セイント・エティエンヌ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
セイント・エティエンヌ
1998年}
1998年
基本情報
出身地 イングランドの旗 イングランド クロイドン
ジャンル ハウス
オルタナティヴ・ロック
シンセポップ
アンビエント
エレクトロニカ
活動期間 1990年 -
レーベル ヘヴンリー・レコーズ
クリエイション・レコーズ
サブ・ポップ
マントラ・レコーディングス
サンクチュアリ・レコード
公式サイト www.saintetienne.com
メンバー
サラ・クラックネル
ボブ・スタンレー
ピート・ウィッグス

セイント・エティエンヌ(Saint Etienne)はイギリス・ロンドン出身の音楽グループ。

サラ・クラックネル、ボブ・スタンレー、ピート・ウィッグスの3名で構成。初期のアルバムでは、プロデューサーであるイアン・キャットもクレジットされていた。また、コーラ・ボーイという変名ユニットも初期に存在した。バンド名は、フランスのサッカークラブで1970年代には欧州チャンピオンズリーグで準優勝もしたことのあるASサンテティエンヌにちなむ。

1960~1970年代のレトロなポップスの曲調と最先端のダンス・テクノの手法を組みあわせ、キャッチーではあるが聴き応えのある楽曲を持ち味とし、日本のポップアーティストの間でも支持者は多い。

メンバー[編集]

  • サラ・クラックネル Sarah Cracknell(Vo、リーダー)
  • ボブ・スタンリー Bob Stanley(作詞・曲、キーボード)
  • ピート・ウィッグス Pete Wiggs(キーボード)

ディスコグラフィ[編集]

アルバム[編集]

  • フォックスベース・アルファ(Foxbase Alpha/1991)
  • ソー・タフ(So Tough/1993)
  • タイガー・ベイ(Tiger Bay/1994)
  • グッド・ユーモア(Good Humour/1998)
  • The Misadventures of Saint Etienne 日本限定。
  • サウンド・オブ・ウォーター(Sound of Water/2000)
  • Finisterre(2002)
  • Tales from Turnpike House(2005)
  • Words and Music(2012)

コンピレーション・アルバム[編集]

  • You Need A Mess of Help to Stand Alone…シングル・アルバム未収録曲のコンピ。
  • Fairytales from Saint Etienne…日本限定のベスト盤。
  • Interlude…Sub Popよりリリースのアメリカ限定盤。アルバムSound of WaterからのシングルB面曲などをコンパイル。

シングル[編集]

  • Only Love Can Break Your Heart (1990)…ニール・ヤングのカバー。フェイス・オーヴァー・リーズンのモイラ・ランバートが歌っており、ビデオクリップもモイラが登場しているものとサラが登場しているもの(歌声はモイラのまま)、2バージョン存在する。
  • Let's Kiss and Make Up (1990)…フィールド・マイスのカバー。デッド・フェイマス・ピープルのドナ・サヴェイジがヴォーカル(アルバムバージョンではサラが歌っている)。
  • Nothing Can Stop Us (1991) サラがヴォーカルの最初のシングル。

(stub)

関連[編集]

外部リンク[編集]