クロイドン・ロンドン特別区

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
クロイドン・ロンドン特別区
London Borough of Croydon
Croydon
グレーター・ロンドン内における位置
地理
行政上の地位 ロンドン特別区
面積
— 総面積
231位 (326地区中)
86.52 km²
ONSコード 00AH
人口統計
人口
— 合計 (2010年推定)
— 人口密度
14位 (326地区中)
345,600人
3,994人 / km²
民族構成 66.5% 白人
(59.8% 英国人
1.9% アイルランド人
4.8% その他)

1.5% カリブ系混血
0.5% アフリカ系混血
1.1% アジア系混血
1.0% その他 混血
7.5% インド人
2.6% パキスタン人
0.6% バングラデシュ人
2.3% その他のアジア系人
7.9% カリブ系黒人
5.6% アフリカ系黒人
1.1% その他の黒人
0.8% 中国人
1.0% その他

政治
行政府 Leader & Cabinet
首長 Graham Bass
英国議会下院選出議員 Richard Ottaway
Gavin Barwell
Malcolm Wicks
ロンドン議会
選出議会議員
Croydon and Sutton
Steve O'Connell
ポストコード
警察
CR, SE, SW
ロンドン警視庁
公式サイト www.croydon.gov.uk


クロイドン・ロンドン特別区(クロイドン・ロンドンとくべつく、: London Borough of Croydon)は、イギリスイングランド南東部、大ロンドン都市圏南部にある特別区。地名は古英語で野生サフランの咲く谷を意味、もとサリーに属した独立都市だったが、1965年に近隣町村をクロイドン区とし、大ロンドンに編入された。ロンドン盆地南部の丘陵地帯に位置、ロンドン郊外の住宅街をなすが、機械、電子などの工業もある。1915年のクロイドン空港開設に当たり英国の空の玄関となるが、ヒースロー空港開設の際、1959年に閉鎖した。2000年よりトラムリンクと呼ばれるLRTが運行されている。

外部リンク[編集]