ダン・スティーヴンス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ダン・スティーヴンス
Dan Stevens
Dan Stevens
2009年
本名 Daniel Jonathan Stevens
生年月日 1982年10月10日(31歳)
出生地 イングランドの旗 イングランドロンドン
国籍 イギリスの旗 イギリス
職業 俳優
活動期間 2004年 –
配偶者 Susie Hariet (2009–)
家族 娘1人、息子1人

ダニエル・ジョナサン・"ダン"・スティーヴンスDaniel Jonathan "Dan" Stevens[1] 1982年10月10日 - )はイギリスの俳優。

略歴[編集]

ロンドンのクロイドン出身[2]。養子の弟がいる[3]

ケンブリッジ大学で英文学を専攻。伝統あるコメディサークルであるケンブリッジ・フットライツクラブのメンバーでもあった[4]

私生活[編集]

南アフリカ出身のジャズヴォーカリストであるSusie Harietとイングランドの劇場で出会い結婚。2009年に娘が、2012年に息子が生まれている[5][6]

主な出演[編集]

映画[編集]

公開年 邦題
原題
役名 備考
2006 ドラキュラvsヴァン・ヘルシング
Dracula
アーサー・ホルムウッド卿 テレビ映画
2014 Night at the Museum: Secret of the Tomb ランスロット

テレビシリーズ[編集]

放映年 邦題
原題
役名 備考
2006 ライン・オブ・ビューティー 愛と欲望の境界線
The Line of Beauty
ニック・ゲスト ミニシリーズ
2007 アガサ・クリスティー ミス・マープル
Agatha Christie's Marple
マイケル エピソード『復讐の女神』
2008 分別と多感
Sense & Sensibility
エドワード・フェラーズ ミニシリーズ
2010-2012 ダウントン・アビー 〜貴族とメイドと相続人〜
Downton Abbey'
マシュー・クローリー 25エピソード

舞台[編集]

プロダクション 監督 劇場
2004 お気に召すまま オーランドー ピーター・ホール The Rose Theatre, Kingston ノミネート - Ian Charleson Award[3]
2005 You Can Never Tell Theatre Royal, Bath
ゴドーを待ちながら
『私生活~Private Lives~』
空騒ぎ クローディオ
2006 The Romans in Britain[7] Marban/Maitland サミュエル・ウェスト Crucible Theatre, Sheffield
『花粉熱』[8] Simon ピーター・ホール Theatre Royal, Haymarket
2008 The Vortex[9] Nicky Lancaster Apollo Theatre, London
2009 Every Good Boy Deserves Favour[10] フェリックス・バーネット、トム・モリス ロイヤル・ナショナル・シアター、ロンドン
Arcadia[11] Septimus Hodge David Leveaux Duke of York's Theatre, London
2010 Late at Night David リチャード・カーティス オールド・ヴィック・シアター、ロンドン
2012 The Heiress[12] Morris Townsend モイセス・カウフマン Broadway theatre

出典[編集]

  1. ^ Dan Stevens profile”. UK Cinema Release Dates. 2013年12月11日閲覧。
  2. ^ Tatler http://www.tatler.com/the-tatler-list/s/dan-stevens
  3. ^ a b “I'm not really posh, says 'Downton Abbey' actor Dan Stevens”. (2011年8月27日). http://www.telegraph.co.uk/culture/tvandradio/8727046/Im-not-really-posh-says-Downton-Abbey-actor-Dan-Stevens.html 2012年1月2日閲覧。 
  4. ^ Footlights Alumni 2000-2009”. Footlights. 2013年12月11日閲覧。
  5. ^ Downton Abbey star Dan Stevens's joy over extra passenger”. The Telegraph. 2012年8月20日閲覧。
  6. ^ “Sunday Telegraph September column & Sunday Times interview”. (2012年9月9日). http://www.dan-stevens.co.uk/content/sunday-telegraph-august-column-summer-times-interview 
  7. ^ “Brenton’s Romans in Britain Faces Fresh Protests”. (2006年2月8日). http://www.whatsonstage.com/news/theatre/london/E8821139395522/Brenton%92s+Romans+in+Britain+Faces+Fresh+Protests.html 
  8. ^ “Flu Fells Dench, Hay Fever Cancels Four Previews”. (2006年4月6日). http://www.whatsonstage.com/news/theatre/london/E8821144337916/Flu+Fells+Dench%2C+Hay+Fever+Cancels+Four+Previews.html 
  9. ^ “Divas ‘Dancical’ Honours Piaf, Garland & Dietrich”. (2008年4月4日). http://www.whatsonstage.com/news/theatre/london/E8821207309626/Divas+%91Dancical%92+Honours+Piaf%2C+Garland+%26+Dietrich.html 
  10. ^ “Every Good Boy Deserves Favour”. http://www.whatsonstage.com/reviews/theatre/london/E8821232358569/Every+Good+Boy+Deserves+Favour.html 
  11. ^ “Critics Hail Stoppard's Arcadia”. (2009年6月8日). http://www.whatsonstage.com/index.php?pg=198&story=E8831244481126&title=Review%20Round-up:%20Critics%20Hail%20Stoppard%27s%20Arcadia 
  12. ^ “DOWNTON ABBEY Star Dan Stevens to Join Jessica Chastain & David Strathairn in THE HEIRESS on Broadway - October 2012!”. http://broadwayworld.com/article/DOWNTON-ABBEY-Star-Dan-Stevens-to-Join-Jessica-Chastain-David-Strathairnin-THE-HEIRESS-on-Broadway-October-2012-20120514 

外部リンク[編集]