枚組。

関連項目[編集]

Belle et Sébastien(小説) フランスの女性作家による児童文学。日本でアニメ化された。

関連アーティスト[編集]

ベル&セバスチャンが活動拠点にしているグラスゴーには古くから独自の音楽シーンがあり、バンド同士の横のつながりが強い。また、特に初期のアルバムには1980年代のギターポップの影響が色濃く見られるが、これはメンバーのうちスチュアートやイザベルの趣味によるものであるとのこと。

1980年代に活躍したエディンバラ出身のギターポップバンド。スチュアートはじめメンバーがリスペクトを表明。ベルセバのDVD『Fan's Only』のブックレットには、オレンジ・ジュースの1stアルバムのレコードを持った女性が登場している。

ベルセバのアルバム及び殆どのシングルのジャケットは、単色のフォトを用いたものとなっているが、これはスミスの影響である。3rdアルバムのタイトル『The Boy With The Arab Strap』は、スミスの曲『The Boy With The Thorn In His Side』をもじったものと言われている。

スチュアート・マードックの代表的なお気に入りのバンドの一つ。ベル&セバスチャンの音楽を表現する際にニック・ドレイクやスミスと並んでよく引き合いに出される。

スチュアートはフェルトの大ファンで、ライヴに行った際には「どうしたらあなた達のようにソングライティングができますか?」等とメンバーに直接訊いたりしていた。

同じグラスゴーのバンド。スチュアートが2ndアルバムをプロデュース。

同じグラスゴーのバンドとして仲は良いらしい。キーボードのクリス・ゲッデスがサポートメンバーとして来日したこともある。

1999年に行われたイベント、ボウリー・ウィークエンダー等で共演。

グラスゴーを拠点に活動していたバンド。2007年に解散を発表。

2ndアルバム「天使のため息」に「映画の中のディランのように」というナンバーが収録されている。

シングル『Lazy Line Painter Jane』でvo.を担当。

元メンバーのアラン・ランキンが1stアルバムをプロデュースした。

外部リンク[編集]