お気に召すまま

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
1623年出版のファースト・フォリオに収めらた本作の第1頁ファクシミリ

お気に召すまま』(おきにめすまま、As You Like It)は、イングランド劇作家ウィリアム・シェイクスピア作の喜劇。初演は1600年ごろ。

作品の材源はトマス・ロッジ作『ロザリンド』。原作の舞台は現在のフランスベルギーの国境付近のアルデンヌであるが、それを自分の故郷ウォリックシャー州エイボンの田園をモチーフとしたアーデンの森に設定している。また、母の旧姓がアーデンでもあった。『ロザリンド』にはなかった感情を巧みに表現する台詞回しが多用され、シェイクスピアのの技量が出されている。

主な登場人物[編集]

  • ロザリンド 前公爵の娘
  • シーリア 公爵の娘
  • フレデリック 公爵
  • タッチストーン 道化
  • 前公爵 フレデリックの兄
  • ジェイクイズ 前公爵の廷臣
  • オーランドー ド・ボイス家の三男
  • オリヴァー ド・ボイス家の長男

あらすじ[編集]

フレデリックは兄である公爵を追放してその地位を奪ったが、兄の娘ロザリンドは手元に置き、自分の娘シーリアと共に育てていた。オーランドーは、父の遺産を相続した長兄オリヴァーによって過酷な生活を課されている。公爵主催のレスリング大会で優勝したオーランドーはロザリンドに出会い、2人は互いに一目惚れする。

公爵から突然の追放を言い渡されたロザリンドは、男装してシーリアと道化を連れ、追放された父が暮らしているというアーデンの森へ向かう。オーランドーもまた、自らの運命を切り開くために兄の元を離れ、行き着いたアーデンの森で前公爵に助けられる。

男装したロザリンドは森に暮らす羊飼いたちの恋愛騒動に巻き込まれる。また、オーランドーは男装したロザリンドの正体に気づかずに、彼(彼女)に恋の告白の稽古相手になってもらう。

森で危ないところをオーランドーに救われた兄オリヴァーは改心し、土地の娘に身をやつしたシーリアと結婚して羊飼いとして暮らすことを決意する。兄を討つため森に入ったフレデリック公爵もまた改心し、奪った地位と領地をすべて返上する。ロザリンドは女の姿に戻り、結婚の神ハイメンからの祝福を受け、何組もの恋人たちの結婚式が行われる。

映像化[編集]

他のシェイクスピア作品と同様に、これまで何度か映画化されている。

外部リンク[編集]