恋の骨折り損

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

恋の骨折り損』(Love's Labour's Lost)は、イギリス劇作家ウィリアム・シェイクスピア作の喜劇。1595年から1596年の間、30歳頃の作品とされる。

物語[編集]

ナヴァール王国が舞台。国王とその3人の親友、ビローン、デュメイン、ロンガヴィルは、3年間学業に専念する誓いを立てる。その誓いには女性には一切会わないという条件も含まれていた。そんな矢先、フランス王女がアキテーヌの領地返還請求のため、ナヴァールを訪れることになる。4人は誓いをたてたものの、訪れた王女と3人の侍女たちに一目惚れしてしまう。

映画化[編集]

1999年にケネス・ブラナー監督で映画化された。舞台を1930年代に移し、ミュージカル仕立てになっている。興行的にはあまり成功しなかった。詳細については「恋の骨折り損 (2000年の映画)」を参照。

外部リンク[編集]