恋の骨折り甲斐

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
『恋の骨折り甲斐』について書かれた『知恵の宝庫』(1598年)の抜粋

恋の骨折り甲斐』(こいのほねおりがい、Love's Labour's Won または Love's labour's wonne)は、1598年以前にウィリアム・シェイクスピアが書いた戯曲の題名。しかし、この戯曲が失われた作品なのか、他の作品につけられた別題名なのかはわからない。

証拠[編集]

フランシス・ミアズ(Francis Meres)の『知恵の宝庫(Palladis Tamia)』(1598年)には、シェイクスピアの戯曲がリストアップされている。その中の喜劇の欄には、次のように書かれている。

喜劇では、『ヴェローナの紳士たち』、『間違い』、『恋の骨折り損』、『恋の骨折り甲斐』、『夏の夜の夢』、『ヴェニスの商人』を見た

『恋の骨折り甲斐』が喜劇で、ここに挙げられている他の作品でないことはわかる。

長年にわたって、『恋の骨折り甲斐』は『じゃじゃ馬ならし』の別題名だと思われていた。しかし、1953年、Pottesmanが書籍商クリストファー・ハントの1603年夏の書籍リストを発見した。そこには「四折版」として印刷されたものがリストアップされていた。

『ヴェニスの商人』、『じゃじゃ馬ならし』、『恋の骨折り損』、『恋の骨折り甲斐』

大衆文化の中の『恋の骨折り甲斐』[編集]

参考文献[編集]

  • Baldwin, T.W. Shakespeare's Love's Labour's Won: New Evidence from the Account Books of an Elizabethan Bookseller. Carbondale: Southern Illinois University Press, 1957.