ジーザス&メリーチェイン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
The Jesus and Mary Chain
2007年10月23日、ロサンジェルスでのライヴ}
2007年10月23日、ロサンジェルスでのライヴ
基本情報
出身地 スコットランドの旗 スコットランド
グラスゴー
ジャンル オルタナティヴ・ロック
ポストパンク
シューゲイザー
ノイズポップ
活動期間 1984年 - 1999年
2007年 -
レーベル クリエイション
ブランコ・イ・ネグロ
共同作業者 Freeheat
Lazycame
公式サイト The Jesus and Mary Chain
メンバー
ジム・リード Jim Reid
ウィリアム・リード William Reid
ロズ・コルバート Loz Colbert
フィル・キング Phil King
マーク・クローツァー Mark Crozer
旧メンバー
ベン・ルーリー Ben Lurie
(1990 - 1998)
ダグラス・ハート Douglas Hart
(1984 - 1990)
ボビー・ギレスピー Bobby Gillespie
(1984 - 1986)
マレイ・ダ-グリッシュ Murray Dalglish
(1984)
ジョン・ムーア John Moore
(1986 - 1988)
リチャード・トーマス Richard Thomas
(1988 - 1990)
スティーブ・モンティ Steve Monti
(1990 - 1995)
ニック・サンダーソン Nick Sanderson
(1993 - 1998)

{{{Influences}}}

ジーザス&メリーチェイン (The Jesus and Mary Chain) は、イギリスロックバンド。通称ジザメリまたはJAMC1984年にジム(弟)とウィリアム(兄)のリード兄弟を中心としてスコットランドにて結成。1980年代半ばから90年末にかけて6枚のアルバムをリリースし、パンク、ノイズ、ポップを融合したサウンドは、ピクシーズなどの後進のオルタナティブ・ロックバンドに影響を与えた[1]1999年から解散状態だったが2007年に活動を再開した。

来歴[編集]

結成からデビュー[編集]

ジーザス・アンド・メリー・チェインはボーカルのジムとギタリストのウィリアムのリード兄弟によって結成された。彼らは失業保険で生活しながら暇な時間を使って曲を書きため、1983年頃からデモ音源のレコーディングを始める。翌1984年ベーシストのダグラス・ハート、ドラマーのマレイ・ダーグリッシュが加入し、バンドの体裁が整ったことでライヴ活動を開始。結成当初の彼らの音楽に影響を与えていたのは、ザ・ストゥージズヴェルヴェット・アンダーグラウンド、そしてシャングリラスだった。

1984年半ばにアラン・マッギーが主宰するクリエイション・レコーズとシングル一枚の契約を結び、同年11月にシングル『アップサイド・ダウン(Upside Down)』でレコードデビュー。直後にダーグリッシュが脱退したため、ボビー・ギレスピーがドラマーとして加入。リリースから約3ヶ月後の1985年2月に『アップサイド・ダウン』は英国インディーチャートで1位になり、ニュー・ミュージカル・エクスプレスを初めとした英国中のメディアから注目を集める存在となる。

彼らの初期のライヴは悪名高く、客席に背を向けたまま演奏し、20分程度の短い時間で切り上げ、観客との対話を拒絶。しばしば暴動も起こり、ザ・サン紙は「新しいセックス・ピストルズ」として彼らの存在を報じた。一方で、アラン・マッギーはこういった悪評を巧みに利用し、バンドが有名になるのに一役買った。

1980年代[編集]

1985年、バンドはブランコ・イ・ネグロと契約。2月にシングル『ネヴァー・アンダースタンド』リリース。3月には「The Jesus and Mary Chain Riot」として知られる事件を起こす。当日、ライヴ会場となったノース・ロンドン大学ではキャパシティを超えた量のチケットが捌かれ、バンドにとってそれまでで最大規模のライブとなった。前座のミート・ウィップラッシュが観客を煽り、メリーチェインが予定された時間を大幅に過ぎても現れず、会場の外には中に入れない客が大量にいたため、現場の空気は殺気立っていた。開演から20分で例によってバンドがステージから引き上げると、客席から無数の缶がステージに投げ入れられ、警察が到着するまで暴動状態となった。この事件の影響で年内の多くのライヴがキャンセルとなった。5月にはブランコ・イ・ネグロからの二枚目のシングル『ユー・トリップ・ミー・アップ』をリリース。当初、B面には「Jesus Fuck」が収録される予定だったが、レコード会社からストップがかかり、「Just Out of Reach」に差し替えられた。

同年11月、デビュー・アルバム『サイコキャンディ(Psychocandy)』を発表。アルバム冒頭を飾る「Just Like Honey」のドラムはザ・ロネッツの『ビー・マイ・ベイビー』から借用したもので、1960年代のガールズ・ポップを彷彿とさせる甘いメロディと耳をつんざくようなフィードバック・ノイズに満ちたこのアルバムは、革新的とメディアに受け止められ大きな支持を得た。現在においても名盤として評価は高く、2003年にはローリングストーン誌が選ぶオールタイム・ベストアルバム500で268位に選ばれている。

