ギターポップ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ギターポップ(日本名)とは音楽ジャンルのひとつ。アコースティックギターもしくは歪みの少ないエレキギターを中心に奏でられる洗練されたロックという意味合いが強い。日本国外ではIndie pop(インディー・ポップ)として知られ、アメリカではtwee pop(トゥイー・ポップ)又はtwee music(トゥイー・ミュージック)として知られる。

概要[編集]

もともとは、英国のインディーズシーンから発生したポストパンクに位置する音楽ジャンルである。特にスコットランドグラスゴーは後述するアズテックカメラやザ・パステルズなど80年代から良質なギターポップバンドが数多くおり、90年代にティーンエイジ・ファンクラブベル・アンド・セバスチャンなどによって注目を集め、現在に至るまでギターポップシーンやパワーポップシーンの代名詞として捉えられる。 日本国内ではネオアコースティックと並記で「ネオアコ/ギターポップ」と総称されることが多い。

日本国外ではアズテックカメラ、オレンジジュースがこのジャンルの代表的存在である。日本国内ではフリッパーズ・ギターがこうした海外インディーズの音楽を取り入れ紹介した事でこのジャンルの先駆けとして著名であり、その活動は1990年代前半に流布した「渋谷系」にも通ずる。それにつづくブリッジカジヒデキも同じく日本国内のギターポップの代表的存在となっている。

関連ミュージシャン[編集]