ファースト・フォリオ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
初版(1623)標題頁

ファースト・フォリオ (First Folio) は、シェイクスピア戯曲をまとめて出版した最初の作品集。正式な題は「ウィリアム・シェイクスピアの喜劇、史劇、悲劇」("Mr. William Shakespeares Comedies, Histories & Tragedies")。当時の価格は1ポンド(今日の95-100ポンド、170-190USドル)。

シェイクスピアの死から7年後の1623年、同僚のジョン・ヘミングスとヘンリー・コンデルが、当時知られていたシェイクスピアの戯曲37編のうち『ペリクリーズ』を除く36篇をフォリオ判(二折り判、全紙に対して一度だけ折り、二葉で4頁とする)としてまとめて出版した。『ペリクリーズ』だけが除外された理由は、この作品にはシェイクスピアの真作であるかどうか疑わしい点が見られたためである。「『ペリクリーズ』は別人の作品であり、シェイクスピアは脚色(ないし若干の加筆)をしただけである」「別人とシェイクスピアの合作である」などといった諸説に関する議論には研究者の間でも結論が出ていない。なお、その後の研究により『ペリクリーズ』以外にもファースト・フォリオに収録されていないシェイクスピアと他の作家との合作やシェイクスピアが手を加えた他人の作品とみられるものが発見されており、真作を「正典(Canon)」と呼ぶのに対し、これらは「外典(Apocrypha)」と総称される(シェイクスピア外典を参照)。

関連項目[編集]