アルバムの発表後はアメリカや日本を周るワールド・ツアーを行う。1986年7月にはミニアルバム『Some Candy Talking』をリリース。ケシの花に囲まれたリード兄弟が写されたジャケットは、楽曲のタイトルも相まってドラッグを連想させるものとして波紋を呼んだ。なお、このEPを最後にボビー・ギレスピーがプライマル・スクリームの活動に専念するためにバンドを去った。

リード兄弟は新たなドラマーの代わりにドラムマシンを使ってセカンドアルバム『ダークランズ(Darklands)』を制作。1987年9月にリリースされたこのアルバムは前作のノイズの渦が影を薄め、よりメロディアスな、60年代のポップサウンドに接近した仕上がりになった[2]

1988年にはシングルのB面や未発表曲で構成された『キスは罠(Barbed Wire Kisses)』をリリース。1989年には打ち込み主体の『オートマチック(Automatic)』をリリースした。収録曲の「ヘッド・オン」はのちにピクシーズがカヴァーしている。

1990年代[編集]

1992年には「アメリカで死にたい」「JFKの様に死にたい」など過激な歌詞の「Reverence」を先行シングルに『ハニーズ・デッド(Honey's Dead)』をリリース。更にマイ・ブラッディ・ヴァレンタインダイナソーJr.ブラーなどを前座に従え大がかりなワールドツアー「Rollercoaster Tour」を行っている。

1993年には二枚目のレアトラック集『サウンド・オブ・スピード(The Sound of Speed)』を、1994年にはアコースティックサウンドを基調としたアルバム『ストーンド・アンド・ディスローンド(Stoned & Dethroned)』をリリースし、イギリスだけでなくアメリカのビルボードチャートにも登場している。しかしパイロットシングル「I Hate Rock'N'Roll」を発表後、ブランコ・イ・ネグロが閉鎖される。

しばらくの沈黙の後、1998年に古巣クリエイションから『マンキ(Munki)』をリリース[3]するが、正式なアナウンスはないまま兄弟それぞれのソロ活動が始まりバンドは解散状態となった。ソロとしてもクリエイションと契約をしていたリード兄弟だったが、1999年クリエイションは財政破綻により消滅した。

解散後[編集]

解散後、兄ウィリアムはLazycameとして2枚のアルバムをリリース。アルバムのスリーブで自らの弛みきった裸体を晒し発禁対象となった。弟ジムは後期の主要メンバー、ベン・ルーリー、ニック・サンダーソン等と共にフリーヒートFreeheat)を結成しアルバムを一枚リリースしている。また兄弟の妹リンダのプロジェクト、シスター・ヴァニラSister Vanilla)では兄弟とベンで全曲を提供している。2002年にリリースされたプライマル・スクリームのアルバム『イーヴル・ヒート』にはジムがリードヴォーカルを取り、マイ・ブラッディ・ヴァレンタインのケヴィン・シールズがプロデュースした「Detroit」が収録された。

再結成[編集]

2007年に再結成し、コーチェラ・フェスティバルでのライヴで公に活動再開。2008年にはサマーソニック出演のために来日した。

ディスコグラフィ[編集]

アルバム[編集]

  • サイコキャンディー Psychocandy (1985)
  • ダークランズ Darklands (1986)
  • オートマティック Automatic (1989)
  • ハニーズ・デッド Honey's Dead (1992)
  • ストーンド・アンド・ディスローンド Stoned & Dethroned (1995)
  • マンキ Munki (1998)
  • ファイヴ・オリジナル・アルバムズ <完全生産限定盤> (2010)

編集盤[編集]

  • キスは罠 Barbed Wire Kisses (1988)
  • サウンド・オブ・スピード The Sound of Speed (1993)
  • ヘイト・ロックンロール Hate Rock 'N' Roll (1995)
  • コンプリート・ジョン・ピール・セッション The Complete John Peel Sessions (2000)
  • 21シングルズ 21 Singles (2002)
  • ライブ・イン・コンサート BBC Live in Concert (2003)
  • The Power of Negative Thinking (2008)

使用された楽曲[編集]

  • ロスト・イン・トランスレーション』 - 劇中「Just Like Honey」を使用。サントラにも収録されている。
  • 恋しくて』-  劇中The Hardest Walk」が使用されている。
  • インディ系の映画監督グレッグ・アラキはバンドの大ファンで、彼がメガホンをとった『The Living End』はメリー・チェインの同名の曲からつけられた。更に『Totally Fucked Up』では「Head On」を、『The Doom Generation』では「Sometimes Always」と「Penetration」を、『Nowhere』では「In the Black」を使用している。
  • 2000年代にシボレーのCMソングとして「Happy When It Rains」が使われた。
  • 2005年に英ビールメイカーのキャンペーンソングとして「Heat」がテレビから流れた。

豆知識[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ジーザス&メリー・チェイン、再結成 barks 2007年1月25日
  2. ^ ジーザス&メリー・チェイン / ダークランズ CDJournal.com
  3. ^ アメリカではサブ・ポップからリリースされた。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]