サブ・ポップ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
サブ・ポップ
設立 1986
設立者 Bruce Pavitt、Jonathan Poneman
ジャンル オルタナティヴ・ロックグランジパンクロックインディーロック
アメリカ合衆国の旗アメリカ合衆国
本社所在地 ワシントン州シアトル
公式サイト http://www.subpop.com

サブ・ポップSub Pop)は、アメリカ合衆国ワシントン州シアトルにあるインディペンデントレコード・レーベルである。ニルヴァーナサウンドガーデンマッドハニーなどグランジ・ロックを代表するバンドの多くが最初に契約したレーベルであり、1990年代前半のグランジ・ブームの立役者とされる。その後も多くのバンドを輩出し、2011年現在ではアメリカを代表するオルタナティヴ・インディペンデント・レーベルの一つとなっている。

近年では、2003年にリリースされたザ・ポスタル・サーヴィスのアルバム『ギヴ・アップ - Give Up』がニルヴァーナの『ブリーチ - Bleach』以来のゴールド・ディスクを獲得し、また2007年にリリースされたシンズのアルバム『ウィンシング・ザ・ナイト・アウェイ - Wincing the Night Away』がビルボード200で初登場2位を記録する快挙を成し遂げている。

沿革[編集]

1979年、ワシントン州オリンピアにおいて、ファンジン『Subterranean Pop』(2刊目からは『SUB POP』に名称変更)がブルース・パビットにより発行される。 当初は雑誌だけだったが、1981年からはいくつかのバンドの音源をまとめたコンピレーションテープも付くことになる。

  • 1986年に、パビットともう1人、ジョナサン・ポーンマンがシアトルに引っ越して本格的にレーベルがスタート。
  • きっかけはジョン・ポントマンという発掘人が仕切っていた、グリーン・リヴァーとサウンドガーデンのライブをパビットが見たことであった。後に2つのバンドと契約することになる。
  • 第一弾としてソニック・ユース少年ナイフらが参加したコンピレーションLP『サブ・ポップ 100 - SUB POP 100 - 』をリリースする。同年にグリーン・リヴァーのEP『DRY AS A BONE』をリリースした後、
  • 1987年にサウンドガーデンの『Screaming Life』をリリースする。
  • 1988年にはニルヴァーナ、サウンドガーデン等が参加したコンピレーションアルバムサブ・ポップ 200をリリース。

やがて、会員制の通販組織「シングルズ・クラブ」(会費を払って会員になると所属ミュージシャンのシングルが毎月1枚郵送されるというもの)を始め、これによりサブ・ポップの名が全米に広まることとなる。 なお、「シングルズ・クラブ」の最初のシングルリリースは、1988年11月のニルヴァーナの「ラヴ・バズ - Love Buzz / ビッグ・チーズ - Big Cheese」であった。

  • また、「シングルズ・クラブ」は1993年から1998年まで一時中断した後、2002年に終了した。

また、1996年に、サブ・ポップ創設者であるパビットは、「家族との時間を大切にしたい」という理由でレーベルを去っている。

所属ミュージシャン(過去に在籍したミュージシャンも含む)[編集]

外部リンク[編集]